Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
6
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

 

【無料記事】【選手コメント J2第30節 磐田-福岡】「先制点で勝てるのではないかという空気が流れた」/小川航基/中川創



2020明治安田生命J2リーグ 第30節
日時:2020年11月1日(日)15:03キックオフ
会場:ヤマハスタジアム/3,717人
結果:ジュビロ磐田 2-1 アビスパ福岡
得点:[磐田]中川創(41分)、小川航基(50分)、[福岡]遠野大弥(82分)
※取材形式:zoomによる共同会見

◎小川航基選手(磐田);
Q:見事なゴールでした。首位福岡に勝ち切れた。そこをどのように捉えていますでしょうか?
「上は絶対に叩かないといけないと思っていましたし、力がある、勢いがあるというのも分かっていましたが、その中で先制点が鍵になるんじゃないかなと思っていたので、そこを取れたことで、今日は勝てるんじゃないかという空気が流れたと思います」

Q:後半立ち上がりの小川選手のゴールも非常に大きかったと思います。あのシーンを振り返ってください。
「あまりシュートを打てていない中で、チャンスが来たら、五分五分の状態でも振り抜こうと決めていました。あの形は自分の得意な形でもありますし、振ることで相手に当たりましたけれども、よくあるゴールというか、ゴールシーンでよく見る光景だったと思うので、いいシーンだったかなと思います」

Q:昨年、水戸でお世話になった長谷部監督がどのようなサッカーをするのかは分かっていたと思いますが、その長谷部監督の前でゴールを決めたことに関してはいかがですか?
「試合前に挨拶に行ったら、この次の試合から頑張ってくれと言われたんですけれども、水戸のときとは少し変わっていて、サッカー選手によって変える監督だと思いますけれども、本当に守りが堅くて失点の少ないチームなので、そこを僕がこじ開けられたらなと思って頑張っていました。いいものを見せられたのではないかなと思います」

Q:堅い守備を攻略するために、試合前に考えていた部分、狙っていた部分があれば教えて下さい。
「2CBが非常に背丈があって、肉弾戦だと跳ね返されると思っていたので、2トップのコンビネーションであったり、ビルドアップのコンビネーション、コミュニケーションが、この試合の鍵になると思っていました。その中で、今日はいい形が何本か出たと思います」

Q:試合の入りはゲームプラン的にどうだったのでしょうか?少し守備に追いやられましたが、相手の出方を見て、そこから盛り返そうというような意図があったのでしょうか?
「いえ、前回対戦でも立ち上がりに押し込まれて、ロングボールを蹴られて、相手に高いFWがいてというところで、立ち上がりに関しては相手に分があるかなと思っていたんですけれども、それでも引かずに行こうと今日も思っていました。そこで押し込まれてしまったことは仕方がないので、すぐに立ち直ることが大事だと思っていたので、そこで しのぎ切れたことが良かったかなと思います」

Q:その時間をしのぎ切った後に、ラインを上げて攻勢に出ましたが、そのきっかけは何だったのでしょうか?
「相手のボランチが、ジュビロのボランチに食いついてくるという印象があったので、ボランチの裏のスペースが開くのかなというのがあったので、相手のCBの背後に蹴れば相手も下がるので、そこのギャップで僕がビルドアップの時に、(伊藤)洋輝からボールを受けてという形が何回かあり、そこの部分で、相手を裏返して、リズムは多少は出たんじゃないかと思います」

◎中川創選手(磐田);
Q:素晴らしい初ゴールでした。振り返っていただけますか?
「遠藤選手から完璧なボールが来ました。練習の時から、遠藤選手がいいボールを蹴っているのは僕も見ていて知っていたので、僕は信じて飛ぶだけでした。それがゴールにつながって良かったです」

Q:仲間たちからの祝福は、どのように受け止めましたか?
「普段から優しい先輩たちが多い中で、こうやって自分がゴールで恩返しじゃないですけれども、それができたことで、みんなも喜んでくれたと思うので良かったです」

Q:大武選手のアクシデントがあって、急遽ピッチに入りました。どんなことを意識して入ったのでしょうか?
「本当に、急遽、出ることになりましたけれども、普段の練習から僕が取り組んでいることを、そのまま出そうということで、特別に何かを意識するのではなく、普段通りの自分のプレーができたことが、一番スムーズにゲームに入れたのではないかと思います」

Q:今日が移籍後初出場で、今後も出場機会が増えていくと思いますが、今後に向けてお願いします。
「まず2日後にゲームがありますが、僕自身、なかなかゲームに出れず、頑張ってこれたのかなとは思いますけれども、チームの力になり切れていないということは、実際、自分が感じていることなので、気を緩めることなく、まずは明日、明後日の練習をしっかりとやって、次の試合に備えたいと思います」

Q:初出場まで時間がかかりましたが、どういう気持ちで日々の練習に取り組んできたのか教えて下さい。
「本当に長い間、チームの力に直接的に関われていない自分がいましたが、絶対に自分にチャンスが来ると思っていたので、そのチャンスをものにしようと、毎日、練習に取り組んでいました」

Q:もう少し詳しくお願いできますか?
「試合に出るにあたって、球際での強さであったり、空中戦での強さというのは、今までも、今も、自分の中でずっと課題として残っているので、自分の能力をもっともっと上げないと試合に出られないと思っています。それはフベロ前監督、鈴木現監督でも、変わることなく求められていることだと思うので、練習では、その強さという部分をすごく意識して取り組みました」
[]中倉一志=取材・構成・写真


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR