Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J1第30節 福岡-鳥栖】「すべての面で自分の持っている物を最大出力で出してくれた」/長谷部茂利



2021明治安田生命J1リーグ 第30節
2021年9月25日(土)19:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,996人
結果:アビスパ福岡 3-0 サガン鳥栖
得点:[福岡]フアンマ(41分)、山岸祐也(68分)、渡大生(90+4分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まず、攻められた中で良い守備をして、その中から得点を1点、2点と加えることができて、良い流れで持っていけました。また最後、攻めるのか、攻めないのか、前節の反省も踏まえて、点数を取りに行くというところをチームと共有し3点目を取ることができました。非常に良かったと思います。選手たちが良くやってくれました」

Q:3得点はいずれも素晴らしい得点でしたが、何よりも守備が鳥栖の攻撃を無得点に抑えたことで生まれた3点だと思います。守備のポイントはどのあたりにあったのでしょうか?
「いつも通り危ない場面もありましたが、最後、ペナルティエリアの中でも、ギリギリのところで身体を張って守るという場面、また、その前の前、一段階、二段階前で壁を敷きながら上手くチームとして機能していた場面が多かったので、その辺が良かったのかなと思います。その中でもFWの守備の意識、守備力が今日は特に生きたのではないかと思います」

Q:ボールを握る時間は少なかったですし、FWも守備に力を割いていたと思いますが、それでもボールが前線に入った時に素早く切り替えて前へ出るということをFWが90分やっていたと思います。その辺りの評価はいかがでしょうか?
「非常に高いです。評価はいいです。守るだけではなくて、攻めるだけでもなくて、両方の場面、切り替えの場面、そういう局面で自分たちが良いものを出す、最大出力を出すということが大事だと思います。今日はそれができたと思います」

Q:入場制限付きの試合ではありましたが、開始前からファン、サポーターの方がいい雰囲気を作って下さって、いつも以上にホーム一体となっていたことも勝利に結びついた要因ではないかという印象もあります。
「おっしゃる通り、みなさんの力で勝たせていただいた。特に今日はダービーということで、みなさんが送るパワーは強かったと思いますし、選手たちもそれを感じて、普段は走り切れないところでも走っていたし、ボールを取るために、球際のところ、予測、すべての面で自分の持っているものを最大出力で出してくれた、そんなふうに思っています」

Q:最後の交代のところですが、あのカードは攻めに行くという監督の意思表示だったと思います。以前、徳島戦のときに、取れる時に取ってチームとして一段階レベルを上げていくとお話されていましたが、監督としてのカードの切り方の考え方を教えてください。
「取れる時に取ろうという考え方と、自分たちが取りに行ってやられるということ、そこは相反するようですがサッカーだからあることだと思います。それをこちらで判断して、時々選手たちと話をして、どうしようかということを決断して送り出します。今日はそれが徳島戦と同じような形になっていたので、同じような狙いを持って選手たちに伝えて、それを実行してくれました」

Q:こういう形で3点目を取れたというのは、チームとして一つ成長したのかなと思いますが、その辺りはどのようにご覧になっていますか?
「成長というと一言で言いやすいですし、結果につながったというのはいいことですけれども、今日の試合と次の試合はまた別物です。前節と今日の試合も違います。ただチームとしてはつながっていて、まだ成長しきっていませんが、少しずつ良くなっている、少しずつ強くなっている、そんなふうに感じています」

Q:守備のところでお伺いします。今日はまったくと言っていいほど鳥栖に背後を取らせなかったように見えたのですが、守備陣にはどういったことを意識させていたのでしょうか?
「いや背後は取られていたと思います。前半、危ないシーンがあったと思うので。オフサイドの判定があったりというのは何度かあったと思うんですけれども、微妙だった場面はいくつもあったので、そういう意味では、まったくやられていないという見解はありません。ギリギリのところでということでした。ただ、自分たちのやり方というのは詳しくは話せませんが、シンプルに、コンパクトに陣形を保ちながらボールホルダーにプレッシャーに行く、普通のことですけれども、それを精度高くやっていく。それだけです」

Q:フアンマ選手が好調です。その要因をどのように分析されていらっしゃいますか?
「本人の努力だと思います」

Q:九州ダービーでJ1で勝つのは初めてということで、また新しい歴史を作りました。この意味をどのように考えていらっしゃるのか教えていただけますか?
「まず他のゲームと違うと思います。勝点3に変わりはありませんが、このダービーで勝つ、ましてや一番近い鳥栖さんに勝つという意味ではJ1で初めてなので、ひとつまた記録を塗り替えたというか、壁を破ったなと思います。またヘッドコーチの方から、選手たちに、スタッフ全員に、今日はそういうゲームだよと。J1で勝ったことがないんだから、今日勝たないといけないというようなコメントがあって、それをみんなで実行しようということでゲームに入っていったので、いろんな局面でそういうことが表現できていたのではないかと思います」

Q:残り試合が少なくなってきて、掲げてきた目標がすぐそばに見えるところにあります。それでも一戦必勝という考え方に変わりはないのでしょうか?
「そうですね。一戦必勝を継続しながら、勝点を、順位を、目標を達成するまで気が抜けません。なぜかと言ったら5連敗をしているチームです、今シーズン。連勝もしていますが、そういう意味では、最後まで気を緩めることなく一戦、一戦、戦っていきたいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR