Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J2第22節 長崎-福岡】「チームとして負けてしまったので、そこが一番悔しい」/鹿山拓真/名倉巧



2020明治安田生命J2リーグ 第22節
日時:2020年9月27日(日)14:03キックオフ
会場:トランスコスモススタジアム長崎/4,345人
結果:V・ファーレン長崎 1-3 アビスパ福岡
得点:[福岡]遠野大弥(14分、50分)、石津大介(65分)、[長崎]名倉巧(90+4分)

◎鹿山拓真選手(長崎);
Q:鹿山選手個人として、今日の試合でできた部分、できなかった部分を教えてください。
「チームとして負けてしまったので、そこが一番悔しいのと、リーグ戦に初めて出たので、その中でもやれた部分と、やれなかった部分をしっかりと整理できていて、やれた部分も結構あったので、そこは今後伸ばしつつ、やれなかったところは練習でまた準備していきたいなと思います。守備の失点しないというか、リスク管理の部分はゲームの感覚が重要になってきていて、ゲームが初めてだったので、プラスになる課題というか、試合勘という点で、もっともっと試合に出ていかなければいけないなと思いました」

Q:福岡がロングボールで来るというのは分かっていたと思うんですけれども、当初、どういう対応を考えていて、それがいまひとつ上手くいかなかったというのは、どの辺の部分に一番問題があったと鹿山選手自身は感じていますか?
「自分はフアンマだったり抑えてくる選手の2列目の背後から狙ってくる選手を警戒しておけと試合前に言われていたので、自分のスピードの部分で負けないように、カバーリングだったりを意識していたんですけれども、リスク管理の部分というか、距離感だったり、そこはゲーム感の違いというか、距離感があまり良くないところがあったので、そこが失点につながってしまったのかなと僕は思っています」

◎名倉巧選手(長崎);
Q:福岡の守備で中央が固いというのは分かっていたと思うんですけれども、その中でどういった崩しを意識してやっていて、どの部分ができなかったと感じていますか?
「ペナルティエリアのポケットを取るように意識したんですけれども、なかなかそこまで行くことができなかったかなと思いますし、前半とかはボールロストも多くて、取られ方が悪いシーンも多くあったので、引かれた相手をどう崩していくかというのは、これからの課題にもなると思います。ミドルシュートであったり、裏に抜けていく動きであったり、コンビネーションを高めていかないといけないと思いました」

Q:初ゴールでも笑顔がなかったんですけれども、今日の結果についての感想を聞かせてください。
「今日は本当に勝たないといけない試合だったので、すごく悔しい気持ちと、久しぶりのホームの試合でたくさんの方に来ていただいたのに、勝ちを届けられなくて、本当に申し訳ない気持ちです。けれども、リーグ後半戦はまだ折り返したばかりなので、これから気を引き締めなおして、また勢いに乗っていけるように、練習から頑張っていきたいと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR