Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J2第33節 福岡-琉球】「ボールに食らいついて、リスペクトしながらいい表現ができた」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第33節
日時:2020年11月11日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,640人
結果:アビスパ福岡 3-1 FC琉球
得点:[福岡]山岸祐也(31分、73分)、上島拓巳(77分)、[琉球]田中恵太(90+3分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「いい時間帯で点数を取れました。また、(山岸の)待望の移籍後初得点が取れましたので、非常に良かったです。ただ、最後の〆のところで少し甘さが出てしまいました。シュートそのものは素晴らしかったと思います。相手の田中恵太選手のシュートですね。ただ、あそこで失点をしないことが非常に大事になって来ると思います。残り試合が少なくなってくる中で少し甘さが出てしまったなと反省しています」

Q:決して簡単な試合ではなかったと思いますが、しっかりと点を取ったということ、非常に闘志あふれる試合だったということで、前節の少し物足りない試合を払しょくするには、十分な試合になったのではないでしょうか?
「前半の中盤辺りから相手にボールを持たれて、琉球さんの得意な形を何回か作られていたので、本当に難しかったなと感じています。ただ、凌いで、ポストに当たったりもしましたが、凌いだ中で、そのご褒美ではないですけれども、凌いだ後に自分たちにチャンスが来ると。そこで決めきったというか、相手に当たりましたがコースが変わって入ったと。それでも1点は1点ですし、狙っていたシュートだったと思います。いいシュートでした。バトルについては、これまでと同じで、これまでもずっといいバトルをしてきたと思うんですけれども、試合前に相手をリスペクトしてという話がヘッドコーチからあって、その中で自分たちがやれること、やってきたことをやろうよということで、選手たちが自分たちの力を発揮してくれた、そんなふうに思っています。時々、疲労とか、リスペクトしすぎて、もしくは、ジャッジのところで自分たちの物差しと合わなかった時に、上手くいかないことも多々ありますけれども、そういった意味では、今日は必死にボールに食らいついて、なるべく相手の足を蹴らないようにというところでは、リスペクトしながらいい表現ができたなと思っています」

Q:敗れれば昇格圏内から落ちる可能性もあった試合で、これからも、そういう厳しい試合が続きますが、その辺りの試合前の意識や選手たちの気持ちみたいなところは、監督はどのようにご覧になっていますか?
「当然、勝った負けたで順位が入れ替わるというのは、2位と3位だけではなくて、1、2位も含めて、いろんなところで順位が変わると。ただ、今年に限っては2位と3位では大きな違いがありますね。そういう意味では、これからずっとそれが続いていくし、そのプレッシャーを楽しみながらというか、その中で戦っていく。そこにいるということが良いことではありますし、厳しいとは思っていません。それは敗者のコメントだと思います。後ろから終われていて、上に追いつけなくて、ということではなくて、自分たちで結果を出していけば掴めるんだと、そういう気持ちでやっています。そういう気持ちを感じます」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR