Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント J1第24節 福岡-C大阪】「今後はリラックスしてプレーできる」/アダム タガート/藤田直之

210816 (5)

2021明治安田生命J1リーグ 第24節
2021年8月15日(日)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,063人
結果:アビスパ福岡 2-1 セレッソ大阪
得点:[福岡]山岸祐也(39分)、[C大阪]アダム タガート(45+1分)、[福岡]ジョルディ クルークス(90+6分)

◎アダム タガート選手(C大阪);
Q:試合前に「そろそろゴールが決まる」とおっしゃっていましたが、有言実行のゴールでした。ゴールシーンを振り返っていただけますか?
「前のインタビューでも言ったように、チームメイトとのコンビネーションやフィーリングというものが良くなっていたので、今日起きたことは純粋に嬉しいです。1点目を取ることが一番難しいと思っていたので、今後はもっとシュートを打ったり、もう少しリラックスしてプレーできるのではないかと思っています」

Q:奥埜選手と2トップを組むのは公式戦では初めてだと思います。今日はどのようなバランスを意識してプレーされていたのでしょうか?
「奥埜選手は素晴らしい選手だと思っていますし、どのチームにいても必ず必要な選手の1人だと思っています。今日は初めて2トップで一緒にプレーしましたが、彼はいつも僕の動きを見てくれていますし、なるべく近くにいてくれるので、そういったところは僕にとってもすごく力になっていますし、今日はとてもプレーしやすかったです」

Q:チームメイトとのコンビネーションが良くなっているとのことですが、もっと発展していくために、こういうところを良くしていきたいとか、もっと自分のプレーを出すためにこういうパスを要求したいとか、チームメイトに求めたいところは何かありますか?
「チームワークを良くするためには時間が必要だと思っています。こうやって試合でプレーすればするほど、お互いの良い点や、どこにいるのかということが見ずに分かるようになっていくと思うので、要求というよりも、単純にプレー時間を増やしていけば、これからもっといいプレーが生まれるのではないかと思っています」

◎藤田直之選手(C大阪);
Q:リーグ戦での先発は久しぶりになりました。今日はどういった意識でチームをコントロールしようとされたのでしょうか?
「久しぶりにスタメンでチャンスをもらいましたが、ずっと勝てていない中でスタメンで使ってもらったので、勝ちというところを強く意識して試合に入りました。チーム全体のことで言えば、僕が入ることによって、ボールの動きや、チームがやろうとしていることがスムーズにいくようにという役割を任されていると思うので、そういうところを意識して入りました」

Q:お互いにゴール前に迫るシーンが多く、相手ゴールに迫りながらも、相手のサイド攻撃も結構受ける場面もありました。実際にピッチの中では、どのようにバランスを考えながらプレーされていましたか?このままでいいということなのか、少し攻撃を受けすぎているというところなのか、いかがでしょうか?
「前半の飲水タイムぐらいまでは、僕たちがしっかりとボールを持って、サイドチェンジを繰り返しながら相手を揺さぶることができているなという感じでしたが、前半の途中くらいから少し攻め急いだというか、もう少しボールを回していいところで狭いところにボールを付けて、自らボールを失うようなシーンが多くなったかなというふうに思っていて、それをすることによって、相手のカウンターやサイド攻撃を許してしまって、少し自分たちで苦しめてしまったかなという印象です。
後半も、もう少し自分たちでボールを持てれば、もう少し楽に試合を進められたかなと思ったんですけれども、お互いにオープンな戦いになってしまったかなと思います」

Q:縦にボールをつけるとか、早いテンポの攻撃というのは今年の一つの特徴かと思いますが、それによって相手の良さを引き出してしまっている部分も無きにしも非ずといったところでしょうか?
「もちろん、前に行くことは大事ですし、その姿勢を見せることによって、相手が中を締めた時にサイドチェンジが効くわけで、その使い分けをもう少し上手くできたのではないかと思っています。もちろん、それが上手くできた時間帯もあったので、その時間帯を増やして、もっと全員で縦パスを入れてスピードを上げる時と、敢えて横パスで相手を走らせる時と、その使い分けができればいいと思います」

Q:藤田選手がC大阪に加入されてから、これほど勝ちがないのは初めてだと思います。前節まで5試合連続ドローということで、決して悪い試合ばかりではなく、紙一重の部分もあると思いますが、勝てない現状を率直にどのように感じていますか?
「率直に危機感というものはあります。順位表を見ても下との差も詰まってきていますし、それは僕だけではなくてみんなが持っていると思いますが、その中でも、焦らず、みんなが同じ方向を向くことが大事だと思います。今日の負けはすごく悔しいですけれども、前を向いて切り替えていくしかないと思いますし、試合が終わってから、たくさん選手同時で話もしていましたし、そういったことで詰めていかないと良くなっていかないと思うので、みんなでしっかりと同じ方向を向いて継続していきたいと思います」

Q:最近勝てていないということで、攻撃において、みんなが同じ方向を向けていないというか、意識のずれというものが勝てない試合が続いている要因になっているのでしょうか?
「もちろん、それだけではないと思いますけれども、それも要因の一つかなと思っています。もっと球際を戦うだとか、そういうことを言い出したらたくさん要因はあると思いますが、その中の一つが、さっき言ったことかなと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR