Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事 選手コメント YBCルヴァンカップ第1節 福岡-札幌】「してはいけないミスをしてしまった」/宮大樹/城後寿



2021明治安田生命J1リーグ YBCルヴァンカップAグループ 第1節
日時:2021年3月3日(水)18:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,546人
結果:アビスパ福岡 2-3 北海道コンサドーレ札幌
得点:[札幌]ドウグラス オリヴェイラ(14分)、[福岡]三國 ケネディエブス(18分)、[札幌]ドウグラス オリヴェイラ(35分)、中島大嘉(41分)、[福岡]城後寿(88分)

◎宮大樹選手;
Q:率直にお聞きしますが、今日のゲームは勝たなければいけない試合だったと思います。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「まずはしてはいけないミスをバックラインでしてしまったので、そこは自分自身を含めて非常に反省しています」

Q:見ていても、どうして入ってしまったのか分からないような3失点だったと思います。単純にミスと言ってしまえばそれまでですけれども、ラインがバタバタしていて、ちょっと連携できていなかった感じもありますが、いかがですか?
「コミュニケーションミスと言ってもいいようなミスばかりだったので、そこに関しては、今日の試合を最後にして、これからそういう失点をなくしていって、いい勉強になった試合だったとしていけたらいいなと思います」

Q:スタンドから見ていた感じでは、山ノ井選手がクロスボールの処理に対して非常に窮屈そうにプレーしていましたが、あの辺は最終ラインとGKとの連携にも何か問題がありましたか?
「そこは特に気にはならなかったです」

Q:相手も、レギュレーションも違いますが、リーグ戦とカップ戦を1試合ずつ終えて、改めて、これからリーグ戦で順位を上げていくというところで、どんなところが課題で、どんなところが手応えだったのか、どのように感じていらっしゃいますか?
「プレッシングからボールを奪ってからカウンターということに関しては、今日の試合では何度かいいシーンも作れましたし、後はフィニィッシュに至るまでの部分で違いを出していければ、そこは十分に通用するのではないかと思いました。ただ先ほども言いましたけれども、小さいミスで失点してしまうというのがJ1の舞台だと思っているので、そういうミスをできるだけ減らして、自分たちのいいサッカーを目指していかなければいけないなと思います」

◎城後寿選手(福岡);
Q:いいところも出ましたし、チャンスをもらった若い選手も自分たちの力を出したところもあった試合でしたが、もったいない結果に終わってしまったなという印象があります。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「リーグ戦も、ルヴァンカップも高い目標設定をして、高い位置を目指しているので、そういった意味では勝点3が奪えなかったというのは残念だったと思います。けれど、僕を含めてリーグ戦に絡めなかった選手が数多くピッチに立って、肌でJ1のレベルを感じることができたと思うので、これをリーグ戦、次のルヴァンカップにつなげていければいいと思います。反省はしますけれども下を向かずに、またいい雰囲気でリーグ戦に向かってやっていくことが必要だと思います」

Q:ボールを追いこみながら、狙った形で奪ってからのカウンターも出ていましたし、いい形でボールを運べたかなとも思います。
「試合前のミーティングで、パターンとして2つ、3つの守備の仕方を監督から提示されていたので、2点目を取られる辺りまでは非常に機能していたと思います。ゴールまでつながるシーンが少なかったのですが、そこまで行けるクオリティをもっと高めていければ、J1でも全然通用すると思います。また、監督もハーフタイムに言っていましたけれども、球際のところだったり、セカンドボールのところだったり、そういった当たり前のところを、個人としても、チームとしても、もう少し狙いを持っていければ、チャンスももっと作れると思いましたし、互角以上に戦いができると思っているので、もう少し、一人ひとりが高め合っていくことが大事ではないかと思います」

Q:その中でチームの2点目、城後選手にとっては今シーズン初ゴールが生まれました。非常にいいゴールだったと思いますが、あのシーンを改めて振り返っていただけますか?
「僕の強みであるクロスからの得点というところが非常に活きたと思います。SBの選手やSHの選手には、僕の動きをよく見てくれと言っていましたし、練習でもユザ(湯澤)からのクロスで得点をする場面も何度かあったので、いい形で得点ができたと思います。また、セットプレーのところでケネが得点を取ったように、セットプレーは僕たちの強みでもありますし、得点が取れているということは勝点3を取るチャンスがあったのではないかと思うので、イージーな失点というところをなくしていきながら、自分たちの強みである簡単に失点をしないというところを、もう少し構築していければなと思います」

Q:今日は90分フル出場でした。いいコンディションで開幕を迎えたのかなと思いますが、その辺りは、ご自身ではどのように捉えていますか?
「コンディションのところでは、良くもないし悪くもないというところだと思いますが、FWの選手が数多くいて競争が激しくなってきていますが、短い時間でもチャンスを活かせればスタメンで出られるチャンスも広がってくると思っています。そういう意味では、今日はリーグ戦ではありませんでしたが、ルヴァンカップで僕を含めて若い選手がいいプレーをしていれば、リーグ戦にも使ってもらえると思っているので、得点を取れたということは自分にとっても非常に良かったことではないかと思っています」

Q:イージーなミスの原因は自分たちの単なる連携の問題なのか、それとも強度の中で早い判断が求められていることで起こったことなのか、どちらだと見ていらっしゃいますか?
「両方あるとは思います。試合前に監督から『判断のミスだけはしないように心がけよう』と言われていたんですけれども、なかなかJ2の舞台では体感できないプレーの速さ、ブレスの速さに戸惑うシーンは、自分も含めてチームにあったと思います。ただ、イージーミスをしてしまうと必ずゴールにつなげられてしまうというのがJ1のチームのレベルの高さだと思いますし、こういうことが続けば勝てる試合でも勝点3が取れなくなるし、勝点1をモノにできる試合でも、それを失ってしまうという可能性があると思うので、この試合で感じたことをリーグ戦につなげていきたいと思います。僕自身も、若い選手も、いい経験ができたと思うので、ただの経験に終わらせるのではなくて、次に向かっていいプレーをするためのいい経験だと思って、また明日からいい練習をしていけたらなと思います」

Q:こういった強度の中で、アグレッシブなまま正確性を出していくというところで、日々の練習ではどのようなところを意識していけばいいと思われていますか?
「まずは止める、蹴るというところの正確性というのは、どのカテゴリーでも求められることだと思います。その中で、どういった判断ができるのか、その早さであったり、味方に要求する動きなどを合わせていく必要があると思います。今日もゴール前までは行けているけれども、ゴール前でのクオリティが出せずにシュートまで行けないという場面が何度かあったので、そこの最後の質のところは高めていく必要があると思いますし、僕自身も、もっと要求していく必要があるのかなと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR