Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント J1第16節 横浜FC-福岡】「勢いが出せなかったのは自分たちのミス」/前寛之/B.メンデス



2021明治安田生命J1リーグ 第16節
日時:2021年5月26日(水)19:03キックオフ
会場:ニッパツ三ツ沢球技場/3,311人
結果:横浜FC 1-1 アビスパ福岡
得点:[横浜]クレーベ(26分)、[福岡]ブルーノ メンデス(59分)

◎前寛之選手(福岡);
Q:前半はシュート0本ということで、なかなか厳しい戦いでした。立ち上がりから上手くいかなかった要因を教えてください。
「うちらしい入りできなかったのと、相手の守備も素晴らしかったと思いますし、それで勢いが出せなかったことは立ち上がりの自分たちのミスかなと思います」

Q:特にエミル(サロモンソン)選手のところ、右サイドのところを上手く上げられなかったというところで、どういった理由があると思いますか?
「もちろん今日も前から守備をはめにいくところを共有して入ったんですけれど、相手のビルドアップに対して、自分たちがどう捕まえるのか、管理するのかというところが上手く上手くいかなかったですね。前半はそういうシーンが多かったので、それが問題でした」

Q:今回に限らず、今季は後半はすごく素晴らしい出来ですけれども、前半の得点は3得点というところで、スロースターターという印象を受けますけれど、今季を通しての課題というものはありますか?
「試合が終わった後に、全員で『試合の入りからもう少しやらないといけない』という話もしましたし、うちが後半に点を取ることが多いのはデータとしてあるのは分かっていて、それを前半から出せるようにしていきたいと思いますし、そこをチームの課題として、次の試合では出せるように改善していきたいと思います」

Q:その中でも、修正力というのも今年のアビスパの強さですけども、ハーフタイムで修正するためにどのような話をしたのか、実際に修正できたところというのを教えてください。
「守備の整理をしたことと、攻撃を整理したことですね。それで上手くいったとは思うんですけど、前半の入り、そして失点のところ、上手くいかないことを前半のうちにピッチの上で改善しないといけませんでした。上手く改善して1-1に持っていけたというのはいいんですけれども、勝点を積み上げていくためには、前半の中で上手くいっていない時にピッチ内で改善する力というものを、もう少しつけないといけません」

◎ブルーノ メンデス選手(福岡);
Q:貴重な同点ゴールのシーンを振り返っていただけますか?
「クロスボールに対して相手の前に入ることを意識していて、輪湖選手からいいボールが来て、狙い通りに相手の前に入ってボールに触れたことで得点につながりました。いいゴールだったと思います。そのゴールが最終的には勝点1につながりましたけれど、我々はその後に勝ち越すチャンスを作ったにも拘わらず、残念ながら最終的に勝ちきることができませんでした。それでもアウェイの難しい試合で勝点1を取れたことは良かったかなと思います」

Q:前半のチームのシュート数が0で、非常に苦労した試合でした。前半の攻撃が上手くいかなかった理由と、ハーフタイムにどういった話をして攻撃を改善したのかを教えてください。
「おっしゃる通りで、前半は我々のサッカーができていなくて、もちろん横浜FCさんの入りが良かったということもありましたけれども、攻撃のところで細かいところができていなかったり、全体としてもゲームの入りがとても悪かったかなと思います。そうした悪い部分はたくさんありましたけれども、そこをきちんと、監督をはじめ選手で、チーム全体としてやるべきことをしっかりと修正できたからこそ、後半は全く違った形で攻撃もできましたし、守備のところも修正できた場合も多かったと思います。けれども、早い時間帯で失点してしまったことに関しては、反省しなければいけないところかなと思います」

Q:素晴らしい飛び出しでPKを取りましたが、フアンマ選手があそこにいたから譲ったということでしょうか?
「杉本選手からダイアゴナルのパスが出て、相手の背後を狙ってていましたから、そこで飛び出してPKをもらったのですが、蹴る選手は決まっていませんでした。もらった瞬間は自分で蹴ろうとは思っていましたが、フアンマが来て『自信があるので蹴らしてくれ』ということだったので、そこはチームですから、その時に一番自信がある選手が蹴ればいいと思い、仲間を信じてフアンマに譲りました。残念ながら彼は決められなかったのですが、まったく下を向く必要もありませんし、その後も必死にチームのために戦ってくれました。誰が決めても嬉しいですし、たとえ決まらなくてもお互いにサポートし合うというのが、今のアビスパの一体感だと思っています」

Q:仙台戦、湘南戦、そして今日の横浜FC戦と、相手がアビスパに対する戦い方を少し変えてきているようなイメージがありますが、その辺りで何か感じることはありますか?
「どのチームもお互いに分析し合って、お互いのストロングポイントを消したり、ウイークポイントを狙うというのが現代サッカーだと思いますし、この3チームは、我々のミスを狙って攻撃したり、我々の特徴を消すようなサッカーをしてきました。我々もそういうことに負けないように、もちろん研究も、分析も、そしてどう対応するかということを、リーグの最後までやっていかないといけません。我々は今、いい流れで連勝を続けていて、今日は連勝が止まってしまいましたが、負けたわけではありませんし、アウェイの難しい試合でも勝点1を福岡に持って帰ることができるというのはチームにとってプラスなことなので、下を向くことなく、我々のプレーを継続して、さらに勝点を多く積み重ねたいと思っていますし、我々そういう強さを持っているので、これからも継続していきたいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR