Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第32節 神戸-福岡】「残留は通過点。目標をクリアできるように勝点を積みたい」/長谷部茂利



2021明治安田生命J1リーグ 第32節
2021年10月16日(土)16:03キックオフ
会場:ノエビアスタジアム神戸/11,301人
結果:ヴィッセル神戸 1-0 アビスパ福岡
得点:[神戸]ドウグラス(86分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「前後半、立ち上がりはあまり良くなかったんですけれども、相手のペースだったと思います。ただ、そこから時間が経過して、前後半の中盤戦と、終盤戦と、良く戦ったと思います。大きな怪我人がない中での厳しい戦いだったので、お互いにファイトしてくれたと思いますし、チームのカラーこそ違えど、両方が色を出したゲームだったのではないかと思います。その中で最後はどういうふうに決着がつくのかという形でしたけれども、私の判断と選手たちにもう一つのパワーがあれば勝てたゲームだったような、もしくは引き分けは確実に引き寄せたような選手の頑張り、内容だったと思います。そこは少しもったいないところではありますが、これも勝負の世界で、クロスの質、最後のヘディングの質、強さ、素晴らしかったと思います。それに対応できるように高めていきたいな、改善していきたいなと思います」

Q:おっしゃるように勝点を取るまであと一歩、やりようによってはというゲームだったと思います。勝負を分けたのは、やはり質というところになりますか?
「それだけではないと思います。チームの戦い方のところで、最後勝ちに行くという考え方も選手たちに伝えているので、上手くゲームを運んだんですけれども、最後のところの詰めが甘かった。それはもっともっと詳細に戦略を組んで、その戦略を選手たちに与えて表現してもらうという形をもっと取れたら、もっと違った形であれば『もしかしたら』というふうにも思います。ただ実力というか、相手の強さ、上手さ、速さという意味では相手に表現されていたので、クロスのところからの危ない場面というのは何度かあったと思います。そういう意味では、最後もったいないというよりは、上から叩かれているので、やられるべくしてやられたというところもあります」

Q:今日の試合では、サンペール選手とイニエスタ選手のところをどう抑えるかというのが鍵になっていたと思います。そこへの対応というところでは、どのような評価をされていますか?
「ひとりで対応はできないと思っていたので、チームで、近くにいる選手たちがグループで上手くスペースと人を管理するという、根底にあるところですね、それを表現しながらなんでもかんでもやられるというふうにはならなかった。ただやはり上手ですね。そういうふうに見られているのを見てプレーを変えて、ボールを触る位置を変えて、プレーをどんどん変えていく上手さがある中で、十分、いい対応をしていたのではないかと思います。何本か素晴らしいパスだったり、運びだったりがあったと思いますが、それを抑えるのは至難の業だったと思います」

Q:今日の試合は結果としては敗れてしまいましたが、徳島が敗れたことによって、これまでの積み重ねで残留が決まりました。あくまでも通過点だと思いますが、その点に関してお聞かせいただけますか?
「通過点であると同時に、クラブが目指しているところでもあったし、今年スタートした時からノルマというか、必ず達成しなくてはいけない必達の目標だったと思うので、そこに関しては良かったと思いますが、私にとっては通過点であり、目標をクリアできるように、あと6試合で勝点を積みたいと思います」

Q:前節の清水戦も含めて、今回も残留がかかった試合で負けてしまったというところで、清水戦とは意味合いが違うかとは思いますが、その辺りはいかがでしょうか?
「ある意味、全部試合は違うと思うんですけれども、取れる勝点、取れない勝点は同じだと思いますし、その両方があると思うんですけれども、前節はあまり自分たちが表現できなかった、実行できなかったところがあったと思いますが、今日はだいぶ自分たちの色は出せたと思います。当然、相手の方が上手だったかもしれませんが、そこに挑んで自分たちのスタイルは出せたと思います。最後のところの質とアイデアだったり、先ほど伝えた交代のところもありますし、そういうところで自分たちがもっともっとパワーを出せるようにしていかなくてはいけないと思います」

Q:J1残留は一つの通過点とおっしゃっていましたが、シーズンを6試合残して決めたということは、すごくいい形だったのではないかと思います。その点についてはどのようにお考えでしょうか?
「先ほど言ったことと同じになりますが、クラブからの必達の目標、福岡を挙げて『これは絶対だぞ』というところだったので、それができて良かったと思っています。努力が報われた、スタッフ、選手、またクラブを挙げて、福岡市を挙げて一丸となっての達成だと思います。ただ、今年一番最初に掲げている目標にはまだ届いていません。あと6試合残っているので、その6試合でどうにか達成することが私の役割でありますし、チームとしてはそこ目指していきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR