Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
4
6
8
10
11
15
16
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J1第29節 湘南-福岡】「勝たなければいけなかった試合だった」/前寛之/村上昌謙

210920 (1)

2021明治安田生命J1リーグ 第29節
2021年9月18日(土)18:03キックオフ
会場:レモンガススタジアム平塚/4,220人
結果:湘南ベルマーレ 1-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]フアンマ(30分)、[湘南]大橋祐紀(90'+7)

◎前寛之選手(福岡);
Q:ドローという結果になりましたが、90分間を通してなかなか難しい試合だったように思います。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「難しい試合でしたけれど、ただ、先制点を取ってあの時間帯までリードできていたので、最後のところで、あそこで勝ちきれるか、勝ちきれないか、そういう試合になったと思います」

Q:前からのプレスのところで、なかなかはめられなかったという印象があります。そこはシステム的にミスマッチだったことが影響したのでしょうか?
「システム上のミスマッチもありますし、(湘南が)いい距離感で、いいところに人が立っていたというところで、自分たちがどこからファーストで守備に行くかとか、ラインの高さであったりとか、いろんなことが噛み合わなかったという印象です」

Q:ラストプレーで追いつかれたということでショックな感じもありますし、勝点3が欲しかった試合でしたが、残り10試合になったところでアウェイで勝点1を持って帰れるということも大事だったのではないでしょうか?
「個人的に思うのは勝たなければいけなかった試合だったということです。勝点1を取れたというような想いではありません」

Q:最後のシーンはなかなか納得がいかないというか、審判とも話されていましたが、あれはファールがあったということで話されていたのでしょうか?
「中で話していたのは、点になる前のプレーと、最後に競ったところのプレーを確認してもらっていたんですけれども、そこでレフェリーの方がビデオを確認してのジャッジだったので、そこに関しては特にいうことはありません。僕たちの対応として、まずやらなければいけないことができていなかったというところで、そちらの方にフォーカスして振り返らないといけないと思います」

Q:試合後ロッカールームの中では、どのような話をされたのでしょうか?
「いろんな要素があってこういう形になったので、あの失点シーンだけが悪いわけではありませんし、得点をしながら優位に試合を運べたのかとか、次に向かうような話し合いがありました」

Q:押し込まれる時間が長かった中でも、前半の飲水タイムの後に得点できたというところで、飲水タイムで修正できた部分というものがあったのでしょうか?
「攻撃、守備の両方で確認できることをしたということです。攻撃の面で言えば、取った後にどこにボールつなぐのか、どういうところから入っていくかというところの細かい部分です」

◎村上昌謙選手(福岡);
Q:なんとも言いようのない幕切れでした。村上選手はどのように振り返っていらっしゃいますか?
「勝点3を勝点1にしてしまった試合だったと僕自身は思っています」

Q:試合全体を見ても難しいゲームになってしまったという印象があります。プレスがはまらない、ボールの取りどころが定まらないように見えました。守備というところでは、どのように感じていらっしゃいましたか?
「前半から湘南さんの激しいプレスのところで自分たちが後手を踏むシーンが多くて、前半は押し込まれるシーンが多かったので、自分自身はGKなので0で前半を終えられるようにコーチングすることを意識していました。また、相手のFWがよく裏へ抜けてくる部分であったり、ピッチ状況を考えて、僕自身は裏のケアを意識しながら、またその中でシュートに対していいポジションからアタックするということを意識していました」

Q:村上選手自身のパフォーマンスは非常に良かったと思いますし、それが最後まで1-0で推移した大きな要因の一つだと思います。ご自身のプレーに関しては、どのように感じていらっしゃいますか?
「僕自身が良かったとは思っていません。チーム全体で守っていることだと思っていますし、僕プラス10人でゴールを守っていると思っているので、僕自身が良かったから無失点の時間か長く続いたとは思っていません。チーム全体の意識のところ、最後のところで身体を投げ出す、一歩前へ出てくれる仲間がいるから僕が止められていると思っています。そういったところで3連勝が続いた中で、苦しい試合の中で無失点の時間を続けられていたのは良かったんですけれども、ラストワンプレーで失点してしまったシーンに関しては、僕自身がクロスボールに対してチャレンジできた部分があったと思いますし、誰かのせいで失点したわけではなく、チームとして、あの時間にどう戦うのかということがしっかりと定められなかった僕自身のコーチングもあったと思うので、そこはしっかりと反省したいと思います」

Q:おっしゃるように『誰が』ということではないと思いますが、最後の失点シーンは、何をどうすれば守れたとお考えでしょうか?スタンドから見る限りでは、少し守りに重心が行き過ぎたように感じましたがいかがでしょうか?
「率直に、あのシーンで言えば、僕自身が出てキャッチなりパンチングで弾いていたら良かったと僕自身は思っています。まだDAZNの映像しか見ていないので何とも言えないですし、改めて振り返りをして反省しようと思いますが、僕自身は自分が出て行けばよかったと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR