Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント J1第27節 福岡-徳島】「最後は自分が決めるという気持ちが必要」/藤田譲瑠チマ/岸本武流



2021明治安田生命J1リーグ 第27節
2021年8月29日(日)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/3,951人
結果:アビスパ福岡 3-0 徳島ヴォルティス
得点:[福岡]金森健志(53分)、ジョン マリ(87分、90+6分)

◎藤田譲瑠チマ選手(徳島);
Q:確認ですけれども、今日は3バックで譲瑠選手はインサイドハーフというポジションで良かったですか?
「はい、そうです」

Q:チームの意図をどこに感じてピッチに立ちましたか?
「相手のフォーメーションを考えた時に、オーソドックスな4-4-2だったので、後ろで数的優位を作るために最初から3枚にしていくとミーティングでも言われていて、それを意識しながら、自分は相手のCBからもボランチからも気にされるようなポジションを取れと言われていました」

Q:そういった中で今日はボールが上手く回りませんでしたが、どういったところに問題を感じていましたか?
「ポジションとか、戦術的な部分じゃなくて、今日はメンタル的な部分で、自分たちがボールを持てるのに簡単にクリアしてしまったり、上手くいっていないというふうに思い込んでしまって、個人の力で何とかしようとしてボールを失う部分が多く出てしまいました。そういったところから相手に簡単にボールを奪われてしまったり、自分たちの簡単なミスというものが生まれてしまって、自分たちの技術を出せなかったのかと思います」

Q:上手くボールが回らないとなかなかチャンスが生まれないということはよくあることだと思いますが、その辺りについてどのように感じていて、今後、厳しい状況が続いていく中で、どのようなところを大切に戦っていくべきだと思いますか?
「自分たちがボールを持つ時間が長くないと攻撃を作れないというのがあると思いますが、今日で言えば、(岸本)武流君のところでもチャンスはあったし、何度かシュートチャンスもあった中で0点だったし、これまでも決められるシーンがありながら点が取れないという状況が続いているので、細かいところですけれども『惜しかった』で終わってはいけないと思うし、他のチームと比べて圧倒的な差というのはワンチャンスを決められるかというところだと思います。そういったところは意識で変わるかどうかは分かりませんが、個人、個人の、最後は自分が決めるという気持ちが必要なのかなと思います」

◎岸本武流選手(徳島);
Q:いつもと立ち位置を変えた中で、監督はサイドの活動を狙いにしたとおっしゃっていました。岸本選手のポジションとしてはどういったことを意識しましたか?
「サイドで高い位置を取って早く攻撃をしようと考えていたんですけれども、後ろのボール回しが安定せずに、その狙いというのは思い通りにいかなかったというのはあります」

Q:最近、決定機の数が減ってきていると感じています。今日もシュート数は3本でした。決定機の数という部分で選手たちはどのように感じていらっしゃいますか?
「決定機が少ないというのは良くないですし、サイドからのクロスの数も最下位だったと思うので、そこは本当に自分としては悔しいです。ただチームとしてやらなければいけないことがあって、その狭間で難しさを感じているという状態だと思います」

Q:シュート数が少ないというのは、前に運んでから問題があると感じているのか、そこに至るまでの問題なのか、現時点ではどのように感じていらっしゃいますか?
「現時点の問題として攻撃の形を持っていないということがあると思っています。後ろのボール回しが上手くいっているときもあるので、攻撃の形がないというのがこれからの課題だと思います」

Q:攻撃の形というのは、前に運んだ先のところの方が主だというイメージですか?
「そうです」

Q:クロスが上がって、右サイドから走りこんでスライディングシュートのような形になった場面では、もう少し強くヒットしたかったけれども届かなかったという感じでしょうか?
「とりあえず面を作って枠に飛ばそうという意識だったんですけれども、カス当たりだったので残念です」

Q:ああいう形をもっと作れればなと思いながら試合を見ていましたが、今日はなかなかボールが回らなかったということで慌てて蹴ってしまうような場面も見られました。何かしら気持ちの面で引いてしまうというか、元気のなさみたいなものも伝わってきましたが、その辺りはピッチの中ではいかがでしたか?
「おっしゃる通りで、僕自身は本当に勝ちたいという欲がふつふつと湧き上がってくるんですけれども、点が入った時とか、しょぼんとしている選手とかがいて、自分としても悔しいというか、おっしゃる通りだと思います」

Q:自信がなくなっている感じがピッチの中でも感じ取れる部分がありますか?
「そうですね。1試合にかける想いというのが個人、個人によってバラバラなのかなという感じがします」

Q:残り試合が少なくなっていきますが、気持ちを振り絞って戦う試合は残されています。その辺り、どのように立て直していきますか?
「立て直さないとだめだなと思います。ぼーっとしていたら終わってしまうので、どこかでというのではなく、次の試合で変われるようにしたいです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR