Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
27
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J2第26節 新潟-福岡】「チームとして勝利できなかったことは本当に残念」/本間至恩/小島亨介



2020明治安田生命J2リーグ 第26節
日時:2020年10月14日(水)19:03キックオフ
会場:デンカビッグスワンスタジアム/5,774人
結果:アルビレックス新潟 1-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]グローリ(14分)、[新潟]本間至恩(64分)、[福岡]福満隆貴(71分)

◎本間至恩選手(新潟);
Q:まず、今日の試合の振り返りをお願いします。
「自分自身、得点という結果を出せたことはすごく良かったですけれども、チームとして勝利できなかったことは本当に残念です」

Q:いま波に乗る福岡と対戦してみて、本間選手はどのように感じましたか?
「守備のところは連動していていいチームだと思いましたけれど、最後の時間の使い方とか、なんかあまり見ていた方も、やっていた方も良くなかったんじゃないかなと思いますけれども、勝った方がいいチームというか、なんだろう・・・。まあ良く分からないです、はい」

Q:この悔しい敗戦からどのように切り替えようと思っていますか?
「もう落とせないので、しっかりとチーム全体で戦って全部勝っていくつもりで戦っていきたいです」

Q:最後は本当に難しい展開になってしまったと思いますが、敢えて、もう少し自分たちが冷静にならなくてはいけなかったという反省はありますか?
「確かに、相手に合わせて自分たちも・・・。なんていうのか、プレーじゃなくて審判に言ってしまった、自分たちの流れを崩してしまったというのがあるので、冷静に対応出来ればよかったですけれども、それを次の試合に活かせればいいかなと思います」

Q:後半、追い上げるところでボールとともにプレーする大切さも感じたと思うんですけれども、その辺りはいかがですか?
「ボールを持つように監督に言われているので、高い位置からプレッシャーをかけてプレーしていますし、今日はサッカー自体はそんなに悪くないんじゃないかと思いましたけれども、あとは勝てればよかったかなと思います」

Q:得点場面はすごく反応が良かったと思います。あの場面を振り返っていただけますか?
「ゴール前でGKを前に出させない役割だったんですけれども、ファビオがヘディングに競り勝って、セカンドボールを自分は最近意識しているので、その癖がついていたので、自分の中ではあまりないゴールでしたけれども、いいゴールだったのではないかと思います」

Q:狙っていたところに転がってきた感じですか?
「狙ってはいませんが、しっかりと詰めていたことがゴールにつながったと思っています」

◎小島亨介選手(新潟);
Q:福岡の縦に速い攻撃というのは、守っていてどう感じていましたか?
「カウンターのところは、かなりスピードを持って来ましたし、試合が始まる前に全体の話の中でも、切り替えを早くしようというのは話していました。その中でも、相手の方がより早いシーンなどもあり、プラス、そこへのパワーもあって、何度かはがされたシーンでピンチを迎えてしまったところもありました。もっと自分たちが準備を早く、そしてカウンターに対して、もっとスピードを持って力強く対応すべきだったなと思います」

Q:その中でも小島選手が何得点分も守っていたと思います。ご自分のプレーに関してはいかがですか?
「ただ2失点している部分に責任をすごく感じますし、他のピンチをいくら救っても、チームを勝たせられていないというところがあるので、自分の守備範囲だけではなくて、もっと味方の選手をしっかりと動かして、ピンチを未然に防ぐというところをやっていくことが、今後、上に行くために必要なことだなと思っています」

Q:小島選手はJ1昇格に向けて熱い想いをもって戦ってきた中で、今、上位2チームとの差が12あります。その差を埋めるためには何が必要だと思いますか?
「いろんな要素があると思いますけれども、得点を奪って失点をしなければ勝てるので、攻撃面なんかで言えば、今日みたいに引かれた相手に対してどう崩していくのか、もっと攻撃のバリエーションを増やしていくべきだと思いますし、守備に関して言えば、セットプレーも含めてカウンターでもやられているので、その失点を防ぐためにもリスク管理というところが、かなり重要になってくると思います。そこをもっと細かくやっていくことが重要だと思います」

Q:先制された場面ですが、そこに至るまでの流れの中で、フアンマ選手に2本かなり厳しいシュートを打たれて、小島選手自身がファインセーブをしたCKからの失点で、かなり流れ的に良くないなと感じていたのではないかと思います。どのようなことを考えながら守っていたのでしょうか?
「あの時間帯は何度か連続して押し込まれることがあり、どうにかして自分たちのペースに持っていきたいと考えていた中でのセットプレーからの失点でした。あそこのセットプレーを我慢強く守りきることで、そのあとに自分たちのペースが掴み取れると思います。今日の試合はターニングポイントとして、1失点目がかなり響いてしまったかなと思います」

Q:90分間を通して、試合結果を踏まえても、アビスパの方が流れを手繰り寄せるという意味では1枚上手だったかなという感じだったのでしょうか?
「試合を振り返ってみても、1失点目なんかもああいったシーンを決められてしまうというのは、向こうに運というか、流れが付いて来ているなというのは感じました。ただ、そこを自分たちの力で防ぎきることができなかったというのは、チームとしての課題でもあります。自分たちは流れを引き寄せられるようなプレーをすることで上に行けると思うので、もっと勝負強くならないといけないなと思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR