Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント J1第15節 福岡-湘南】「勝利につながるゴールだったのでとても嬉しい」/グローリ/B.メンデス

210523_01 (4)

2021明治安田生命J1リーグ 第15節
日時:2021年5月22日(土)17:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,117人
結果:アビスパ福岡 2-1 湘南ベルマーレ
得点:[湘南]名古新太郎(32分)、[福岡]ブルーノ メンデス(66分)、ドウグラス グローリ(71分)

◎ドウグラス グローリ選手(福岡);
Q:貴重な決勝ゴールになりました。まず、あのゴールを振り返っていただけますか?
「チームにとって重要なゴールになりました。勝利につながるゴールだったのでとても嬉しいです。外国籍選手の中で、唯一、点を取っていなかったのが私だったので、みんなから早く取れよというふうに要求されていた中でゴールを挙げることができました。プレーに関しては、いつも取り組んでいるセットプレーからの流れで、エミルがいいボールを上げてくれて、そこにブルーノが入ってヘディングで合わせ、こぼれてきたボールを自分が詰めて決めたというものでした」

Q:前半は非常に湘南の出来が良くて、なかなか難しいゲームになりましたが、後半に入るにあたって、どんなところを注意されたのでしょう?
「おっしゃる通り、前半は難しい試合になりました。相手の狙い通りにクオリティの高いゲーム運びをされた結果、我々にとっては難しい試合になり、先制を許す形になりました。後半に入るにあたっては、さらに注意深く試合に入っていくこと、ホームで戦っているということを意識しをしながらプレーしていくことを確認しました。後半は盛り返すことができて、最後まで諦めない姿勢を見せられたのではないかと思います」

Q:先制点を奪われましたが、1失点で我慢したからこその逆転勝利だったとも思います。押し込まれはしましたが、危険なシュートは打たせていなかったような印象です。守備に関しては、どのような手応えを感じていらっしゃいますか?
「おっしゃる通りですね。湘南のクオリティは高かったですが、決定的なチャンスというものは与えていなかったように思います。失点シーンに関しては、我々のセットプレーからセカンドボールが相手に流れ、そこからのロングボールから失点したという流れで、やはり試合中では、いかなる場面でも注意深くプレーしないといけないと思いました。けれども、全体的には守備のところは上手くプレーできたのかなというふうに思います」

Q:これでチームの連勝をまた一つ伸ばしました。ファン、サポーターのみなさんも、これからの戦いに期待寄せていると思います。何か一言いただいてもいいでしょうか?
「連勝が続いていることは嬉しく思います。多くの方が、アビスパはJ1でやれるのかという疑問を持ちながらスタートしたシーズンだと思いますが、ここに至るまで、我々は強さを見せられていると思っています。それは、選手、スタッフ、コーチ陣など全員の頑張りの結果だと思っていますし、これからも好調を維持していきたいと思っています。またサポーターのみなさんには、いつも応援していただき、ありがとうございますという気持ちでいっぱいです。サポーターのみなさんのサポートというものは我々にとって不可欠なものなので、今後もチームに対してサポートしていただければなと思います」

◎ブルーノ メンデス選手(福岡);
Q:貴重な同点ゴールになりました。その後の決勝ゴールもメンデス選手のヘディングシュートの流れから生まれました。あの二つの場面を振り返っていただいてもいいですか?
「トレーニングしてきた結果が出たプレーだったと思います。相手チームの分析の中で、CBはそれほどサイズがないということを伝えられていましたので、そこを押さえられたのかなと思います。ゴールシーンは2点ともセットプレーから生まれたゴールでした。1点目は、フリーキックからエミルから素晴らしいボールが来て、それをニアに入って決めることができました。2点目に関しても、コーナーキックからニアに飛び込んでヘディングで当てたボールはゴールキーパーに弾かれましたが、それがグローリにこぼれる形になりました。やってきたことの結果が出せたと思います」

Q:前半は湘南の出来が素晴らしく、なかなか難しいゲームだったと思いますが、後半に入るにあたって、修正するために選手のみなさんが一番意識した部分は、どんなところだったのでしょうか?
「前半は湘南さんがいいプレーをしていたということをハーフタイムにみんなで話しながら、前半に起こったミスをみんなで話しながら、しっかりやっていこうということで後半に入りました。そのおかげもあって、後半は前線により力をかけていけたのかなと思います。負けている状況でスタートしたので、こういった形で後半の立ち上がりから入り、結果的にセットプレーで2点を挙げることができて、逆転につながるゴールという形で仕事ができました」

Q:前半にPKを外してしまいましたが、心理的な影響というのはご自身の中ではいかがだったのでしょうか?
「個人的には失敗してしまいましたが、チームに貢献するためにやり続けないといけないという想いでプレーを続けていました。その結果、後半に同点となるゴールを挙げることができましたし、その後、逆転ゴールに関わることもできました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR