Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J2第28節 町田-福岡】「やろうという前向きな姿勢は示せたが、悔しい引き分けだった」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第28節
日時:2020年10月21日(日)19:03キックオフ
会場:町田GIONスタジアム/1,008人
結果:FC町田ゼルビア 0-0 アビスパ福岡

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まず、勝点は取れましたけれども、非常に悔しい引き分けでした。選手たちはもっともっとプレーしたかった、そういうふうに感じていると思います。少しゲームが止まりすぎたかなと感じています。ただ、自分たちがやろうという前向きな姿勢は示せていたので、悪くはなかった、そんなふうに思いますが、最初に言ったように悔しい引き分けでした」

Q:相手の特徴を上手く消して、ボール上手く取れていたと思いますが、攻撃という点では、どのように見ていらっしゃいますか?
「前半は特に距離感が少し悪かったかなと感じています。もう少し意図的に、ボールを前に、斜めに、背後も含めてチャンスにつながるようなパスワークというものを見せたかったんですけれども、後半、いい時間帯がありましたが、ああいうことを最初からできたらもう少しチャンスが広がったのではないかと思います」

Q:連勝は止まりましたが、リーグ戦は勝点の勝負なので1を重ねたというところで、また次から切り替えてというところだと思います。選手には何か声掛けをされたのでしょうか?
「同じようなことを伝えました。これから難しい試合があると思う。それは今日だけではなくて、これまでもそうでしたし、これからもそうだよという話で、いい準備をしまた次へ向かおうという話をしています」

Q:前半のところはなかなか攻めあぐねていましたが、後半から投入した前選手にはどのような指示をされて送り出されてのでしょうか?
「パスワークのところで、攻撃のところで、色を付けてもらいたいというニュアンスのことを伝えています」

Q:ホームの栃木戦の時も前半に前選手が出なかったというところで苦しい戦いを強いられました。前選手がいる、いないというところで攻守において違いが出ているのかなと思いますが、監督はどのように捉えていらっしゃいますか?
「もちろん、前が入った時にいい攻撃になる、いい守備になる、ボールを奪う回数も増えますし、取り方もいい。そういうところもあると思います。ただ、前半から出ていたダブルボランチも悪くなかったと思います。それぞれの色を出していました」

Q:アウェイ4連戦の最後の試合でしたが、選手に疲労というものはありましたでしょうか?
「当然、あると思います。それほど見えなかったんですけれども、あると思います。おそらく、感じるのは自分だろうし、私が見る限りは、おそらくあるだろうと想像の域でしかないです」

Q:フアンマ選手が次から2試合出場停止になりました。そこを踏まえて、次からの戦いをどのようにしていかなければいけないとお考えでしょうか?
「まず、あのカードをもらったシーンは、早くやろうよということで相手にボールを渡した。それだけなのにカードが出てしまったようです。本人はなるべく早くプレーしたい、しようとして努力しているのですが、そのようには映らなかったようです。残念なことです。当然、彼は2試合出られないので、他のFW、他の選手にチャンスがあり、結果を出してほしい、そういうことを望んでいます」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR