Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J2第31節 水戸-福岡】「自分たちが勝つために必要なことを選手たちが実行してくれた」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第31節
日時:2020年11月4日(日)19:03キックオフ
会場:ケーズデンキスタジアム水戸/1,737人
結果:水戸ホーリーホック 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]増山朝陽(5分)
※取材形式:zoomによる共同会見

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「時間帯とボールの運びと、いい形で得点を取ることができました。そこから相手の時間帯を凌いだり、自分たちの時間帯も少しあったりという中では、追加点を取れればもう少し楽な試合になったんですけれども、やはり、得点力がある水戸さんということで、攻撃が上手、ボールを握られて、ひやひやの後半、特に後半の終盤、そういう時間帯を迎えました。その中で自分たちが勝つために必要なことを選手たちが実行してくれて、1-0ですけれども、勝利をした、勝点3を積み上げることができた。非常に良かったと思います」

Q:最後はひやひやとおっしゃっていましたが、全体を通して、ボールは相手が握っていましたが、シュートまでいかせない、相手のチャンスの一歩手前で防ぐという形が多かったと思います。その辺はどのように見ていらっしゃいますか?
「前半は特にいい形でボールは取れていたと思います。特にそこからカウンターにつなげて、カウンターから得点できるようなボールの取り方は何度かできていました。ただ、ボールを取った時、あるいは、深く入れられてディフェンスラインでボールを取った時、カットボールをいかに相手コートまで運んでいくか、シュートまでもっていくかというところでは、今日はちょっと上手く行かなかったなと思っています。それは後半もそうですけれども、ある意味、相手の戦術というか、選手のポテンシャルというか、そこで切り替えて早くボールを奪い返すというところに、我々がはまってしまったというか、上手でした、早かったです、強かったです。そういうところで上手くいきませんでした」

Q:今日はグティエレス選手がリーグ戦初出滋養になりました。彼のプレーぶりについてはいかがでしょうか?
「危ないところ、特にクロスであったり、ボールが入って来たところ、足も長いですし、背も高いですし、長所を活かして防いでくれました。またビルドアップのところでは、左SBとCB同士で、時々ボランチと連携してボールを配給しながら、彼の良さが出ていたのではないかなと思います」

Q:同じく重廣選手も久しぶりの出場ということで、サポーターも待っていたと思います。彼の前半のパフォーマンスと、45分だけのプレーになりましたが、それはプラン通りだったのか、他に理由があったのか、交代の意図についても教えてください。
「まず、評価のところで言うと、何カ月もやっていない中で、今日は久しぶりに試合に出たということで良かったと思います。怪我をしませんでしたし、走り回って、攻守にわたって貢献してくれました。すごいプレーはなかったですけれども、すごいプレーはこれから残りの試合で出してくれると思います。交代についてはプラン通りです。いきなり復帰して90分やるというのは鬼ですね。そういうことはしません。45分で交代ということでした。また、そこから代わって出ていける選手はいますので、そういう意味では何の問題もなく、上手く交代できました」

Q:増山選手のゴールシーンについて、磐田戦の悔しさを踏まえて、クロスからの入りを練習してきたと言っていましたが、どの様にご覧になつていますか?
「良かったと思います。私も時々仕事ですから話をしたりしますし、コーチと仲間と、チームメイト同士で、こういうボールをここに出してと、トレーニングの中で高めていったり、そういうことが今日は結果につながったのかなと思います。非常に良かったと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR