Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
6
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

 

【無料記事】【選手コメント J1第8節 G大阪-福岡】「やっとチーム全員で帰ってこれたなと感じた」/宇佐美貴史/黒川圭介



2021明治安田生命J1リーグ 第8節
日時:2021年4月7日(水)19:03キックオフ
会場: パナソニックスタジアム吹田/5,604人
結果:ガンバ大阪 0-0 アビスパ福岡

◎宇佐美貴史選手(G大阪);
Q:コロナの時期を乗り越えて、ホームの吹田で1ヶ月遅れのホーム開幕戦でした。改めてサポーターの声援などは、どういうふうに感じましたでしょうか?
「やはり待ってくれていたというか、コロナに見舞われたときも、すごく温かいサポートや声援を受けていたのもすごく感じていましたし、アップで入ったときも、試合中もそうですし、やっとこういう場にチーム全員で帰ってこれたなというふうに、すごく感じました。ありがたい限りでした」

Q:ボール運びの面はすごく良くなっている部分もあったと思いますが、ビッグチャンスに繋がらないというか、その辺りのストレスみたいなのは、どういうところに感じてましたか?
「うちのディフェンスラインであったり、中盤のところでボールを保持してあたっキングサードまで運ぶというところは、広島戦よりもできたところだと思います。またそこから、より人数をかけるというか、リスクを背負って、どんどん、どんどん、2列目、3列目の選手、CB以外の選手であったりとかが、もっともっと枚数をかけてアグレッシブに攻めることで、もっと迫力のある、シュートで終わる攻撃や、決定機をもっともっと多くしていけると思います。新加入の選手たちもいた中で、1本の縦パスに対してどういう反応をしていくのかとかを、もっと全員でしっかり理解して、全員で攻めていく形をもっともっと増やせれば、もっともっと怖い形を作れると思います。後からボールを回すというところに関しては、すごく今日はスムーズにいっていたので、前の選手としては数字をつけたかったなという想いがすごくありますし、悔しい結果になりましたね」

Q:宇佐美選手は久しぶりの先発になりました。コンディション面で何か違和感を感じたりする部分はありましたか?
「僕だけじゃないんですけれども、全員が圧倒的に準備期間がない中でもタフにやっていこうということでした。(この状況は)もちろん言い訳にならないですし、試合をしながら上げていかないといけない今の状況がある中で、90分近くプレーできたのは個人的にはプラスですし、今は嫌なリバウンドのようなものを身体に感じているわけではありません。全員が本当に苦しい中で試合を迎えていく状況ではありますけれど、仕上げる事に関しては、やはり喜びを感じてみんなでやっていきたいですし、みんなでやっていく中でどんどん良くなっていくとか、成長していく部分っていうのはありますし、それをなるべく早くチームとしてそういう方向に持っていけたら、苦しいときに支えてくれた人たちへの恩返しになるのかなと思います」

Q:チュ セジョン選手がボールを動かしてリズムを作っていましたが、改めて彼が入ることで、どういう攻撃ができそうだとか、どういうことをすれば点が取れるとか、その辺の手ごたえはいかがですか?
「左右に長いボールを散らすことができますし、安定して正確にボールを運べる技術も、もちろんあるので、セジョンがしっかりボールを触って後ろで捌いてくれると、前でボールを待てるという状況になるので、そこはすごくありがたかったです。セジョンが僕らのプレースタイルを分かっていくということもそうですけれども、僕ら受け手側も、セジョンがどういうときに、どういうボールを出すかということをしっかりと理解する必要もあります。そうなるとお互いにもっと引き出し合えるし、チームとしてもセジョンのことを引き出せるし、セジョンもチームメイトをもっともっと引き出せるという状況になると思います。そういう部分もしっかりコミュニケーションを取りながら続けて行くしかないと思いますし、続けていけば、 いい選手であることは間違いないし、はい、そう思います」

Q:ペレイラ選手と2トップを組みましたけれども、彼はどちらかといえば自分でシュートを打ちたいタイプの選手です。2トップを組んだ時に意識されることはありますか?
「身長、サイズ感とかは似た部分がありますけれども、パトリックとは違うタイプのFWですし、レアンドロとやるときは収まりがいいし、基礎技術がしっかりしているので、その周りで動くことを意識していますし、なるべく孤立させないようにというところを意識しています。サイドで持った時はシンプルに上げてレアンドロの強さを活かそうという意識も、もちろんあります」

◎黒川圭介選手(G大阪);
Q:今日のゲームはスタートからの出場になりました。まずはその想いと、ご自身の今日の内容をどう自分の中で消化しているかおしえてください。
「プロに入ってからJ1のスタメンというのがまだなくて、今回が初出場ということで、自分の今後のサッカー人生においてもターニングポイントの試合だと思っていました。でも気負わずに、いつも通りにトレーニングでやっていることを表現してプレーしようと思ったので、プレー自体は最低限はやれたかなっていうのはあります。けれども、試合の結果としては0-0だったので、そこでアシストなり、結果に結び付けられるプレーができればもっと良かったなと思います」

Q:チーム全体として、今日、できなかったことというのはどういったところでしょうか?
「ゴールに迫っていく迫力というか、もっともっとシュートの回数も増やしていきたいし、そういったゴール前の部分というのは、もっと上げていかないといけないのかなと思います」

Q:ターニングポイントになる試合だとおっしゃっていましたが、改めて、今日の試合は黒川選手の中で、どういう形で残っていきますか?
「そうですね。自分がストロングにしているビルドアップのところだったり、攻撃参加というところは見せられる場面もあったので、もっともっと成長して、チームに貢献できるようにしていきたいなと思います」

Q:今日の先発に当たっては、宮本監督からどのような言葉がありましたか?
「いつ試合に出ることになっても準備しておいてくれという言葉掛けもありましたし、自分が持ち味としている攻撃参加のところであったり、クロスのところだったり、守備のところでしっかりと対峙する相手に負けないとか、そういったことでした」

Q:今日の福岡は、そうとう守備が堅かったですけれども、その相手と対戦した手応えを教えてください。
「やはり攻撃のところで、クロスの回数もそうですけど、もっともっと攻撃参加して、チャンス作ってっていうのは、本来、自分がもっと出したい部分でもあるので、そういったところをもっと試合に出していけたらいいのかなと思いました」

Q:ターニングポイントになるいうところで、何か特別な想いのようなものはあったのでしょうか?
「J1で初めてスタメンで出るっていうこともありましたし、ガンバとしても、やっぱり苦しい時期があって、2週間活動できなくて、こうやってホームで試合ができたということも含めて、本当に感謝の気持ちはありました。こうやって試合ができるのは当たり前ではないし、いろんな方々のおかげで今日も試合ができたので、そういった想いもぶつけられたらいいかなと思いました」

Q:周りの大卒選手が活躍する状況の中で、気持ちが焦るというようなところも実際にはあったのではないでしょうか?
「周りの同い年の選手だったり、ほかのチームの選手たちがすごく活躍する中、自分はなかなか試合に出れらない状況で、もやもやする気持ちというか、悔しい気持ちを、去年はずっと持っていました。今日は第一歩ですけれど、とりあえず試合に出してもらったというのは、これからにプラスになっていくのかなと思いました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR