Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
6
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

 

【無料記事】【記者会見 J1第6節 鳥栖-福岡】「結果は2試合連続無失点。いい方向に向かっていると思う」/長谷部茂利



2021明治安田生命J1リーグ 第6節
日時:2021年3月21日(日)14:03キックオフ
会場: 駅前不動産スタジアム/9,631人
結果:サガン鳥栖 0-0 アビスパ福岡

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「試合前に3位であった、上手だし、強いしという鳥栖さんに対して善戦したかなと思います。自分たちの持っている力は出そうとしましたし、出せていた時間帯もあったと思います。ただ、前半に限っては2点、3点取られてもおかしくないような流れに感じていました。ハーフタイムに0失点で帰って来たところは良かったということをチームで共有して、後半はもう少し攻めていこう、守備のところは、もう少しボールを取れるようにということで送り出しました。立ち位置を少し変えて、やりやすくなったかなと感じましたが、また映像を見て改善していきたいと思います」

Q:後半、少し前選手をアンカー気味にして鳥栖のポイントを消しに行ったのかなという印象があります。どのような狙いを持たせたのか教えてください。
「詳しくは言いませんが、相手に合わせるというよりは、自分たちを攻守にわたって機能させるために、少し立ち位置を変えました。立ち位置は見ての通りです」

Q:前半はなかなかボールを取りに行けなかったというか、相手のボールホルダーに対してプレッシャーをかけづらかったような印象があります。向こうの流動的な動きが捕まえづらかったのか、それとも自分たちに問題があったのか、どちらだと見ていらっしゃいますか?
「鳥栖さんが上手だったと思います。我々の立ち位置を見ながら、ふたつ、みっつ、準備というか、選びながらプレーをしていたと思います。CBとアンカーが絡んだり、また、インサイドハーフの選手が降りてきたり、要は取りにいったら、そのスペースを使われたり、パスラインを消しにいったら、もう一つのパスラインを使う、そういうことを繰り返されて、選手たちは少し取りどころがないような形になって、ディフェンシブサードに戻らざるを得ないという形が多かったのではないかと思います」

Q:2試合連続無失点というのは、守備面で自信になる部分かなとも思います。その結果については、どのように受け止めていらっしゃいますか?
「昨年来、無失点というところを目指しています。守備に関しては、もう少しボールを取る回数、取り方というのを高めていかなければいけないと思いますが、2試合連続で失点をしていないということで、いい方向に向かっているなと思います。ただ、ピンチはたくさんありました。救われた部分もあるので、そういうところが少なくなるように、もっともっと高めていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR