Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント J1第9節 C大阪-福岡】「全員で守って全員で攻めるチーム力を見せられた」/フアンマ/吉岡雅和



2021明治安田生命J1リーグ 第9節
日時:2021年4月10日(土)15:03キックオフ
会場: ヤンマースタジアム長居/4,607人
結果:セレッソ大阪 2-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]吉岡雅和(67分)、[C大阪]中島元彦(69分)、加藤陸次樹(76分)、[福岡]フアンマ(88分)

◎フアンマ選手(福岡);
Q:難しい状況の中、2-2という素晴らしい結果でした。今日の試合をどのように振り返っていらっしゃいますか?
「今日は立ち上がりにいい入りができたのですが、VARで残念ながら志知選手が退場してしまって、そこから非常に難しい展開になりましたが、その中で、福岡がまとまってるということを示せたゲームだったと思います。1人少ない中でも、全員で守って全員で攻めるということができましたし、そうしたチーム力を見せられた結果だと思います。アウェイであっても、こういう難しい相手、難しい状況であっても、こうして勝点1を持って帰ることができます。非常に貴重な勝点1だと思いますし、今日の出来は非常に素晴らしかったと思います」

Q:フアンマ選手の同点ゴールも見事でした。あのシーンを振り返っていただけますか?
「1点のビハインドで得点を取らなければ勝点が取れないという難しい状況でしたけれど、我々にはサロモンソンというクロスが非常に上手い選手がいて、そのサロモンソンが素晴らしいボールを上げてくれたので、必ず空中戦で勝ってシュートしようと思っていました。いいポジショニングが取れて、いいヘディングができて、それがゴールに繋がって、難しい試合ではありましたが、非常に貴重な勝点を福岡に持って帰ることができます。ゴールを取れたことも嬉しかったですが、チームに貢献できたことが何より嬉しかったです」

Q:逆転された後も、10人でありながら下を向かない、絶対に勝点を取るというチームの一体感と、メンタルの強さも非常に印象的でした。
「最初の質問でも話しましたが、今日は福岡の一体感というものを出せたゲームだったと思います。2-1になった状況でも誰1人として諦めることなく、絶対に勝点を取りにいくという姿勢を出せたと思います。こういう姿勢は去年から続いているもので、我々は、去年も難しい試合であっても、その多くを1-0という僅差で勝利を収めてきたチームなので、今日もまた、その力を出せたのではないかと思います。我々は非常に一体感を持ったチームであるということを改めて感じました」

Q:次の相手の川崎フロンターレは、攻撃はもちろん、特別なチームだと思いますが、勝点を獲得するためには、どんなところがポイントになるとお考えでしょうか?
「川崎さんは、昨年から非常に素晴らしいサッカーをしていて、得点力も高く、現在は首位に立っていて、今年も結果で示しているチームです。その相手に対して我々がやるべきことは、ガンバ戦、セレッソ戦同様に、チームとして戦うということです。一人ひとりがカバーし合い、助け合い、そういうところでチーム全体で戦う姿勢を見せれば、必ずプラスの結果を出せると思います。我々の強みはそういうところなので、しっかりといい準備をして、川崎戦でもチームの一体感出せれば、いい結果が出せるのではないかと思ってます」

◎吉岡雅和選手(福岡);
Q:難しい状況の中の試合でしたが、見事な戦いで2-2のドローという結果でした。今日の試合をどのように振り返ってらっしゃいますか?
「試合の入りがすごく良くて、いい入りができているなと感じていたところでの(志知選手の)退場処分というアクシデントだったのですが、その後は10人で何をすべきかということを、みんながしっかりと判断した上で、いいプレーができて、しっかりと前半をゼロで抑えることができていたので、いい試合運びができたなという印象があります。けれども、僕が点を取った後の2失点は少し気の緩みもあったのかなというのを感じています。最後にフアンマが決めてくれて、そこは良かったのですが、失点のところはまた改善しないといけないなという印象です」

Q:貴重な先制ゴールは、吉岡選手にとってのJ1初ゴールでもありました。あのシーンを振り返っていただけますか?
「あそこにボールがこぼれてくるなというのは感じていたので準備はしていました。相手が来ていたので、トラップは少し後ろに置こうと思ってたのですが、自分が思ったより長くなってしまって、でもそれで逆にコースが見えたというか、相手が届かない位置にボールを置けて、蹴れる位置にあったので、迷わずにシュートを打ちました」

Q:ご自身のプレーに関して、ここまで守備面では貢献できても、攻撃面で貢献できずに物足りないとおっしゃっていました。その中での今日の先制点。ご自身にとって一歩進めた、そんな試合になったのではないでしょうか?
「そうですね。個人的に本当に得点というところが欲しかったので、結果という意味では、ひとまず良かったかなと思います」

Q:試合を重ねるごとに、守備でも、攻撃でも、確実に手応えみたいな掴んで進んでいるように見えますが、ご自身はどのように感じながらプレーされていますか?
「試合を重ねるにつれて、周りの選手とのコミュニケーションもすごく取れてきているので、守備面とか、立ち位置、ポジショニングというところが良くなってきてるのではないかなと感じてます」

Q:10人になってからも、まったく慌てた様子がありませんでした。チームの一体感はもちろんあるのでしょうが、その理由として、こういうことも想定したトレーニングを積んでいるようなこともあるのでしょうか?
「10人になることを想定した練習はやっていませんが、言われた通り、チームの一体感がすごくあると思うので、監督を含めて、コーチ、選手、全員が今何をすべきかということを理解していたことで、慌てずにプレーできたのではないかと思っています」

Q:次節は強豪の川崎との試合が待っています。細かな対策はこれからだと思いますが、川崎戦に向けての意気込みを聞かせていただけますか?
「特に対戦相手によってアビスパの戦い方を変えるということはないと思うので、自分たちがやってきた、信じているサッカーを貫いて勝点を取りたいなというふうに思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR