Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
30
11

 

2020明治安田生命J2リーグ 第33節 日時:2020年11月11日(水)19:03キックオフ 会場:ベスト電器スタジアム/2,640人 結果:アビスパ福岡 3-1 FC琉球 得点:[福岡]山岸祐也(31分、73分)、上島拓巳(77分)、[琉球]田中恵太(90+3分) ◎小泉佳穂選手(琉球); Q:非常に残念な結果ではありましたが、中盤でボールを持って積極的に仕掛けていたと思います。どのように試合を振り返りますか? 「チームとしては、相手が組織的に守ってくる中で、ボールを素早く動かして揺さぶるということを意識してやっていて、それでいい形を作れたこともありましたけれども、結局、ラストのところで点を取り切れていないので、最後の質のところが課題だなと思います」 Q:前半、結構ボールは握れていたのかなと思いますが、攻撃の手応えはいかがでしょうか? 「相手との兼ね合いもあって、最初は相手のSHが縦を切って来ていて中に誘導するような形だったので、中盤で上手くボールをキープできてチャンスを作れたシーンか多かったんですけれども、逆に中を閉じるようになってきて、そこからどう崩すのかがずっと課題なんですけれども、そこで崩せないといけないなという感じです」 Q:前半の1失点目というのは、チームとしてガクッと来るポイントだったのでしょうか? 「いや、1-0は全然あるのでガクッとはしていないですけれども、現実的には、あの1点が重みになったかなと思っています」 Q:前半の1失点から流れが悪くなってしまったと思いますが、後半の20分過ぎから、また琉球ペースになっていったなという印象もありました。どういう要因から良くなったと,お考えですか? 「ひとつは、福岡がどちらかと言うと前からプレッシングをかけるというよりは、1回、しっかりとブロックを組んで、ゴールを奪わせないというところに重点を置いてきたからだと感じていて、そういう意味では、ボールが持てたことでリズムが生まれたかなと思います」 上原牧人選手(琉球);◎ Q:試合を振り返って 「失点のところで、自分たちのミスが失点につながったので、もったい失点だったなと感じるところなんですけれども、攻撃は何回かチャンスがあったのに決めきれないところが課題ですね」 Q:2試合ぶりのスタメン出場になりました。どういう意気込みで臨まれたのでしょうか? 「1試合空けてのスタメンだったので、積極的に行こうという気持ちだったんですけれども、なかなか自分のところで前に行く回数も少なくて、攻撃の起点になれなかったのは、まだまだ自分が駄目なところだと思いますし、細かいところで今日はパスミスが多くなってリズムが作れなかったので、今日は結構、自分の中では駄目だったかなと思っています」 Q:パスミスが多かったということですが、パスミスになるような要因として試合の中で感じるようなところはありましたか? 「要因というか、ただ自分がしっかりとボールに当てて蹴れていなかったというところですかね」 Q:福岡の輪湖だったり、石津であったり、向こうの左サイドでのバトルに関してはどうでしたか? 「いいクロスを持った選手が左サイドにいて、自分と(風間)宏矢さんで右サイドを組んでいて、そこはしっかりバランスよく、自分が行ったり、宏矢さんに行かせたり、声をかけてやっていました。クロスを上げられたところもありましたが、良くはないですけれども、決定的なシーンがそんなになかったので、まだまだこれからコミュニケーションを重ねて、いい関係が作れればなと思います」 Q:前半は自らシュートを打ったりするシーンもありましたし、後半も、カウンターを防いだ場面もありましたし、運動量豊富に走っていたかなというところはあります。そういった部分を次のどのように活かしていきたいですか? 「次に出るチャンスがあるかと言われれば、それは分からないですけれど、次に出た時に自分の持ち味を出せるように準備をするだけですね」[中倉一志=取材・構成・写真]



2020明治安田生命J2リーグ 第33節
日時:2020年11月11日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,640人
結果:アビスパ福岡 3-1 FC琉球
得点:[福岡]山岸祐也(31分、73分)、上島拓巳(77分)、[琉球]田中恵太(90+3分)

◎小泉佳穂選手(琉球);
Q:非常に残念な結果ではありましたが、中盤でボールを持って積極的に仕掛けていたと思います。どのように試合を振り返りますか?
「チームとしては、相手が組織的に守ってくる中で、ボールを素早く動かして揺さぶるということを意識してやっていて、それでいい形を作れたこともありましたけれども、結局、ラストのところで点を取り切れていないので、最後の質のところが課題だなと思います」

Q:前半、結構ボールは握れていたのかなと思いますが、攻撃の手応えはいかがでしょうか?
「相手との兼ね合いもあって、最初は相手のSHが縦を切って来ていて中に誘導するような形だったので、中盤で上手くボールをキープできてチャンスを作れたシーンか多かったんですけれども、逆に中を閉じるようになってきて、そこからどう崩すのかがずっと課題なんですけれども、そこで崩せないといけないなという感じです」

Q:前半の1失点目というのは、チームとしてガクッと来るポイントだったのでしょうか?
「いや、1-0は全然あるのでガクッとはしていないですけれども、現実的には、あの1点が重みになったかなと思っています」

Q:前半の1失点から流れが悪くなってしまったと思いますが、後半の20分過ぎから、また琉球ペースになっていったなという印象もありました。どういう要因から良くなったと,お考えですか?
「ひとつは、福岡がどちらかと言うと前からプレッシングをかけるというよりは、1回、しっかりとブロックを組んで、ゴールを奪わせないというところに重点を置いてきたからだと感じていて、そういう意味では、ボールが持てたことでリズムが生まれたかなと思います」

上原牧人選手(琉球);
Q:試合を振り返って
「失点のところで、自分たちのミスが失点につながったので、もったい失点だったなと感じるところなんですけれども、攻撃は何回かチャンスがあったのに決めきれないところが課題ですね」

Q:2試合ぶりのスタメン出場になりました。どういう意気込みで臨まれたのでしょうか?
「1試合空けてのスタメンだったので、積極的に行こうという気持ちだったんですけれども、なかなか自分のところで前に行く回数も少なくて、攻撃の起点になれなかったのは、まだまだ自分が駄目なところだと思いますし、細かいところで今日はパスミスが多くなってリズムが作れなかったので、今日は結構、自分の中では駄目だったかなと思っています」

Q:パスミスが多かったということですが、パスミスになるような要因として試合の中で感じるようなところはありましたか?
「要因というか、ただ自分がしっかりとボールに当てて蹴れていなかったというところですかね」

Q:福岡の輪湖だったり、石津であったり、向こうの左サイドでのバトルに関してはどうでしたか?
「いいクロスを持った選手が左サイドにいて、自分と(風間)宏矢さんで右サイドを組んでいて、そこはしっかりバランスよく、自分が行ったり、宏矢さんに行かせたり、声をかけてやっていました。クロスを上げられたところもありましたが、良くはないですけれども、決定的なシーンがそんなになかったので、まだまだこれからコミュニケーションを重ねて、いい関係が作れればなと思います」

Q:前半は自らシュートを打ったりするシーンもありましたし、後半も、カウンターを防いだ場面もありましたし、運動量豊富に走っていたかなというところはあります。そういった部分を次のどのように活かしていきたいですか?
「次に出るチャンスがあるかと言われれば、それは分からないですけれど、次に出た時に自分の持ち味を出せるように準備をするだけですね」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
  • 【無料記事】【記者会見 J2第34節 山口-福岡】「前半は相手ペースの中で失点しなかったので勝つことができた」/長谷部茂利
  • 【無料記事】【選手コメント J2第33節 福岡-琉球】「勝点3を取ってみんなで喜びを分かち合いたい」/山岸祐也/上島拓巳
  • 【無料記事】【記者会見 J2第33節 福岡-琉球】「ボールに食らいついて、リスペクトしながらいい表現ができた」/長谷部茂利
  • 【無料記事】【記者会見 J2第33節 福岡-琉球】「存在感を示したかったが1-3という敗戦。非常に残念な想い」/樋口靖洋
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR