Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント J1第25節 名古屋-福岡】「勝点1も持ち帰れずに終わって残念な気持ち」/湯澤聖人/前寛之

210823 (3)

2021明治安田生命J1リーグ 第25節
2021年8月22日(日)18:03キックオフ
会場:豊田スタジアム/12,172人
結果:名古屋グランパス 1-0 アビスパ福岡
得点:[名古屋]シュヴィルツォク(49分)

◎湯澤聖人選手(福岡);
Q:C大阪戦に続いての先発、長い時間でのプレーになりました。残念な結果になりましたが、今日の試合をどのように振り返っていますか?
「負けが続いた後に引き分け、勝ちと来て、ここでもう一回、勝点0では終われない試合だなと思って、みんな気持ちを持って戦っていたんですけれども、結果的には勝点1も持ち帰れずに試合が終わってしまったので、残念な気持ちです」

Q:試合全体を通しては、そんなに悪くなかったという印象があります。スーパーゴールが1本来ましたけれども、それ以外ではアビスパらしく粘り強く守っていました。
「悪いゲームではなかったと思うんですけれども、僕たちはこれから、こういう名古屋とか、川崎、鹿島とかマリノス、そういうチームに勝っていかないといけないし、そういう順位に入っていく上で、オフェンス面、ディフェンス面でも課題はすごくあると思います。今日、名古屋と試合をさせてもらって、また気づけたということで、そこをプラスに変えてやっていくしかないと思っています」

Q:ご自身が感じた攻守においての課題というと、どんな部分になりますか?
「単純なことですけれども、取ったボールをつなぐことであったり、あと少しの精度、そして1対1の部分で負けていたら、僕たちはなかなか勝ちを拾っていけないというところがあるので、そういう点では課題かなと思います。点を取られた後、名古屋の守備が良くて、なかなかチャンスらしいチャンスを自分たちの意図した形で作ることができなかったので、そういうところも。僕もこの2試合ではスタメンで出ていますけれども、課題は多いなと改めて感じました。そこに向き合っていきたいなと思っています」

Q:個人の出来についてはいかがですか?前節、今節と、サイドの守備のところも、あるいは(田邉)草民選手とのコンビネーションで攻撃の部分でも、良い形ができているのではないかと思います。
「ディフェンス面で言えば、1対1で負けていたら僕は試合に出られる選手ではないと思っているので、そこは持ち味は出せたかなと思いますし、もっと良い形で奪えるような選手になりたいと思っています。攻撃のところは、精度の面で雑になるところが多くて、そこは、もう一段階上の選手になること、チームを勝たせられるようなプレーをする上で、課題かなと思います」

Q:攻撃面のところですが、逆サイドも含めて、サイドの攻防のところで名古屋さんに少し後手を踏む場面も多かったのかなと思います。サイドの攻防という面で、もう少し、これをしなければいけなかったとか、名古屋さんの攻撃で参考にできるなと感じたものがあったら教えてください。
「良くも悪くも、福岡と名古屋のサイドの攻防では、個の能力を活かしての攻め、守りというものが多少なりともあると思うんですけれど、そこの個々のレベルは名古屋さんの方が高かったなと僕は思いますし、そこに関わってくる真ん中の選手を使う判断であったり、もうちょっと相手の目線を変える攻めができたらなというふうには思いました」

◎前寛之選手(福岡);
Q:結果は残念ではありますけれども、守備のところ、攻撃のところ、ある程度やれるところもあったのかなと思います。どのように振り返ってらっしゃいますか?
「ある程度やれていたというのはあるんですけれども、攻撃では、最後まで相手の守備陣形を崩す形で仕留めることはできなかったですし、1点勝負になるということが予想されていた中で先制点を取られたというのは大きかったなと思います」

Q:失点のシーンは相手のゴールが素晴らしかったと思います。そういう意味では、守備というよりも、どこかで点を取らなければいけなかったと思いますが、攻撃面で感じた課題みたいなものと言えば、どのようなものがありますか?
「いろんな攻撃の形があると思うんですけれども、サイドからの攻撃だけではなく、真ん中のところの崩しの回数、危険なパスを入れる回数というのは少なかったと思うので、そこが1点を取り切れなかった大きな要因なのかなと思います。そこは4-4-2でしっかりとした守備陣形を取る相手に対して、自分たちがやらなければいけないことだったと思います」

Q:いい守備からいい攻撃というところで、今シーズンは奪ったボールを簡単に相手に渡してしまうという課題もありますが、その課題は残りつつも、C大阪戦、そして今日の試合と、奪ったボールをつないでいくというところでは、上積みみたいなものもあるのかなと感じました。その点はいかがでしょうか?
「そこに関しても、自分たちの課題なので取り組んでいる最中ですし、まだ相手に簡単にわたっている場面もあるので、まだまだ向上しなければいけないところだと思います」

Q:名古屋は開幕戦でも当たった相手で、あの時は相手の攻撃にかなり手を焼いていたという感じでした。そのときと比べて、チームとして進歩したなと感じられた部分はありましたでしょうか?
「開幕から進歩しながら、全体としてのレベルは様々なところで上がってると思います。残留や、中位以上に行くためにトレーニングしているので、いろんなところで進歩していると思います」

Q:この後、中2日で川崎戦があります。細かな整理はこれからだと思いますが、意気込みを聞かせていただけますか?
「楽しみな対戦相手ですし、クラブも川崎相手に土をつけることを狙っています。自分たちのホームで戦えますし、しっかりと勝点3が取れるように、時間はないですけれども取り組んでいきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR