Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【記者会見 J1第2節 清水-福岡】「2試合目で勝点が取れたので、これから積み上げていきたい」/長谷部茂利



2021明治安田生命J1リーグ 第2節
日時:2021年3月6日(土)14:03キックオフ
会場:IAIスタジアム日本平/9,063人
結果:清水エスパルス 2-2 アビスパ福岡
得点:[清水]カルリーニョス ジュニオ(12分)、[福岡]山岸祐也(61分)、[清水]中山克広(65分)、[福岡]エミル サロモンソン(90+2分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「2度追いつくことができて勝点を取ることができました。内容そのものは特別良かったわけではなく、相手様の方が良かったと思いますが、そこで勝点1が取れたことは良かったと思います。今シーズン、リーグ戦2試合目で勝点が取れたので、これから積み上げていきたいな、スタートが切れたなと思っています」

Q:最後のサロモンソン選手のFKは壁に当たったとは言えいいキックだったと思います。サロモンソン選手の右足については、どのようにご覧になっていますか?センタリングも含めて非常にいい選手だなと思ってみていますが、その辺りについて教えてください。
「ヨーロッパチャンピオンズリーグに出ていた選手ですから当然いいです」

Q:強さ、スピード、FKなど、ここがいいと思われている部分を教えてください。
「FKに関しては壁に当たってしまったというところもありますけれども、昨年も入れていますし、キックそのものは、スピードも、落差も、曲がり具合も、非常に高いレベルだと思います」

Q:もちろん課題も残ったとは思いますが、開幕戦との比較で言えば、どのあたりが改善されたと監督はお考えでしょうか?
「まず一番は、前節と比べて、チームとして一体感がありました。それは攻守にわたって、切り替えの部分も含めて、第1節とは空気が違いますし、お互いの声掛けも違いました。ただ、まだまだ良くなっていくのではないかと思っています」

Q:ハーフタイムにグティエレス選手から宮選手に代えたことで守備が安定したと思います。あの決断はどういった理由があったのでしょうか?
「本調子ではなかったように見えたので、ここは宮を代わりに入れてという形で後半をスタートしました」

Q:攻撃に関しては、山岸選手の周りとの関係性が非常にいいように見えました。特に後半はブルーノ メンデス選手との距離感は良かったと思います。それは何かの指示を与えたからなのか、それとも彼がもともと持っているものが発揮されたのか、どのようにお考えでしょうか?
「まずは、彼がもともと持っているプレーの質ですね。周りとコンビネーションを取るのが上手です。それがまずあることと、こちらからもオーダーとして、そういうプレーをしていこうという話は、試合前もハーフタイムにもしています。非常に良かったなという風に思います」

Q:前半は少しマークの受け渡しのところで相手をフリーにする場面が見受けられましたが、後半はそういう場面が見受けられませんでしたが、後半の修正ポイントと、前半のような試合をしていたら、後半は結果が少し違っていたのではないかと思いますが、そこら辺の受け止め方を聞かせて下さい。
「マークのところはどのチームもそうですけれども、しっかり見るということですね。プラスアルファで、自分の仕事以外のところもという、そういう認識を選手たちに、もう一度させました。前半と後半の戦い方ですが、90分間自分たちの戦いというのはあり得ないと思っているので、点数もそうですけれども、やっとの思いで追いつきましたが、五分五分にどうにか持っていっていけたのか、いけそうになったのか、ゲームの流れで言えば、当然、リードしたのはエスパルスさんなので、エスパルスさんのゲームでもあったと思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR