Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
4
6
8
10
11
15
16
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J1第25節 名古屋-福岡】「上を目指す上で連勝することが大事」/中谷進之介/シュヴィルツォク

210823 (4)

2021明治安田生命J1リーグ 第25節
2021年8月22日(日)18:03キックオフ
会場:豊田スタジアム/12,172人
結果:名古屋グランパス 1-0 アビスパ福岡
得点:[名古屋]シュヴィルツォク(49分)

◎中谷進之介選手(名古屋);
Q:まず、今日の試合を振り返っていただけますでしょうか?
「前回の湘南戦と天皇杯の神戸戦よりはボールを持って、自分たちが主導権を持った中での戦いでしたけれど、前半は、もう少し上手くボールを回すべきだったし、そこは改善する必要があるかなと思うんですけど、前半は0で、僕たちも点を取れなかったですけれど、相手に取らせないことができれば、後半にいい戦いができるんじゃないかなと思います」

Q:試合を通して福岡に攻め込まれる場面もあったと思いますが、結果的に0点に抑えた。やはりこれが勝利につながったという感じですか?
「多少、押し込まれるのは仕方ないと思っていますし、押し込まれたところで僕たちが崩れなければ、名古屋らしい堅守というか、そういうものが発揮できると思っていましたので、相手が攻めてくることに対しての恐怖感というのはなかったです」

Q:後半、中谷選手の集中力がすごく高いというか、危機察知の部分で危ない場面を助けるプレーが目立ったと思います。あの辺りはいかがですか?
「スカウティングで、ジョルディ クルークス選手と、サロモンソン選手がいる時は、右サイドからのクロスが多くなるというのがあったので、そこはしっかりと自分のところで跳ね返すということは上手くできたと思いますし、最後は2本くらい、取ってからのボールを大事にクバ(シュヴィルツォク)のところに預けられましたが、ああいうところで、ただクリアするのではなくて、しっかりつなぐというのは、自分としてはすごくいいプレーだったんじゃないかなと思います」

Q:クバ選手に預けるというところでは、すごくよく収まったと思います。柿谷選手とはタイプが違う選手で、彼が出ている間の印象とか、やりやすさとか、そういうものはいかがでしたか?
「ミチェル(ランゲラック)からのボールを、あそこまで相手に身体を預けて納められる選手はなかなかいないと思うし、ゴールキックは普通なら五分五分のところを、ほとんど100:0で収めているような感じなので、すごく助かるというか。海外の選手のよくいる、背筋というか、後ろの筋肉がしっかりしている選手なので、背負うところでのパワーを感じます。あとは後半の入りで点を取ったように、何よりもストライカーとしての仕事をしてくれたというのは良かったのではないかと思います」

Q:公式戦の連勝が続きます。今後に向けて一言お願いいたします。
「Jリーグに関しては、上を目指す上で連勝することが大事になってくると思っていますし、3位以上を狙うということが大事になってくると思います。昨日も3位以上を狙っているチームが勝ちましたので、名古屋もそこについていけるようにしたいと思います」

◎シュヴィルツォク選手(名古屋);
Q:チームを勝利に導いたゴールの感触を教えてください。
「この前の試合もそうですけれども、ゴールによってチームを救うことができたので、それは嬉しいです。とてもいいゴールだったと思います」

Q:あの場面は、ボールをもらってからターンしてシュートを打つと決めていたかのように見えました。その辺りはいかがですか?
「いつも練習のときシュート練習をしていますから、試合になっても、それは簡単にできたということです」

Q:公式戦で連勝が続きます。チームから勢いも感じられると思いますが、選手のみなさんは、これをどう捉えているのか教えてください。
「本当に素晴らしい選手が揃っていますので、これからまだ試合がありますけれども、すべて勝てると思っています」

Q:連携がどんどん良くなっていると思いますが、それは練習だけではなくて、試合の中でやることによって高まっているというようなこともあるのでしょうか?
「そうですね。私が最初に出た試合では、なかなか連携の部分は難しかったんですけれども、今は時を一緒に過ごしてきていますので、自分自身もやれていると思いますし、だんだん良くなっていると思います」

Q:こうやって点を取ることで、ストライカーとしてのリズムというものが出てきていると感じていますか?
「前も話したと思うんですけれども、やはり移籍してきて最初のゴールというのは難しいものですが、そこを、この前の試合で決めているので、そこから上手くいくようになっていくと思っています。ただ、もちろん練習しなければいけないと思いますし、しっかりそこは練習の中で表現していきたいと思います」

Q:先ほど、シュート練習をしているので試合でも簡単にできたとおっしゃっていました。あの位置からのシュートを特に練習していて、得意だということですか?
「そうです、はい。あの位置からはそうです」

Q:後半、角度のない位置からFKを蹴りましたが、あそこは自分て蹴るということで蹴ったのか、それとも流れでそうなったのか、そして蹴ることになった時に直接狙うことを決めていたのか、教えてください。
「あそこは狙っていました。ただキーパーがいたので、もちろん弾かれましたけれど」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR