Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【選手コメント J2第34節 山口-福岡】「勝点を落としてしまったことが本当に悔しい」/池上丈二/浮田健誠



2020明治安田生命J2リーグ 第34節
日時:2020年11月15日(日)14:03キックオフ
会場:維新みらいふスタジアム/3,538人
結果:レノファ山口FC 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]増山朝陽(74分)

◎池上丈二選手(山口);
Q:今日の試合、ご自身で振り返っていかがだったでしょうか?
「本当に多くのファン、サポーターの方々見に来てくださっている中で勝点を落としてしまったことが、本当に悔しいです」

Q:次の試合に向けての改善点、意気込みを聞かせてください。
「ここ何試合か、本当にビルドアップの形というところで良い形もできていますし、そういったところを90分間通して怖がらずにやることと、連戦で疲れた身体というものをしっかりと回復させて、次の5連戦に向けて、いい準備をしていくだけかなと思います」

Q:今日の試合で3試合連続0-1という形になりました。これは偶然ではないと感じます。1点も取れずに、1点だけ奪われた3試合を通して、何か感じるところはありますか?
「僕を含め、前線の選手の責任だなと本当に感じていますし、もっとチャンスメイクであったり、前線の選手が複数得点を取らなければ、こういった試合になってしまうので、僕を含め、攻撃陣が反省すべき点かなと思っています」

Q:先日、久しぶりに練習を拝見させていただきました。チームの状態は決して悪くない、むしろ明るいかなと思いました。ロッカールームの選手の雰囲気だとか、キャプテンとして何か感じるものはありましたか?
「いつもそうなんですけれども、アップからみんなで声を出して盛り上げて、いい雰囲気で試合に入れていますし、立ち上がりのところの失点も減っていますし、そういったところで良い方向に向いているところもあるので、良いところをもっともっと、僕を含めて選手全員でやらなくてはいけないかなと思います」

◎浮田健誠選手(山口);
Q:後半に決定的なシュートがありましたが、あのシーンを振り返っていただけますか?
「(池上)丈二君からメッセージのこもったパスが来て、個人的にもいいコースと、いい当たりだったんですけれども、相手のGKに結果として止められてしまいました。こんな状況が続いているんですけれども、少しずつ得点に近づいているなということと、あそこは絶対に決めないといけなかったなという想いです」

Q:次の試合ではどのような想いでプレーしたいとお考えでしょうか?
「シンプルに絶対に点を取りたいと思います」

Q:あのシュートシーンですが、先ほど霜田監督が、あそこを決められるのが真のストライカーだとおっしゃっていました。チームのストライカーとして、次節以降に、どのように気持ちを持っていこうとお考えですか?
「本当に監督がいうように、あそこで決めてこそだと思いますし、監督が使ってくれている以上、出続けている以上、絶対に決めたいですし、使ってよかったなと思ってもらえるような結果を出したいといつも思っています。次も自分が出場したのであれば、使ってよかったと思ってもらえるプレーをしたいと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR