Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J2第34節 山口-福岡】「必ずこのサッカーで勝てる時期が来る。上を向いて頑張りたい」/霜田正浩



2020明治安田生命J2リーグ 第34節
日時:2020年11月15日(日)14:03キックオフ
会場:維新みらいふスタジアム/3,538人
結果:レノファ山口FC 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]増山朝陽(74分)

◎霜田正浩監督(山口);
Q:試合を振り返って
「とても天気が良く、多くのサポーターに来ていただいて、アビスパのサポーターにも来ていただいて、とてもいい雰囲気の中でゲームができました。うちもいい試合ができたと思いますが、ああいうところで事故が起きてしまう。それで勝点を落としてしまう。非常にメンタル的にはしんどい試合が続いています。ただやっぱり、僕たちは前半できたように、ああやって点を取りにいく、ああやって相手からボールを奪いにいくというサッカーを続けたいというふうに思います。それで勝ちたいし、それで選手が伸びるし、それでチームが強くなると信じているので、これを続けたいというふうに思います。今、本当に勝星に恵まれない辛い時期で、みなさんにご心配をかけていますが、必ずこのサッカーで勝てる時期が来ると思っています。そこまで下を向かず、上を向いて頑張りたいと思います」

Q:前半はかなりレノファのペースに持ち込んでいたと思いますが、選手のみなさんには、試合前にどんな指示を出されたのでしょうか?
「この前の町田戦でも、非常に僕らがボールを持った時に、ちゃんと立ち位置を取りながらボールを動かす、相手が取りに来れない、あるいは取りに来てもしっかりとボールを回せる、相手陣地でボールを握る時間を増やす、その中でサイドアタックや中央突破からシュートを増やす。この前は本当にシュートが少なかったので、今日はクロスをどんどん入れてシュートを増やそうという話をしました。前半は本当に、相手が取りに来ても奪われなかったし、取りに来れないようなボールの回し方ができたので、非常に僕らがやろうとしていることをちゃんとやってくれたなと思います。そういう時間帯に1点が取れていれば、また違ったゲーム展開になったかなと思います」

Q:選手交代のところで、浮田をあえて最後まで残した理由を聞かせてください。
「一番点が取れる可能性があるからです」

Q:今日の彼のプレーの評価を聞かせてもらえますか?
「本当に決定的なシュートがあったので、あれを本当に決めるのが本当のストライカー。厳しい言い方ですけれども、彼が本当に次のステップに行くためには、あのシュートをちゃんと決めてほしい。ただ、そこまでに身体の向きを作る、入っていく、ストライカーとしてのゴールへの嗅覚のようなものを本当に感じるので、これからまだまだ成長すると思いますし、これから彼がたくさん点が取れる選手に育っていけると思っています」

Q:シュート数を増やして、チャンスを増やしてというところでは、今日はクロスは良く上がっていましたけれど、シュート数は5本でした。もっとシュート数を増やして得点を増やすために、今何が必要だと感じていらっしゃいますか?
「シュート数を増やすだけだったら、エリアの外からミドルシュートをどんどん狙う、あるいは、こぼれ球を思いっきり振れば、シュート数は勝手に増えます。だけども、僕らはちゃんと崩してクロスに合わせていく、相手の裏を取る、相手の裏を取って表から打つというように、シュート場面をちゃんと作りたいと思っています。なので、今日も本当に、もうちょっとシュートを打ってほしいなという場面もたくさんありましたけれども、やはり、少し思い切りが足りない、少しアバウトでもいいから足を振ってみるというところは、確かに足りないかなというふうに思います。でも、クロスボールが相手のゴール前を横切るとか、あるいは、本当にクロスに何人も飛び込んで行って誰にも合わないとか、そういうところのクロスがあってくれば、2点、3点取れるようなチャンスメイクはできているのかなと思います」

Q:今日はCBが若い2人でしたけれど、彼ら2人に対する評価をお願いします。
「福岡さんのフアンマ、山岸、J2を代表するような強烈な2トップに対して、本当に物おじせず、身体の競り合いも、ヘディングの競り合いも、非常に頑張ってくれたと思います。それプラス、僕らがやろうとしている後ろからのビルドアップも非常に落ち着いてやってくれました。ただ後半、もっともっとボールはつなげたと思います。少し怖くなる、少し勇気がなくなる、相手の蹴り合いに付き合ってしまう。GKに返してGKから蹴る、こぼれ球を拾うというサッカーの方が楽なので、そういうところに逃げがちですけれども、後半もっともっと、前半と同じように、後ろからつないでチャンスを作って欲しかったなという注文を、敢えて付けたいと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR