Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J2第28節 町田-福岡】「毎試合こういう勢いのある試合をしていきたい」/安藤瑞季/佐野海舟



2020明治安田生命J2リーグ 第28節
日時:2020年10月21日(日)19:03キックオフ
会場:町田GIONスタジアム/1,008人
結果:FC町田ゼルビア 0-0 アビスパ福岡

◎安藤瑞季選手(町田);
Q:前半から気持ちの入ったゲームでした。試合を振り返ってください。
「相手が12連勝しているからというわけではなく、毎試合、チームとして、こういう勢いのある試合をしていきたいなと思いますし、前半からゴールを奪えれば、よりよい自分たちの時間を作れたのかなと思います。気持ちは入っていました」

Q:相手の守備はいかがでしたか?
「結構、足下に食いついて来てくれたので、背後を取れる場面というのは、後半に多く作れたと思います。抜け出したシーンもありましたが、あそこでしっかりとゴールを取り切るというところでは自分の力不足だったと思います。ディフェンスはレベルの高い人たちだったと思いますし、競り合いの部分では多く負けたと思っているので、そこは悔しいです」

Q:決定機の場面は髙江選手からのスルーパスだったと思いますが、相手のGKの出方とか、自分の狙いを含めて振り返っていただけますか?
「僕の中では左に持ち出して、打つ振りをしてループでタイミングをずらしてというイメージがありました。GKも前重心で出てきたように見えましたし、そこで上手くタイミングを外してループを打って、決まったかなと思ったんですけれども、弾道が低かったのもありますし、GKもいい反応をしたと思います」

Q:シュートに行くまでは思い通りでも、シュートのところに誤算があったというところでしょうか?
「悪いイメージではなかったです。シュートに持っていく流れの動作も、シュート自体も良かったと思います。もう少し弾道が高かったらなというのはありますけれども、GKがいい反応をしたかなと思います」

Q:試合の中で、周りの選手と、どのようにしたら点が取れるんじゃないかと話し合っていたようなことはありますか?
「3人目の動きだったりをもっと増やしていかないといけないと思いますし、前半もミドルシュートからのチャンスがありましたし、目に見えるゴールもそうですけれども、こぼれ球もずっと狙っていましたし、もっと周りとの関係を良くしていけば点が取れるかなと話していました」

Q:今日は平戸選手との関係が少なかったなという感じはありますか?
「距離が遠いなというのは僕自身も感じていましたし、そこは修正しないといけない点だと思います。後半に入って、守備的な、僕が交代してからもそうですけれども、結構、守備からスタートするようになっていて、前半は主導権を握ってよりよい形で進められていたんですけれども、後半もそれができたらよりよいゲームになって、自分たちが優位に立てたのかなと思います」

Q:次まで短い準備期間ですけれども、どのようなことに取り組んでいきたいですか?
「まずは全員がそうですけれども、疲労回復に努めることです。今日の試合の振り返りも大事ですけれども、身体の回復に努めるというのが一番かなと思いますし、今日できなかった攻撃の質をもっと上げていくというのは、ミーティングとか自分たちのイメージでやっていくしかないので、そこは話して、落とし込んで、チームとして次の試合はもっといい試合をして得点ができればと思います」

◎佐野海舟選手(町田);
Q:相手の連敗を止めたドローゲームになりました。試合を振り返って、どのような印象を持っていますか?
「しっかりと対策をした中で、それを上手くできた部分と、出来ていなかった部分があって、そのできた部分という方が多かったので無失点で抑えられたかなと思います。得点を取れるチャンスがなかったわけではないので、その回数を増やすことが大事だと思います」

Q:上手く表現できた部分というのは、どういった部分だったのでしょうか?
「チームの中で、相手の戦術に対して守備のはめ方だったり、ボールの動かし方をしっかりやってきたので、そういったところです」

Q:フアンマ選手の対応という点では、個人のところでも競り勝つ場面があったように思います。
「CBの前でやるというのは試合前から言われていて、京都戦のように、自分があそこで止めることで、こぼれてもCBが行けるというような状況を作れました。そこでファールを取られる場面もありましたが、上手く対応できたと思います。でも、後半に間を突かれることが多くなったのは反省点です」

Q:後半から相手の前選手が入って来て流れが変わったかなとをいう印象でしたが、彼が入ったことで、ピッチ上の変化を感じた部分はありますか?
「前半は、あまり感じなかったんですけれども、前選手が入って来て、ディフェンスラインに入っていい感じでボールを受けていたので、誰がいけばいいのか分からない状況を作られてしまいました。そこは試合の中で修正できるようにしないといけないかなと思いました」

Q:次節まで準備期間は短いですけれども、どのようなことを準備して臨みたいですか?
「まずは身体の準備が一番で、短い中でも、しっかり修正と対策と、できる限りのことをやって、次の試合で必ず勝点3を取りたいです」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR