Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
27
29
30
31
10

 

【無料記事】【記者会見 J2第22節 長崎-福岡】「我々の色を出して立ち上がりから果敢に挑むことができた」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第22節
日時:2020年9月27日(日)14:03キックオフ
会場:トランスコスモススタジアム長崎/4,345人
結果:V・ファーレン長崎 1-3 アビスパ福岡
得点:[福岡]遠野大弥(14分、50分)、石津大介(65分)、[長崎]名倉巧(90+4分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「攻守、切り替えにわたって非常に強い長崎さんに対して、自分たちの色を出して、立ち上がりから果敢に挑むことができました。その結果、いい流れに持っていき、自分たちの描いている形に持っていき、得点もできました。良かったと思います。ただ、ゲームの最後の〆の部分では、システムを変えたということもあったと思いますが、やるべきことをきちんとやらないと失点につながってしまうと。非常にもったいない失点だったなと思います」

Q:結果もさることながら、内容というところで、今年アビスパがやりたいサッカーというのを思う存分に見せられたのではないかと思います。
「おっしゃる通り、開幕戦以降、しばらくの間、だいぶできないという内容だったんですけれども、今日はそれに近い内容ができたと思います。また得点のところも1得点ではなく3得点、しかも形もそれぞれ違うものを見せられて、そういう意味ではで非常に良かったと思います。またCKからの得点はファールになってしまいましたけれども、あの辺はまだまだ詰めなければいけない部分かなと思います。良かったと思います」

Q:守備のところも凌ぐというよりも、前からのプレスとセットする守備を使い分けながら、最後までボールに向かってアグレッシブに仕掛けていく姿が印象的でした。
「それも非常に良かったと思います。目指すところは守備のところもアグレッシブにというところですから。ただ、今日のアグレッシブという意味では攻守に渡って良かったんですけれども、切り替えのところ、特に守備から攻撃に出ていくところで、得点を取ったところは良かったと思うんですけれども、それ以外のところで、もう少しボールをつないで、あれだけリスクを負って攻めてきていた長崎さんに対して、もう少し違った形で、ボールを奪った後にアプローチできたのではないかなと、後半は思っています」

Q:今季最多得点の要因と、今日の試合に限っての攻撃の狙いがあれば教えてください。
「まず得点が取れたということで良かった点は、日頃のトレーニングで個人のところ、こういうプレーで、こういうふうに点数を取るという自主練の時間を取っているので、そういうことが積み重なって、いいシュート、いい形ができたと。それは継続していることなので、やはりというか、練習をすることで高まっていくなということが改めて確認できました。良かったと思います。また自分たちの狙いということで言えば、得点を取れた場面もそうですけれども、いつもミーティングを含め選手たちと共有しいます。私が試合に出るわけではないんですけれども、先発で出た選手、交代で出た選手、ポジションが変わった選手、それぞれですけれども、それがチームだと思います。同じ絵を描いて、グランドの逆サイドで見ている選手も分かっている、そういうことが今日は出せたなと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR