Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
5
6
9
16
18
19
20
22
24
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【選手コメント J2第23節 福岡-栃木】「ゴールシーンは自分でもびっくりしている」/福満隆貴/桑原海人



2020明治安田生命J2リーグ 第23節
日時:2020年9月30日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,878人
結果:アビスパ福岡 1-0 栃木SC
得点:[福岡]福満隆貴(82分)

◎福満隆貴選手(福岡);
Q:試合から遠ざかっていて、いろんなものをためていらっしゃったのではと思いますが、それを全部爆発させたようなゴールでした。
「そうですね。ゴールシーンはシンプルに自分でもびっくりしています、はい(笑)」

Q:監督もFKを蹴るとは思わなかったとおっしゃっていましたが、FKを蹴るのはいつ以来になるのですか?
「プロでは多分ないと思います。初めて蹴ったと思います、ああいう場面で。でも思い切って蹴って入ったので良かったと思います」

Q:あのコースと軌道というのはイメージ通りだったのですか?
「自分が蹴ることになった瞬間には、あそこのコースをイメージしました。ちょっと(田邊)草民に当たりそうな気がしたんですけれど、逆に草民を狙ってではないですけれども、田邊選手の上を行けば入るかなという感じで思いきり蹴りました。良かったです、入って(笑)」

Q:練習でも、ああいうコースは決めたりしているんですか?
「FKの練習はしていないですけれども、流れで打つときにはああいうコースを狙ったりしているので、その感覚で思い切って。蹴るからには決めないといけないので、自信を持って蹴りました」

Q:得意のコースだったということでしょうか?
「壁の上を越すというよりは、あっちの方が得意といえば得意だと思います」

Q:今日は中2日で、また栃木の戦い方もあって、なかなか難しいゲームで我慢を強いられるように展開でした。その中で、どんなことを意識して試合を進めていたのでしょうか?
「試合に入ってからは、まず球際の場面で負けないことと、先に取られてしまったら苦しくなると思ったので失点しないようにというのを心がけていました」

Q:少し相手のやり方にはまったような部分もありましたが、チャンスはあまり与えていませんでしたし、シュートも打たせていなかった印象があります。
「ピンチらしいピンチというのは少なかったと思いますけれども、自分たちもチャンスらしいチャンスがなかったので、そこは課題かなと思います」

Q:苦しい中でも、しっかりと勝点を取れるのが強いチームだと思います。そういう意味では、アビスパに強さのようなものが見えてきた印象があります。
「こういう苦しいゲームを勝つことで自分たちの自信にもなりますし、試合前でも、ハーフタイムでもそうでしたけれども、こういうゲームをしっかりとモノにして上に行こうというのは選手全員、スタッフ全員で話していたので、本当にチームが一つになっているなというのを感じています」

Q:8連勝もチームが一つになっているからこその結果だと思います。この8連勝については、どのように考えていますか?
「ずっと同じメンバーで戦って8連勝しているわけではなくて、いろんなメンバーが出ながら8連勝しているというのは、今のアビスパにとってすごく大きいと思います。誰が出ても勝ち切るという一番大事なところは今やれているので、やれている部分は、これからも継続していきながら、もっともっと精度を上げてチームで合わせていければと思います」

Q:次節の北九州戦に勝利すれば昇格圏内まで順位が上がります。
「意識しないわけではないですけれども、まだ後半戦は始まったばかりですし、次に勝って2位になるのは嬉しいですけれども、全試合が終わった時に自動昇格圏内に入ることが目標なので、まずは1試合、1試合、目の前の試合に勝つことだけを全員が考えながらやっています。ましてや次は福岡ダービーですし、負けられないホームゲームなので、そこはしっかりと戦わなければいけないと考えています」

Q:怪我で出られない状況が続いていたと思うんですけれども、その間のチーム状況というのは、どのようにご覧になっていましたか?
「さっきも話しましたが、誰が出ても勝ち続けていたので、今日、自分がメンバーに入って、この連勝を止めるわけにはいかないというプレッシャーもありましたけれど、いつも通りプレーすることを心がけていましたし、スタンドから見ている時も、自分が入ったらどういうプレーをしていこうというイメージは毎試合、毎試合していたので、スムーズにゲームに入れたと思います」

Q:FK以外のご自身のプレーについて、どのように自己評価されていますか?
「FK以外はまだまだで、もっともっとコンディションを上げないといけないですし、自分的はに、今日は本当にFK1本だけだったと思うので、もっとFK以外でも自分の良さを出していかないといけません。もう一度、自分自身を修正して、次の試合に臨みたいと思います」

Q:今後、同じような形でFKの場面がやってきた時には、自分がという想いはありますか?
「いや(笑)、プレスキッカーがいなかったらもう一回蹴るかもしれないですけれども、うちにはいいプレスキッカーがいっぱいいるので、その選手に任せたいと思います」

◎桑原海人選手(福岡);
Q:今日はリーグ戦初出場になりました。まずは率直な気持ちを聞かせてください。
「ずっと悔しい想いで練習をしていたので、こういう形で勝てて、めちゃくちゃ嬉しいです」

Q;ファーストプレーでいきなり縦に仕掛けて、あの辺りにこれまでの想いが込められていたように思います。
「ファーストプレーをミスったら流れが悪くなると思ったので、最初に思い切ってプレーして自分のリズムにしようとずっと考えていたので、それができて良かったです」

Q:ベスト電器スタジアムの雰囲気はいかがでしたか?ずっと憧れていたスタジアムだったと思います。
「最高ですね」

Q:ゲーム自体はなかなか難しい内容で、がんがんと前から来られていましたが、どんなところを指揮して90分間戦っていましたか?
「相手の裏をずっと意識してプレーしていたんですけれども、自分の持ち味である攻撃の部分を出せるように、「守」から「攻」に切り替わるところなどは、かなり意識してポジションを取っていました。それが何回かできたので良かったと思います」

Q:今日の自己評価についてはいかがですか?
「もっと走らないとチームに迷惑をかけるので、まだ全然ですね」

Q:でも、途中で足が痙攣しながらも、最後まで走り抜きました。
「走らないといけないという気持ちはあったので、足がつらない走り方というのを見つけて、それをずっとやっていました」

Q:難しいゲームでしたが8連勝です。今日のメンバーも8連勝に大きく貢献しましたが、8連勝に関しては、どの様に思っていますか?
「チームの雰囲気もめちゃくちゃいいですし、このままの流れでずっと勝てると思っていますし、一つひとつの勝ちを積み重ねて昇格しないといけないと思っています」

Q:次に勝てば、いよいよ昇格圏内に順位を上げます。次節に向かっての意気込みを聞かせてください。
「球際で負けないとか、当たり前のことを当たり前にやって、それに自分の色を出せればと思います。それでチームの勝利に貢献できたらなと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR