Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
19
20
25
26
27
28
29
30
06

 

【無料記事】【記者会見 J1第4節 徳島-福岡】「チャンスがある中で決めきれず相手の時間帯にしてしまった」/甲本偉嗣



2021明治安田生命J1リーグ 第4節
日時:2021年3月13日(土)14:01キックオフ
会場: 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム/4,203人
結果:徳島ヴォルティス 1-2 アビスパ福岡
得点:[徳島]垣田裕暉(2分)、[福岡]エミル サロモンソン(53分)、金森健志(68分)

◎甲本偉嗣ヘッドコーチ(徳島);
Q:試合を振り返って
「まずは前半、いい時間帯で得点が取れて、その後も何度かチャンスがあったんですけれども、そういう中でチャンスを決めきれずに相手の時間帯にしてしまったなという印象です。後半に関しては、少し修正は行ったんですけれども、いい形で攻撃を進めたり、守備ではめることができずに、なかなか上手くいかなかったな、次に課題が残る試合だったなという印象があります」

Q:前半、相手の2トップの守備に対して、自陣でのビルドアップに上福本選手も加わって、割と渡井選手を活かすような雰囲気でしたけれども、その辺りの狙いを教えてください。
「いつも通りなんですけれども、相手の2トップをしっかり動かして、そこをしっかりはがしていこうという狙いがありました」

Q:後半にアビスパは重廣選手が入って来て、1トップにして中央に厚みを持たせたような守備に見えましたが、そこで網にかかった印象があります。その辺りはどのように感じられますか?
「そこのところでうちも前半からの修正として、相手の2トップに対する修正を行ったんですけれども、相手が2トップを縦関係にしてくるような形で対策を取って来たのに対して、少し後手を踏んでしまったなと。そこから前を2枚にしたりとか、ボランチが上手く関わってという話を途中ではしたんですけれども、修正しきれずにズルズルいってしまったなというような感じです」

Q:前半はなり良かったと思いますが、具体的にどのようなところが良かったのか、そして後半は相手のプレスも激しかったと思いますが、具体的に厳しかったのはどんなところなのかを教えていただけますでしょうか?
「前半のところで言うと、以前から少し話しているように、危険なところにボールを入れて、そこでスピードアップしていくような攻撃が何度か作れたのかなというような印象です。後半に関しては、そこで相手が対策してきてスペースを埋めにきたときに、なかなか次の手というのが出せなかったなと。それに対しての手段としては、いくつか施したんですけれども、それが功を奏さなかったなというような印象です」

Q:これまで先制点を取った試合は追いつかれて引き分けという展開で、今回は先制点を取ったんですけれども、追いつかれてさらに勝ち越されるという展開になりました。なかなか勝ち切れないという状況を、どのように捉えていらっしゃいますか?
「まずは前半ですね。1点取った後に、少しプレッシャーだったり、攻撃の手を緩めてしまったような感じがあって、そこでしっかりと畳みかけられれば良かったのかなと。後半になって風下になってしまった時に相手の勢いが増してしまって、それに対してこちらがなかなか手を出せませんでした。そこに関しては、もっと前半で修正すべきだったのかなと思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR