Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
4
6
8
10
11
15
16
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【記者会見 J1第20節 浦和-福岡】「注意していた開始早々の失点を防がない限り自分たちの勝利はない」/長谷部茂利



2021明治安田生命J1リーグ 第20節
日時:2021年6月27日(日)19:01キックオフ
会場:埼玉スタジアム2002/4,724人
結果:浦和レッズ 2-0 アビスパ福岡
得点:[浦和]小泉佳穂(11分)、5 明本考浩(76分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「注意していた開始早々の失点、前節は2分、その前は8分くらい、10分まで伸びましたが、その失点を防がない限り自分たちの勝利はないと、またそこは反省して、少しでも高めて次のゲームにいかなくてはいけない。また、セットプレーの失点もありましたが、ほかにもピンチはたくさんありました。選手たちはよく守備のところで頑張って、後半になって少しボールを取れる位置も高くなったり、回数も増えたりというところもあったと思うんですけれども、その回数と時間帯を伸ばす、増やす、そういうことができないといけないと思いますし、攻撃のところの質を、もうひとつ、ふたつ上げていかないと、今日のような相手には簡単には点が取れないなと思いました」

Q:監督もおっしゃっていましたが、ここのところ先制点を取られる、しかも割と早い時間に取られるゲームが続いています。一つひとつの失点には、それぞれ違った原因があると思いますが、ただ、結果的に同じような失点が繰り返されているということについて、どの辺に問題を感じていらっしゃいますか?
「オーガナイズ、またトレーニングも含めて一つ階段を上がらないと、同じことをずっと続けていても良くない、変わらないという意味では、新たな施策を考えていかないといけないなと思います。少し時間があるので考えていきたいなと思います」

Q:攻撃面にも言及されていましたが、なかなかいい形で前線にボールが収まらないなという印象があります。その辺りは、どのようご覧になられていたのでしょうか?
「いい時間帯が少なかったと思いますが、今日だけではなく、ここ何試合かは、上手くいっている時間帯と、上手くいったプレーとがあると思うんですね。そのプレーを自分たちで見つめて繰り返していくことと、また新たに自分たちのプレーの幅を広げるという意味ではトライしていますが、今日はなかなか出すことができませんでした。浦和さんの守備も良かったと思いますし、球際のところでは、私自身は納得がいかないジャッジがたくさんありましたけれども、審判が(笛を)吹いていないということは、流しているということは、ファールではないというようなジャッジだと思うので、そこに自分たちは倣って、球際のところを戦って、ルールにのっとって、自分たちがもっと強く激しくプレーしていかないといけないなと、今日は浦和さんに教えていただきました」

Q:リーグ戦の3連敗というところで、チームとして苦しい時期に差し掛かっているのかなと思います。監督としてはこの連敗をどのように捉えていらっしゃいますか?
「現実的に3連敗しているので、間に何が入ろうと、リーグ戦で3連敗しているというのは当然こたえます。3試合で勝点0なので。その前も1ですから。でも、過去のことを振り返っても仕方がない。次のゲームで勝点を取れるように、そういう気持ちの切り替えというのが大事になりますし、今までやってきたことプラスアルファで積み上げていかないと、さっきも言ったような変化というんですかね、成長しないと次のゲームで簡単に勝点が取れない。そういう状況だと思います。相手は常に強いチーム、常にチャレンジャー精神で挑んでいますが、それが今まさにそういう境遇でありますし、継続して自分たちが挑んでいくと、その言葉に尽きると思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR