Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J2第30節 磐田-福岡】「まだまだ足りないところがたくさんあるなと感じた」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第30節
日時:2020年11月1日(日)15:03キックオフ
会場:ヤマハスタジアム/3,717人
結果:ジュビロ磐田 2-1 アビスパ福岡
得点:[磐田]中川創(41分)、小川航基(50分)、[福岡]遠野大弥(82分)
※取材形式:zoomによる共同会見

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「予想していた通り、プレッシャーをかけられないFK、配給から失点をしてしまいました。また、失点してはいけない時間帯でした。2点目もそうでした。そういう意味では、まだまだ足りないところがたくさんあるなと感じました。磐田さんの巧みなゲームコントロールというか、そういうところに負けました。けれども、最後、いろいろな策を打ちながら1点取れた、そして、もう1点取れたかもしれないというところまで行っていたので、今日のところは負けてしまいましたが、選手たちの健闘をて讃えて、また次の試合に向かいたいと思います」

Q:負けたのは非常に残念でしたが、2失点した後も、誰も下を向かずに最後まで戦ったというところは、またチームのメンタルの強さのようなものが感じられました。その辺りは、どのようにご覧になっていますか?
「おっしゃる通りですね。強いチームになるためには、あの姿勢から結果につなげるところが大事だと思います。そこの戦術も含めて、体力的なことも含めて、メンタルも当然ですけれども、そういうことを結果につなげなくてはいけない。それがこの残り12試合で試されるのではないかなと思います」

Q:相手が2点をリードして守りの意識が高かったということもありますが、かなり迫力のある攻撃ができたのではないかという印象もあります。
「良かった場面もあったとは思うんですけれども、フィニッシュに行くところの、直前だったり、フィニィッシュそのものが、もう少し相手を上手く外すとか、シュートに上手くもっていくとか、そこのところのクオリティと言われるところですけれども、そこが少し足りなかったのかなと思います。シュート一つとっても、もう少し隅に、GKが取れないところにボールが行けば入ったというような場面はいくつかあったと思います。もしくは、後半で言うと、セットプレーも含めて、ボールがゴールを横切るようなシーンが何回かあったと思います。方向を変えてゴール方向へボールを進めれば入りそうな、そんなふうにベンチから見えていました。そういうところのゴール前の嗅覚というんですかね、感覚というんですかね、そういうところも含めて、難しいんですけれども、そういうところを高めていかないと、やはり、チャンスで得点が取れない、そういうふうにも感じました」

Q:先制された試合が久しぶりでしたが、先制された試合の試合運びという点で、課題のようなものが何かありましたらお願いします。
「先制されてしまった、まずそこが前半の終わりのところの先制されてはいけない時間、また本当にファールだったのかどうか、よく知っている選手だったので、よくファールをもらう選手です。そこでジャッジがどうだったのかというのがまずあります。そのあと、0-1の状況で、『じゃあ、後半行こうぜ!』というところで後半早々に失点してしまうというのは、サッカーでは相手も、もちろん狙っていますし、我々はそれに気を付けながらも点を取りに行かなくてはいけない。10分以内に取れば振り出しに戻るという、そういう勢いを持って入ったつもりでしたけれども、ちょっとしたことで8番の選手に上手にボールを運ばれてしまいました。巧みでしたね。本当に上手でした。そのプレーに最後やられてしまいましたね。ディフェンダーに当たってコースが変わりましたが、縦にコースが変わっただけなので、シュートそのものはいいコースに飛んでいたと思います。非常にいいシュートでしたし、いい攻撃でした。2失点目のところは我々にとっては大きな課題。時間帯と、してはいけないプレー、細かくは言えませんんが、もう少し防ぎようはあったと思います。そこをミーティングを含めて改善して、同じような場面でやられないようにしていきたいと思います」

Q:磐田には順位の上では上回っていますが、プレーの質、選手の質も含めて、J1で戦っていてもおかしくないチームだったと思います。そういうチームとの対戦を通じて、昇格争いはもちろん、この先、J1で戦う上での課題も見えてきたのではないかと思います。監督としてはどう捉えていますでしょうか?
「私自身はJ2からJ1に昇格することしか考えていませんので、J1で通用するとか、通用しないとか、そういうことはあまり考えていません。まず今の現状を打破していく、そこに全神経を注ぎ、研ぎ澄ませています。また、私が言うことではないですけれども、ジュビロさんのボールを扱う技術、ゲームコントロールのところは非常に良かったと思います。巧みだったと思います。ただ、あの時間帯に私たちに失点しているようでは、守備のところはあまり良くなかったのではないかと思います。攻撃は素晴らしかったと思います。2失点もしてしまいました、そんなふうに感じています」

Q:次節もグローリ選手が出場停止というところで、今日、出場した三國ケネディエブス選手の評価と、ベンチ入りしたグティエレス選手の状態を教えて下さい。
「ケネディはチームが2失点してしまったので、CBとしてもっともっとオーガナイズして、失点をしないようにしていかないといけないと思います。また個人のプレーに関しては、何度もいいプレーがあったので、そこは評価したいと思います。またグティエレス選手に関しては、ベンチに入っているので、状況も何も、試合に出られる状態です」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR