Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【記者会見 J1第22節 横浜FM-福岡】「相手の方が1枚も2枚も上。いろんな場面でそう感じた」/長谷部茂利

210711_01 (1)

2021明治安田生命J1リーグ 第22節
日時:2021年7月10日(土)18:03キックオフ
会場:ニッパツ三ツ沢球技場/4,873人
結果:横浜F・マリノス 2-0 アビスパ福岡
得点:[横浜FM]オウンゴール(22分)、オナイウ阿道(28分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「立ち上がりこそ耐え忍んでいましたが、前半の真ん中辺りで2失点してしまって、完全に横浜ペースになってしまったと思います。ただ後半に入って、気持ちも新たに選手たちはよく戦ってくれました。試合には負けてしまいましたが、その大きな要因は相手の方が1枚上だったのかな、2枚も上だったのかなと。いろんな場面でそういうふうに感じた試合でした」

Q:ちょっと力の差が見えてしまったかなという試合でしたが、試合前におっしゃっていたように、90分間チャレンジし続けるということでは、選手たちは表現したのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
「そうですね。自分たちのやりたいこと、やらなければいけないことというのは、90分、100分くらいですかね、チャレンジし続けてくれたと思います。そのテンションが少し低かった、また質が少し低かったという場面があったので、継続して高めていかないと簡単には勝点は取れませんし、こういう相手に勝つということは、なかなか難しい、そういうふうに感じました」

Q:守備の部分では2失点。1失点目はアンラッキーだったように思いますが、相手が上手かったのか、それとも自分たちでやりようがあったのか、そのあたりはどのように見ていらっしゃいますか?
「防げそうなところに入れた、パンチングもできている、CBも帰れている、そこはあったと思います。ですから1失点目はアンラッキーですけれども、あの後抜けていたらどうだったのかとかということも含めて、しっかりとスカウティングできていたので、守備のところで凌げるようにはできていたと思います。2失点目のところは相手のクロスの質、中でのヘディングのポジショニング、そこにやられてしまったなというところですが、クロスからの失点というのは継続して課題ではあります。高めていかないといけないなと思います」

Q:少しずつ、少しずつ、良くなっている部分も、チャレンジできている部分もあると思います。そういう意味では今日の敗戦というよりも、次の試合に向けてということだと思います。そのあたりは、監督はどのようにお考えでしょうか?
「勝点のところは、連勝して取れるとき、連敗して取れない時、シーズンの中ではあると思います。ただ、ここまで連敗が続くと、気持ちの面でモチベーションを維持していくのが難しくなると思います。次の試合で勝点が取れるように、またチーム一丸となってやっていきたいと思います。いい準備をしたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR