Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
4
6
8
10
11
15
16
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J1第27節 福岡-徳島】「喜びを分かちあえる日が1日でも早く来ればいい」/金森健志/山岸祐也



2021明治安田生命J1リーグ 第27節
2021年8月29日(日)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/3,951人
結果:アビスパ福岡 3-0 徳島ヴォルティス
得点:[福岡]金森健志(53分)、ジョン マリ(87分、90+6分)

◎金森健志選手(福岡);
Q:今日のゲームは先制点が大きかったと思います。まずは先制点のシーンを振り返っていただけますか?
「前半を0-0で折り返せて、多分、相手には1本もシュートを打たれていないんじゃないかというほど完璧な前半だったなという印象があって、必ず自分たちにチャンスが来る、勝ちパターンだと思って試合を進めていました。あそこはいい形でボールがこぼれてきたので振り抜くだけでした」

Q:3月の鹿島戦以来のゴールでした。点が入った後、エンブレムを叩いて非常に気合の入った表情をされていました。どんな想いだったのでしょうか?
「全然ゴールを決められていなかったので、ひとつ結果が欲しいと思っていました。でも自分のゴールというよりもチームが勝てればそれでいいので、そういう気持ちで毎試合臨んでいきたいなと思います」

Q:最終的にジョン マリ選手の追加点、ダメ押し点があって、最終的には完勝でしたが、どのように試合を振り返っていますか?
「自分たちのプラン通りに進んだ試合だったと思いますし、追加点も取れて、前回の川崎戦から全員で戦っているという一体感もすごく感じます。チーム内のポジション争いはすごく激しいですし、自分もそこに負けないという気持ちがありますし、それが今のチームのいい流れになっていると思うので、今後もお互いにリスペクトしあいながらチームが強くなっていければと思います」

Q:今シーズンも残り11試合になりました。歴史を変えると言ってスタートしたシーズンですが、着々とその目標に向かって進んでいるように感じます。手応えとしてはいかがですか?
「まだまだ11試合ありますし、自分たちは何も掴んでいないので、これからの1試合、1試合が本当に大事になってくると思います。1人でも『もう残留はできる』と思っている選手がいたら足下を救われると思いますし、自分たちはもっと上の順位に上がれるチャンスもあります。本当に5年周期という歴史を終わらせたいので、1試合、1試合を決勝戦のつもりで大事にして、ファン、サポーターの方たちと喜びを分かちあえる日が1日でも早く来ればいいなと思います」

◎山岸祐也選手(福岡);
Q:水曜日の川崎戦の勝利の価値も、この試合の結果によって左右されるという中で、最終的には3-0の完勝です。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「川崎戦はメンバーをガラッと変えて挑んで王者川崎に勝ったというのは自分たちの自信につながりましたし、選手が代わっていたので、それまで試合に出ていた選手たちの今日の試合にかける想いがあったと思うし、負けていられないというか、チームとしていい循環になって、いいモチベーションになっていたことは確かなので、今日の試合で勝ちという結果を残せてすごく良かったと思います。チーム力もすごく上がってきていると思うので、これからも、もっともっと切磋琢磨して、一つでも上の順位にいきたいです」

Q:90分を通してアビスパが圧力をかけていて徳島には好きなことをやらせなかった試合でしたが、その一方で、先制点を取るまで少し時間がかかったかなという印象もあります。その辺りはいかがですか?
「どの試合もそうなんですけれども、0-0で前半を折り返せば自分たちの流れになるというか、チームとして決まっているというわけではないんですけれども、みんながみんなそう思っているし、そういう声も出ていますし、0-0で折り返して後半が終わったら2-0、3-0という試合も増えてきていると思うので、あの流れの中で相手にチャンスも作らせていなかったし、悪くはないという雰囲気で後半を迎えられました。その時のチームとしての雰囲気というのが良くないという感じになってしまうと、後半に押し込まれたり、失点するということが出てくると思うんですけれども、今はそういう雰囲気はないので、ポジティブに捉えていいのかなと思います」

Q:1点を取った後、徳島も反撃を仕掛けてきましたが、そこをしっかりと抑えて2点目、3点目を取ったというところで、強いチームの勝ち方だなという印象もありました。それは積み上げてきたものの強みといったところでしょうか?
「守備をしっかりして0で抑えられたというのは、チーム全員が守備をしていたということだと思うし、今日は交代選手のマリが点を取りましたけれども、この前はジョルディが点を取ったし、交代選手が仕事をしてくれるというのはチームとして強いですし、そこでまた僕たちFWも負けていられないという気持ちにもなるし、さっきも言ったように、どんどん、どんどん相乗効果になって、どんどん、どんどんいいチームになってきているなというのは肌で感じています」

Q:1点目は山岸選手の足す地だったと思いますが、攻撃に起点になるだけではなく、山岸選手の前線からのプレスもそうとう効いていたという印象があります。
「徳島がボールを動かしてくるというのは分かっていたことなので、横パスでスピードの変化を出すことや、カカ選手のところにプレッシャーをかけてボールを奪うというところはチームとして統一されていたところで、そのスイッチを入れるというのは重要な役割だと思うので、それを途中交代のところまでやり続けられたのは良かったと思います。また、ゴール、アシストに関わりたいというのは開幕前からずっと言っていたことで、アシストという結果がすごく大事だと思うので、あれは決めてくれたカナ(金森)にすごく感謝しています。ああいうところの競り合いひとつなんですけれども、勝つか負けるかでゴールが入るか入らないかとすごく変わってきますし、この前(アウェイ・名古屋戦)も似たようなシーンがあって、胸トラップで落としてファールになってしまったんですけれども、カナがボレーして相手のGKがキャッチしたシーンがあったんですけれども、ああいうところの強さ、上手さは自分のウリなので、アシストできたというのは嬉しいし、ポジティブに捉えています」

Q:前節では城後選手、金森選手など、もともとアビスパに思い入れのある選手がすごく頑張っているという印象があります。そういった選手から感じるものはありますか?
「もちろんですよ。城後さんがあれだけ走って、プレッシャーをかけて、何も思わなかった選手は1人もいないと思うし、日々の練習でも手を抜かないし、ストイックですし、そういうところはすごく見習っているところです。川崎戦でピッチに立って、あれだけプレッシャーをかけてくれて、川崎をそうとう苦しめたというのは事実なので、そういう人たちの背中を見て自分たちも頑張っています。城後さんがあれだけいけるんなら、自分たちはもっとやらないといけない、もっとやらないといけないという気持ちになるので、いい相乗効果が生まれていると思いますし、いい背中を見せてもらっているなと感謝しています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR