Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【記者会見 J2第9節 大宮-福岡】「比較的いいゲームをやりながら結果が出なかったのは残念」/高木琢也



2020明治安田生命J2リーグ 第9節
日時:2020年9月16日(水)19:03キックオフ
会場:NACK5スタジアム大宮/1,880人
結果:大宮アルディージャ 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]フアンマ デルガド(65分)

◎高木琢也監督(大宮);
Q:試合を振り返って
「前半は長いボールの下でのセカンドボールを拾うというところで、相手の方が少し比重は大きかったのかなと思います。ディフェンスで言えば、我々の左サイドでワイドのところでポイントを作りながら流し込むというのをうまく止められなかったというのは、そこですべてに大きく影響しているわけではないんですけれども、ああいうところも含めて、90分通して、そこは上手く掴めなかったかなというのはあります。ただ、上手くラインコントロールしながら、ゲーム全体は非常にコンパクトにやれていたかなという印象はあります。攻撃の方も、前半は思ったようにはなかなかできなかった部分もありましたけれども、要所、要所で、相手の動きを見ながらボールを受けることはできたと思います。ただ、やはり、ゴール前の迫力とか、入っていくタイミングとか、入っていくところでの崩しというか、チャンスを作るという意味では、なかなか前半は上手くいかなかったです。後半は逆にそういう前半の相手の動きを見ながら、修正しながら、チャンスを作るシーンというのは、だいぶできていたんじゃないかなと思っています。後半は本当に福岡さんの得点シーンくらいかなと思うぐらい、あとは上手く守れていたと思っています。ただ、比較的いいゲームをやっている中で結果が出なかったというのは残念なことだと思っています」

Q:チャンスが作れているシーン、守備でもボールを取れているシーンもあると思うんですけれども、もう少し連動性もあってもいいのかなとも思いました。攻守の連動性という点では、どのように見ていましたか?
「連動性に関しては、例えばトップの位置とか、セカンドラインとか、最終ラインとか、ある程度は、僕はできていたかなというふうには思っています。行く時、行かない時の判断をしながら、そういうタイミングを見計らってということもありました。逆に攻撃に関しては、ひとつは、サイドで相手の出方というところを少し見ながら、サイドで起点を作りながらというのが少しあって、あとは縦に入ったボールに対してのサポートをというのが狙いとしてはあったんですけれども、そこは正直、なかなかそこでは連動性は取れなかったと思います。やはり、なんでしょうね。ボールを取ってから、例えば今日はスタートはイバでしたけれど、当然相手はイバにきつく来るんですけれども、そこのところでのイバというのは相手もよく分かっていますし、かなりファールぎりぎりのところで止めるシーンもありましたし、取ったボールをどう運ぶかということで言えば、やはり取ったボールを逆にシャドーに預けていくという作業も、もう少し必要かなと思いました。どうしてもイバの方が気になってしまって前に入れてしまうシーンが多かったので、そこは反省しなくてはいけないと思います」

Q:後半に失点した後で、ボールを持ってはいるけれども、パスの連係ミスが多く出てしまったと思います。なかなか結果と試合内容がというところが厳しいところで、少しメンタルの部分でもかなり影響が出ていたのかなと思います。高木監督はどのように見ていましたか?
「いや、それよりもさっきも言いましたけれども、タイミングの問題もあると思います。やはり、相手が特に5枚になってからは、5枚になることも想定していた中で、引き出してボールを入れていくというのは何人かの選手に伝えていましたけれど、多分、センターに入れるボールというところにズレが、結構、生じたと思います。例えば、途中からでた高田とかボールを持っている位置、要するにハーフレーンの辺りでボールを持っているときに、センターレーンには戸島(章)がいると、その手前に(黒川)淳史がいると。例えば淳史が斜めに動いた時に、本来であれば、戸島にそこは顔を出して、必然的に空くんですけれども、そこで淳史と同じような動きをしたりとか、空くタイミングが少し分かりづらいのか、分からないけれども上手く顔を出せなかったりという、そういうパスミスは2,3個ありました。通常の足下に入れるボールを後ろにとか、前にというのも、それもいくつかありましたけれども、やはり気になるのは、そういう勝負するところでのボールの、人の動きに対して自分がどう入っていくのかというところは、少し気になるというか、その辺は合っていかないと、相手の守備網というのは、なかなか突破できないのではないかなとは思います」

Q:ここまでの戦いですと、相手に先制されると逆転できない試合が続いていますけれども、監督としては、今後について、どのようにお考えでしょうか?
「それはどういうことですか?」

Q:何か手を加える部分とか、そういったことはありますでしょうか?
「そうですね。もちろん、相手によってやり方をどんどん変えていってもよくないと思いますし、もちろん、この現状でも良くないと思いますし、やはり、純粋に点を取っていかないと勝てないと思いますので、当たり前ですけれども。ですから、ゴールを取るという着地点に対しては、もっと大胆さとか、本当に相手よりも先に触るとか、そういう純粋なところは、ひょっとしたら必要になってくるかなと、それは思っています。見た目はボールを動かせればいいと思いますけれども、だけどそれで点が取れなくては何もならないので、優先順位ということではないですけれども、やはり、その部分にどうしても強さを持っていかなければいけないかなと、少し思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR