Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
16
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09

 

【無料記事】【選手コメント J2第41節 愛媛-福岡】「昇格してからが勝負。ここから準備が始まる」/前寛之/山岸祐也



2020明治安田生命J2リーグ 第41節
日時:2020年12月16日(水)19:03キックオフ
会場:ニンジニアスタジアム/1,395人
結果:愛媛FC 0-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]山岸祐也(19分)、遠野大弥(45+1分)

◎前寛之選手(福岡);
Q:昇格おめでとうございます。まずは、今の率直な気持ちを聞かせてください。
「この日のためにやってきたので、それが報われて、みんなと喜びを分かち合えて、それが嬉しいです」

Q:いろんなことがあった1年間でした。ここまでの41試合を振り返って印象に残ったゲームはどのゲームでしたか?
「どの試合でもいろんな選手が活躍して、ほとんどの選手がリーグ戦に出て、こうやって勝点を積み重ねられているので、特にこの試合というものはありません。1試合、1試合、難しい時期を乗り越えながら勝点を積んできたので、1試合、1試合が特別な想いでした」

Q:逆に、振り返ると苦しかったなと思えることはありますか?
「チームで言えば、夏場に17位まで沈んだというところと、結果と内容があまり付いてこなかったという時期があり、僕としても新型コロナに感染したということで、あの時期が一番苦しみました。そこが一番苦しかったですね」

Q:水戸から長谷部監督と一緒に福岡に来られて、いろんな想いと責任を持ってプレーされてきたと思います。あと1試合残っていますが、前選手にとって、この1年は、どんな1年になりましたか?
「J1に昇格するために来たと一番最初に言いましたけれども、それを叶えるために1年、必死にやってきたので、その目標を達成できたということと、来年また厳しいリーグでの戦いが待っているので、今年出たいい所と悪い所を見つめなおして、ラスト1試合を戦ってから来年に向かいたいと思います」

Q:試合が終わってタイムラグがあって昇格が決まりました。飛び上がって石津選手に抱きついていらっしゃいましたが、その時の気持ちを教えてください。
「試合中は結果というところが入ってきてなかったので、とにかく勝ちで終わるということに必死でした。試合が終わった後、長崎はまだ1-1で試合が終わっていないというところで、みんなで試合を見ていたんですけれども、試合終了のホイッスルを聞いたとき、これまでの1年に努力してきた想いがこみ上げてきた感じで、チームメイトと抱き合いました」

Q:キャプテンとして戦った1年でもありました。キャプテンを務めて昇格を果たした喜びを改めて聞かせてください。
「初めてのキャプテンでしたし、どうチームを引っ張っていくかというところを考えながら、ここまでやったことがないポジション(立場)で昇格争いをしていたので、責任も感じていました。そういった中で、ここまでたどり着けたというのは、すごく嬉しいです」

Q:来年に向けて一言いただけますか?
「昇格してからが勝負になりますし、ここから準備というところが始まると思います。J1でどれだけやれるのか、やり続けられるのかというところは、チームにとっても、個人としても大事なところだと思うので、そこは求めていきたいと思います」

Q:あと1試合、ホームで優勝の可能性がかかっている試合が残っています。そこに向けて意気込みをお願いします。
「得失点を考えると難しい試合になると思うんですけれども、1年間、一緒に戦ってくれたサポーターが多く来てくれるので、僕たちは試合で戦うことを見せることであったり、1年間の想いを返せる試合にできればと思います」

◎山岸祐也選手(福岡);
Q:昇格おめでとうございます。いよいよ来年は求めていたJ1の舞台での戦いが始まります。まずは、今の率直なお気持ちを聞かせていただけますか?
「ありがとうございます。10月に移籍して来て、そこからJ1の舞台に立つ、このチームでJ1に昇格するとずっと言ってきた中で、今日、J1昇格を決めて、すごくほっとしているという気持ちです、今は。あとは来年J1でやれるという前に、ラスト1試合、徳島との試合があるので、そこをしっかりと勝って、ホームゲームですし、チケットも完売しているということなので、しっかりとアビスパのサッカーを見せられたなと思います。とにかく、来年、J1でやれるというのが楽しみでしょうがないので、冬のオフではいい準備をしたいなと思います。でも、今日はJ1昇格を決めたので、今晩くらいは余韻に浸っていいかなと思います」

Q:今日の試合では貴重な先制点も決めました。90分間、アビスパのサッカーを見せてくれましたが、やはり、あのゴールが大きかったのではないかと思います。あのシーンを振り返っていただけますか?
「あの時は、1、2、3、4を、フアンマ、自分、グローリ、カミ(上島)で決めて入れと言われていて、自分はサイドの4番が空いていたので入っていったんですけれども、ボールを蹴る前から4番にきそうだなと雰囲気がありました。また、スカウティングで、(田中)遼太郎さん(コーチ)がニアを狙っていこうと言っていたし、相手はストーンが多いけれども自分たちの強みのニアを狙っていこうというのもあったので、それでカミが上手くそらしてくれて、そこに詰められたというのは良かったかなと思います。こういう大事な試合で点を取る、取りたいと口にしていたんですけれども、J1昇格を決める試合で泥臭いゴールが取れたというのはすごく良かったなと思いますし、今後、これが自分のパワーになっていけばと思います」

Q:ここまで来るのに、終盤、足踏みした感じはありますが、前節の京都戦で自分たちを取り戻したのが非常に大きかったと思います。その辺は、どのように見ていましたか?
「自分は移籍してから1回負けた以外では負けていないですし、最後は引き分けが多くなって足踏みしてしまった感じはありましたけれども、この前の京都戦ですごくいいサッカーというか、自分たちがやりたいサッカーが表現できたと思っていました。チームの雰囲気も、引き分けた時も決して悪くはなかったし、昇格に向けて今やらなければいけないことを一人ひとりが分かっていたし、チームとしてバラバラにらなかったのがすごく良かったと思います。その中で昇格できたことは、個人、個人の力もあったと思いますし、チーム力もあったと思うので、すごく良かったと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR