Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【選手コメント J2第25節 甲府-福岡】「本当に一人ひとりが自信を持ってプレーできている」/石津大介/山岸祐也



2020明治安田生命J2リーグ 第25節
日時:2020年10月10日(土)15:03キックオフ
会場:山梨中銀スタジアム/1,528人
結果:ヴァンフォーレ甲府 0-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]フアンマ(59分)、石津(71分)

◎石津大介選手(福岡);
Q:1得点、1アシストと大活躍でした。特に勝負を決めた2点目がチームにとって大きかったと思います。ゴールシーンを振り返っていただけますか?
「(増山)朝陽と(遠野)大弥のところでいい崩しが行われている中で、本当にいいところにこぼれた来たのでリラックスした状態で打てましたし、先にフアンマが1点決めてくれていた分、自分も力を抜いてリラックスした状態で打てたのかなと思います」

Q:ここまで勝つていながら攻撃のところが課題だと言われていましたけれども、今日はボールを握りながら崩してチャンスを作る、点を取るという部分が多かったと思います。手応えはどのように感じていらっしゃいますか?
「今日も前半は少なかったですけれども、後半はボールを握れていましたし、いい崩しもできていましたし、この連勝しているというところで、本当に一人ひとりが確実に自信を持ってプレーできているのかなと思います」

Q:途中から山岸選手が出てきましたが、2人でいいコンビネーションをいくつか見せていました。一緒にプレーしてどんな感触を得ていらっしゃいますか?
「練習も多くはやれていないですし、今日はぶっつけ本番みたいな感じでしたけれど、動き出すタイミングとか、動き出す場所とかすごく上手かったです。自分も1本ラストパスを出せましたけれど、もう1本は相手に取られてしまったので、自分をはじめ、中盤の選手がしっかりといいパスを出せば、仕事をしてくれるのかなと思います。いいタイミングでボールを収めてくれていたので、そこは楽でした」

Q:10連勝と連勝が続いている中でプレッシャーを感じられているのか、それともやってやるぞという気持ちなのか、石津選手の心境としては、どういう想いで試合と試合の間を過ごされているのでしょうか?
「いま言われた通り、半分、半分という感じですかね。やはり連勝を途切らせたくはないですし、J2の連勝記録が14という話を監督がしていたので、みんなそれを一つの目標としているというか、14まで伸ばすためには10、11と重ねていかなければならないので、今日はその一つというところでした。本当に全員が気負わずに、いい緊張感で試合に臨めていますし、前半、そんなに良くなかった中で、チーム全体で焦りもなかったですし、それが後半にいい状態で入れたのかなと思います」

◎山岸祐也選手(福岡);
Q:今日、さっそくアビスパの選手としてプレーする時間がありました。今の率直な感想を聞かせてください。
「今日は途中からの出場で1-0の状態でしたから、しっかりと勝ち切ることを意識して入りました。チャンスもあって決めきれなかったですけれども、初試合で楽しかったというか、これからみんなと合わせていければいいと思いますし、可能性を感じる試合になりました」

Q:ぶっつけ本番に近かったと思いますが、決定機を作ったシーン、2点目の起点となったシーン、それ以外でも、ご自身の特長を見せられたのではないかと思います。その辺りの感触はいかがですか?
「今週合流したばかりなので練習する時間がほとんどない中で、自分は1人でプレーするというよりも、味方とのコンビネーションで、活かし活かされながらプレーするのが得意なので、そういうところを合わせていければというところで、今日の試合でも何回か出た部分がありましたし、もっとそういうところをすり合わせていって、自分はこういう選手だということや、向こうはこういうところが特徴だというところを話しながらやっていけたら、さっきも言いましたけれども可能性は広がると思うので、そういう部分をどんどんすり合わせてやっていきたいと思っています」

Q:まだ移籍して間もないですが、実際に外から入ってきて、いまこれだけ勝っているアビスパの強さの要因は、どこにあると感じていらっしゃいますか?
「いろんな部分が要素としてあると思うんですけれども、一番は雰囲気というものがすごく良くて、まあ勝っているからというのもあると思いますが、自分は今週から合流したんですけれども、すごく受け入れてくれて、チームに馴染みやすい雰囲気というものを作ってくれました。また守備がしっかりしてるので、自分たちはやられないという自信も出てきているだろうし、1点か2点を取れば勝てるという雰囲気があるので、そういういい雰囲気の中に自分も溶け込んで、プラスアルファになれればと思ってやっています」

Q:こういうことでいい雰囲気を作ってくれたというような、何か具体的なものはありますか?
「ユザ(湯澤)が大学の同級生なので、この人はこういう選手だからというのは合流する前から聞いていましたし、どういう雰囲気でやっているかというチーム状況も聞いていました。チームに合流してからは、先輩もみんな優しかったですし、後輩も気軽に話してくれるので、すぐに馴染めました」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR