Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J2第32節 福岡-松本】「選手たちが自信を持って戦ってくれたことを、すごく感謝している」/柴田峡



2020明治安田生命J2リーグ 第32節
日時:2020年11月8日(日)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,879人
結果:アビスパ福岡 0-1 松本山雅FC
得点:[松本]杉本太郎(56分)
※取材形式:zoomによる共同会見

◎柴田峡監督(松本);
Q:試合を振り返って
「まずは勝てたことにほっとしています。100人くらいと聞いていますけれども、松本から、また東京からも来ていただいた方もいらっしろゃるようで、たくさんの方に来ていただいてありがとうございます。この場を借りて感謝申し上げます。上位の福岡相手ということで、今我々がどれくらい2位のチームに太刀打ちできるのかということを示していかなくてはいけないゲームだということを、試合前に選手たちに話して臨んだゲームでした。局面、局面でしっかりファイトしてくれましたし、90分走り続けてくれましたし、本当に選手たちが自信を持って戦ってくれたことを、すごく感謝しています。本来であれば、2点目を取る作業をするために何人か選手を投入したんですけれども、向こうの圧力に押されて、なかなか上手くはいかず、クローズする時間帯になってからは、パワープレーを凌ぐということが目的になった時間帯があったと思うんですけれども、そこも含めて、しっかりと戦ってくれたゲームだったなと思います」

Q:立ち上がり長いボールで押し込まれる時間帯が続きましたけれども、15分、20分辺りから盛り返しました。その要因、狙いはどのようなところにあったのでしょうか?
「最初は立ち位置が少し中途半端というか、プレスに行くのか、ブロックを敷くのかというところで、選手たちに、立ち上がりに少しプレッシャーをかけようと言っていました。当然、福岡さんも長いボールを蹴って、それを拾って相手陣内でプレーしたいという意図があったと思うんですけれども、最初は前からの姿勢を見せようというところで、行って拾われる、行って拾われるという時間帯があったと思います。そこで最初の立ち位置をきちんと前向きに拾えるところからスタートしようということで、少し落ち着かせた感じです」

Q:今日は浦田選手と鈴木選手の両WBがかなり高い位置を取り、オーバーラップするような形で厚みが出たことで、2次攻撃、3次攻撃につながり、そけが結果としてゴールにつながったという印象です。今日の彼らのパフォーマンスについてはいかがでしょうか?
「(鈴木)雄斗は右で起用していることが多かったと思うんですけれども、縦にも行けないし、中にも行けないというところで、彼の中にも少し迷いがあって、いろいろと考えこんてしまう選手なので、左から切り込んで中に入っていくという選択肢を持ってみたらどうだろうかということで、ここまでは彼のスプリント力が全然活きていなかったので、とにかく積極的に背後を取る、SBの裏を狙うというところでした。浦田はもともとCBですけど、ここ何試合かクローザーとして使ったりしている中で、またトレーニングも含めて、とてもいま元気なので、少し積極的に出ていってくれるかなというところでの起用でした。中美もいるんですけれども、さすがにコンディション的に難しかったので、今回は中美を置いてきて、浦田でちょっと行ってみようかなということでしたが、良く動いてくれました」

Q:ゴールシーンは杉本選手がセカンドボールをいい位置で拾って、いい位置に置いての右足でしたけれども、彼のパフォーマンス、あのゴールについてはいかがでしょうか?
「相手が激しかったり、ファール気味のプレーでファールを取ってもらえなかったり、少しイライラしていた時間帯でもあったと思うんですけれども、点を取って乗ってきたというか、運動量も落ちずに頑張れました。できれば、あのくらいのプレー、点を取った後のようなプレーを90分やっていってもらわないと困るくらいのクオリティの選手ですし、あのゴールを挙げてくれて素晴らしいと思いましたが、今日は問題ないんですけれども、もっとむらなく毎試合できるように仕向けていかないといけないかなと思います」

Q:2位のチームに対して、どれだけ太刀打ちできるかということをテーマに掲げられたということでしたが、実際に勝てたことによる山雅にとっての意義、意味というのは、どのように捉えていらっしゃいますか?
「本来であれば、我々がここにいなくてはいけない順位であるはずなんですけれども、今年はなかなか上手くいかない部分があって、こういう順位にいると思うんですけれども、上位のチーム相手に、どれくらい自分たちの力があるのかということを示せたという意味では、次につながっていく勝利だったと思います。誰一人、下を向いている選手はいないと思うんですけれども、さらに自信を深められる試合だったと思いますし、このあと、また連戦が続きますけれど、勝ちは最高の栄養になるので、次につながる活力源になったかなと思います」

Q:この試合で田中隼磨選手が復帰しました。彼のコンディション、そして戻ってきたことに関しては、どのように受け止めていらっしゃるでしょうか?
「コンディションが悪ければ帯同はさせませんし、トレーニングでのパフォーマンスも良かったです。もともとトレーニングに対する姿勢はパーフェクトな選手なのですし、こういう上位相手だと、彼の経験値というものが絶対に活きてくると思いました。ただ、いきなり先発で行って試合勘が戻っていないというのも困るので、今後のことも考えて交代で使わなくてはいけないなと思っていました。今日は少し長い時間ピッチに立たせることができて、チームにとっても、彼にとっても、少し幅が広がって良かったかなと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR