Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
4
6
8
10
11
15
16
19
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J1第2節 清水-福岡】「1試合を通して集中を持たせなければいけない」/中山克広/カルリーニョス



2021明治安田生命J1リーグ 第2節
日時:2021年3月6日(土)14:03キックオフ
会場:IAIスタジアム日本平/9,063人
結果:清水エスパルス 2-2 アビスパ福岡
得点:[清水]カルリーニョス ジュニオ(12分)、[福岡]山岸祐也(61分)、[清水]中山克広(65分)、[福岡]エミル サロモンソン(90+2分)

◎中山克広選手(清水);
Q:引き分けに終わった試合について、どのように感じているのか教えて下さい。
「最後の最後での失点というのがあったので、1試合を通して集中を持たせなければいけないという課題の残る試合だったなと感じています」

Q:その中で、ご自身の得点が生まれました。得点シーンを振り返ってください。
「失点して1-1になった時点で相手の勢いもすごく出てきますし、耐える時間帯が続くかなと思っていたのですが、そこですぐに追加点を取れたというのは、相手の勢いを消し、こちらに勢いを取り戻すという意味では、かなりいい得点だったのではないかと思います」

Q:鹿島戦でも、失点直後にすぐに追いつきましたが、失点直後に得点が取れている要因はどんなところにあると思いますか?
「失点してからの声掛けの盛り上げだったりとか、一人ひとりが点を取るという気持ちに向いているというのが、一番、点を取るということに関しての要因になっていると思います。同じ方向を向いているということが一番の理由としてあるのではないかと思います」

Q:鹿島戦でも、同じように左からのクロスが入ってチャンスがあったと思います。それを決められなかったことが今日の得点に結びついているということはありますでしょうか?
「同じような左足のシュートというようなところもあったので、今日は決めたいという気持ちが強かったです。同じような形を決められたというのは自分としても嬉しいですし、今後に活きるのではないかと思います」

Q:今日のゲームは、残念ながら勝点2を落としたとロティ―ナ監督は言っていましたけれど、2試合で勝点4というのはいかがでしょうか?
「試合内容的には、今日の試合もそうですし、前回の試合の流れから来ているので、今日の試合も勝てるという気持ちを多分みんな持っていたと思います。ロティ―ナ監督同様に、勝点2を落としたのは痛いと、僕も感じています」

Q:得点の場面で、逆サイドで片山選手が持った時に、あそこで位置取りをするというのは、練習でもやっていることなのでしょうか?
「やっていると言えばやってきていることでもありますし、僕もクロスが上がってくるかもしれないということを頭に入れながらプレーしているので、今回のポジショニングは、そのイメージから取れたポジショニングではないかと思っています」

Q:アイスタの歓声はすごいものがあったと思いますが、感想を聞かせて下さい。
「シンプルにすごく嬉しかったです。去年1年間ゴールが取れなかったので、チームメイトが駆け寄ってくる喜びというものもすごく感じました。あのシーンがもっと増えればなと感じています」

◎カルリーニョス選手(清水);
Q:まずは先制点の場面を振り返ってください。
「サポーターのみなさんが力強く応援してくれるくれている雰囲気の中でゴールを決められたことを非常に嬉しく思います。あの場面は(中村)慶太が少し運んでヒールで落としてくれたボールをシュートしたんですけれども、運もあってゴールに上手く入ってくれたことを嬉しく思っています」

Q:ジーコさんがおっしゃっているようなゴールへのパスというシュートだったと思います。シュートの意識を教えて下さい。
「あの場面では落ち着いてシュートを打つことを心がけました。シュートの場面では、落ち着き、冷静さというものが非常に大事な部分だと思っています。先ほども言いましたけれども、慶太が外に運ぶような形でボールを持っていたのですが、彼がどういった選択をするのかというところでタイミングを見計らいながら自分は中へ入っていきました。非常にいいタイミングで、自分が打ちやすいところに落としてくれました」

Q:サンタナ選手とのコンビネーションというところでは、ご自身はどのように考えていらっしゃいますか?
「チアゴはクオリティの高い素晴らしい選手です。パワーもありますし、キープ力にも長けていて、相手のCBに対して戦う姿勢を常に持っていて、相手のCBを苦しめるプレーをいつもしてくれています。我々ができるだけ距離を使くしてプレーすることで、さらに相手にダメージを与えられるということを意識してプレーしていますが、これからも、その意識を持ってプレーしていきたいと思っています」

Q:終盤に失点して勝点1という結果に終わったことについて、今の気持ちを教えてください。
「今日の勝ち点1は悔しさの残る勝点1だったと思っています。ホーム開幕戦ということでサポーターのみなさんの前で勝利を届けることを目指して戦っていましたし、最後まで勝利を求めて戦いました。何とか勝利を届けたかったのですが、それができず、やはり、この勝点1というのは悔しさが残ります」

Q:中村選手とのコンビネーションで得点を奪うというのは、去年のアウェイ広島戦以来だと思います。中村選手との普段からのコンビネーションというのは、どのように感じていらっしゃいますか?
「慶太は本当に賢い、インテリジェンスを持った選手で、足下の技術にも長けていますし、ボールを持った時にコントロールしてくれる選手だと思っています。日本でも少ない、ボールを持った時に我々のリズムをコントロールしてくれるクオリティの高い選手だと思っています」

Q:次節のC大阪戦に向けて、ゴールへの想いを聞かせて下さい。
「誰がゴールを奪うのかということが大事なのではなく、いちばん大事なのは勝利を得ることです。勝利をもぎ取ることが、チームにまたさらなる自信をもたらしてくれますし、我々は全員で戦うチームですから、ゴールは誰が決めてもいいと思っています。とにかく、勝利を求めて戦います」
[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR