Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
4
6
8
10
11
15
16
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J1第1節 福岡-名古屋】「しっかり勝ち切れたというところは大きかった」/相馬勇紀/マテウス



2021明治安田生命J1リーグ 第1節
日時:2021年2月28日(日)13:05キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,991人
結果:アビスパ福岡 1-2 名古グランパス
得点:[名古屋]マテウス(4分、55分)、[福岡]オウンゴール(82分)

◎相馬勇紀選手(名古屋);
Q:今日の試合は入りがすごく良くて、仕掛けも多くて、ディフェンスの面でもリズムよくやれたと思います。今日の出来についてはどのように感じていらっしゃいますか?
「チームのことをやりつつ、自分の行けるところは行くというところは良かったですし、パスもマテちゃんが決めてくれて良かったですけれども、ただ得点を取ると意気込んでいたので、そこは悔しさが残ります。でもまずはチームが勝てたことが良かったのかなと思います」

Q:ふたつシュートに持ち込んだシーンがありましたけれども、あれもいい形で持ち込めたという感じでしょうか?
「打てているので、あとは決めるだけというか、そこかなというふうに思います」

Q:キャンプのときの練習試合よりも、さらに身体が切れているように見えました。改めて、今年、身体の部分とかを見直して、その中で公式戦の強度の中に入ってみて、自分の中で去年プレーしている感覚と違う部分だったり、こういうところが上積みできているなと感じた部分はありましたでしょうか?
「切れのところというか、相手を外すところであったり、キュンキュンというか角度を変えていく部分であったり、相手を置いていくというところでは、全然、身体が違うなと感じていました。ただ、90分間プレーし続けられなかったというところは、ひとつ自分の中で、まだ慣れというか、やれていなかったというか、プレーしきれなかったというところは反省点だと思うので、戦い続けられる身体を作っていきたいと思います」

Q:自分の身体が思った以上に切れていたというか、そういう感覚に対する慣れということですか?
「そうですね。動けちゃうというか、行けちゃうみたいな。思い通り以上に進むし、特に切り替えした後のターンのスピードだとか、ぐっと入っていく感じとかが、より変わっているというふうに思います」

Q:今日は前半から相馬選手の左サイド、そしてマテウス選手もかなり左サイドに流れてくるシーンも多かったと思います。サロモンソン選手が上がった後ろのスペースを使っていくというのは、チームとしての決まりごとの一つだったのでしょうか?
「相手のSBがすごく攻撃的だったというところで、チームとして速い攻撃というのは狙っていましたし、個人的にもサロモンソン選手の特徴というのは試合前にすごく確認していたので、攻撃のところでは脅威を持った選手でしたけれども、上がった後にスペースがあるというのは分かっていましたし、内側に絞るというのも分析のところで分かっていたので、そこのスペースは使うように試合前から考えて挑んでいました」

Q:すぐにG大阪戦がありますが、G大阪線への意気込みを聞かせてください。
「去年もG大阪とは3節で対戦して、僕は出場停止で出られなかったんですけれども、最後に追いつかれて同点だったというところがありますし、去年の成績は自分たちよりも上の相手なので、チャレンジャー精神を持ちながらも、しっかりと勝ち切るということ、またG大阪をしっかりと分析して、1試合、1試合に挑むというところを大切にして戦っていきたいと思います」

Q:今日は完全アウェイの雰囲気の中で、改めて勝ち切れた、最後は押し込まれながらも逃げきれた。この勝利の意味をどう感じているか教えてください。
「本当に大きいというか、自分がいうのもなんですが、自分と成瀬が足が動かなくなってしまったところで、チームが総力戦として戦えたこと、最後はサポーターのみなさんと一緒になって相手が一丸となって攻め込んでくるところでしっかりと守り切れたことは良かったですし、個人的にはアウェイで相手の応援が多い方が燃えるところもあるので、チーム全体として、しっかり勝ち切れたというところは大きかったかなと思います」

◎マテウス選手(名古屋);
Q:素晴らしいゴールでした。すごく冷静なゴールだったと思います。あのゴールについて教えて下さい。
「今週の準備から監督がスピードのあるカウンターを要求されていて、自分と相馬の両サイドから早いカウンターを仕掛けることはずっと言われていました。今日のチャンスの場面では、しっかりと相馬からのパスを受けて、1対1の勝負のところで相手を抜くことができて、最後に決めることができたのは良かったと思います」

Q:サイドに張るというよりは、ボールのある所に寄って行って、関わっていってプレーするということが多かったと思います。あれもチームの意図するところだったのでしょうか?
「そうですね。それも監督からの要求でした。あまり相手に対してスペースを与えないということを強調されていたので、特に中盤のところでセカンドボールを拾うということを意識していた中で、ボールサイドを狭くするということを試合中にやっていました」

Q:先制点の場面は、右から相手選手が滑りこんで来たと思いますが、あれは見えたうえで外していったのでしょうか?
「あの場面では、自分のプレーに対してデイフェンスの選手が必ずリアクションするという形になるので、その中で自分がシュートフェイントをかけた時に相手が滑ってきたので、それを交わして、あとは決めるだけでした。決められて良かったですね」

Q:最終的に股を抜くシュートになりましたが、どのような考えであそこを狙ったのでしょうか?
「ボールを持った時に、GKが両足を少し開いていたのが確認できましたし、距離も短かったので速いシュートを打てばリアクションできないだろうと判断して、あのコースを狙いました」

Q:去年はチームトップの得点数を挙げました。今年も得点源として期待されていると思います。その中で、開幕戦での2ゴールというスタートはどのように感じていらっしゃいますか?
「まずはチームに貢献することが第一目標としてあって、その中で去年のゴール数を超えることができれば最高ですね。厳しい試合が続く中で、まずはチームに貢献したいという気持ちの方が大きいです」

Q:金髪もすごく似合っていましたけれども、開幕に向けて黒に染めてきましたね。
「オフシーズンを過ごすために金髪にしただけです」

Q:中2日でG大阪との対戦があります。去年2位の強敵ですが、どのような気持ちで臨みたいと思いますか?
「天皇杯も決勝戦まで行ったチームなので、本当に強い相手であることはみんなが知っていると思いますが、ホームの強さを示して勝点3を取りたいという気持ちが強いです。去年はサポーターの応援があったからこそ、いい成績で追われたと思っていますが、去年と違って、最初からスタジアムで試合を見てもらえるという状況が、チームにとってはすごく大きな力になると思いますので、サポーターと力を合わせて戦いたいと思います。そして、一つになって今年の目標である優勝を獲得できればいいなと思っています。
[中倉一志=取材・構成・写真]
関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR