Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
6
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04

 

【無料記事】【記者会見 J2第25節 甲府-福岡】「悔しい敗戦。次に向けてもう負けられない、勝ち続けるしかない」/伊藤彰



2020明治安田生命J2リーグ 第25節
日時:2020年10月10日(土)15:03キックオフ
会場:山梨中銀スタジアム/1,528人
結果:ヴァンフォーレ甲府 0-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]フアンマ(59分)、石津(71分)

◎伊藤彰監督(甲府);
Q:試合を振り返って
「まずは雨の中、ファン、サポーターのみなさんが足を運んでくださったホームゲームで勝てなかったことを申し訳なく思います。前半から我々がやろうとしているサッカーと、福岡さんのパワーと、そういうところでの鎬の削り合いだったと思うんですけれども、その中でお互いにチャンスがありながらも決めきれない状況の前半でした。我々もロングボールのセカンドボールを拾えている時は良い状態でしたけれど、セカンドボールを拾えなかった時の流れというところ、そこから押し返す時間というところは、なかなか難しかったと思います。ハーフタイムになって、身体のぶつかり合いだとか、一人ひとりの個人のパワーというか、球際の激しさというところ、例えばファールで倒れたりした時とか、そういうところの切り替えはしっかり激しくやっていこうという中で、『そういうプレーを、もう少し増やしていかないと、最後の最後のところで福岡さんのスピードとパワーにやられるぞ』という話をしました。そんな中で、(怪我で)1人少なくなって流れを持っていかれた状態でフアンマ選手に1本やられた、あの1点が一番大きかったかなと思っています。あの時間をしっかりと凌いだ後に、我々としてはそこからチャンスを作っていきたいなと思っています。2点目を取られた時間帯も、我々としては悪い時間帯にやられたというのがありました。最後のパワープレーだったり、クロスからのシュートをGKのファインセーブで外されたところもありますが、最後の最後のネットを揺らすところというのは、個人のクオリティもそうですし、我々としても、もっとチームとしてチャンスの構築率を上げていかなければいけない思っています。少し悔しい敗戦ですけれど、次に向けて、もう負けられない、勝ち続けるしかないと思いますので、そこにパワーを持って勝点3を目指して頑張っていきたいと思います」

Q:1失点目の部分ですが、中村亮太朗選手が怪我で1人いなくなって、その後に野澤英之選手が入って、相手のCKが続いて、耐えなければいけない時間帯だったと思いますが、クロスへの寄せ、入ってきたところへの対応、監督の目には、どう映っていますか?
「あの時間帯は本当に流れが悪い時間帯で、10人になって5-4のブロックを作って、しっかりと防ぐというのがあったんですけれども、そこからセカンドボールを拾えなかったところ、例えばクロスが何回も上がっていましたし、CKも続いていましたけれども、そのセカンドボールのところを相手に拾われていたところ、ここはやはり2次攻撃、3次攻撃と波状攻撃をされたひとつの原因ですし、併せて、大きく弾かなければいけなかったというところもあります。何回も連続してそういうことが続くと、少しずつずれてしまうというのは多々あることですが、それでもしっかりと気持ちの部分を出したり、しっかりとプレーを切るというところはやっていかないといけないと思っています。やはり、1点目のセカンドボールを拾われて2次攻撃、3次攻撃をされたところの流れは痛かったかなと思います」

Q:2失点目は奪われてからのカウンターというところで、ペナに入られてからボールにアタックする守備ができていなかったように思います。
「その通りで、やはり受け身になってしまったというところと、取りにいかないといけないというところで体力的な部分であったり、相手のスピードだったりというところで、最後、身体をぶつけにいけなかったというところもあります。また、我々は最後に舵を切ってアタックに行こうという中での失点だったので、そういう意味ではオーガナイズを変えて、我々が点を取りにいこうとした背中をやられたところで、ある意味、チャレンジした中で点を取られてしまったということでした。そこは何とか弾き返したかったなというところはありますけれども、そこに尽きるかなと思います」

Q:2位との勝点差が13になりましたが、この数字はどのように受け止めていますか?
「13という数字が目の前にあることは確かなので、我々は一つひとつ勝点3を積み上げていくしかないと思います。まだ諦めるつもりはありませんし、残り17試合で13差は、まだ可能な数字だと思っています。全く可能性がなくなったら、それは考えるところが違ってくるとは思いますけれども、悲観するものはなくて前へ向かって進んでいくしかないと思っています」

Q:今季2度目の2連敗というところで、監督の中で何かやり方を変えるとか、そういった考えはおありでしょうか?
「ありません」

Q:この福岡戦から入場者数の制限が緩和されました。今日は雨ということもあって観客数は少なかったのですが、多くのサポーターが来られるようになったことは、チームにとってはプラスになるでしょうか?
「そうですね。チームにとってはプラスになりますし、逆に我々がいいサッカー、勝つサッカーをしなければ、ファンの方たちにも来ていただけないと思いますので、まずは結果というものを出していきたいと思います」

Q:次の北九州戦は、どのような雰囲気のに中で試合をしたいと思われますか?
「本当に厳しい状況になってきていますので、ファン、サポーターのみなさんの後押しというのは我々にとってみれば本当に力になると思います。ぜひ、スタジアムに来て応援していただきたいと思いますし、我々は責任を持ってプレーできるように努力していきたいと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR