Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
27
29
30
31
10

 

【無料記事】【記者会見 J2第9節 大宮-福岡】「集中力高く、それを維持しながらゲームを進められた」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第9節
日時:2020年9月16日(水)19:03キックオフ
会場:NACK5スタジアム大宮/1,880人
結果:大宮アルディージャ 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]フアンマ デルガド(65分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「序盤から押し込まれる形が何度かありましたが、ゲームが流れるにつれ、自分たちでボールを握ることができて、攻撃でチャンスになりそうな、そんな時間が流れていました。多くのチャンスを掴めないままに後半に入り、何度かチャンスを迎え、最初の時間帯で得点が取りたかったんですけれども、そうはいきませんでしたが、チャンスは後半に入って少し増えて、最後の得点のシーンは狙い通りというか、トレーニングしている形で、いいクロス、中でのシュート、そういう形でした。いい得点でした。最後は相手が前にリスクをかけてくる、パワーをかけてくる中で、人数を増やしてクローズに持っていきました」

Q:当然、課題はあったにせよ、90分間にわたって、概ねやりたいことができたように思います。監督はどのように見ていらっしろゃいますか?
「プレーそのものはいつも通り、いい、悪いはいくつかあったと思いますが、とにかく、今日はこういうゲームですので、集中力を高く持って、それを維持しながらゲームを進めると、それができていました。メンバーは何人か代わり、それはこれまでもそうですし、これからも続いていくんですけれども、そんな中でチームが一つになるということ、それができていたのではないかと思います。プロチームだからこそ、もしくはチームスポーツだからこそ、そういうところが大事であるということを選手たちには問いかけているんですけれども、今日はそれが非常にいい形で一つになれていると感じました」

Q:これで4連勝です。いい結果が続く中で収穫も課題もあると思います。今日の試合の課題、収穫をそれぞれ教えていただけますか?
「立ち上がりは少し重たそうでしたけれども、フレッシュというか、ボールに対して、相手に対して、ゴールに向かって行く、走るということができていました。それができないとサッカーにはならないので、それは収穫でもあり、継続していかなくてはいけないことだなと思っています。また修正点で言うと、やはり相手に崩されそうになった、崩された場面、相手があるスポーツではありますが、自分たちの流れだっただけに、ちょっとしたミスであったり、ちょっとしたポジショニングだったりというのは、修正していかなくてはいけないなと思っています」

Q:得点シーンは前選手の判断能力の素晴らしさを感じさせられました。攻撃の場面で、前半から比較的真ん中で我慢していたり、どちらかといえば右に寄っていた印象がありましたが、得点シーンで左側を駆け上がったのは、何か指示があったのでしょうか?それとも、前選手自身の判断だったのでしょうか?
「彼の判断で、彼の感性を出してもらいました」

Q:その判断をどのように評価されていますか?
「当然、チームで合わせている、共有している形でもありますし、そこに、誰が、いつ入るのかという、そこの判断を彼がしたと。それに対して、そこにボールが入った、人に入った、そのあとにどうするのかというところまで話ができているので、ある意味、非常に狙った形というか、我々のチームだけではないですが、他のチームでも、ほかのリーグでも、よくある形だったと思います」

Q:守備に関しては、イバ選手にボールがわたった瞬間に、前選手がディフェンダーと挟むことを意識していたように見えましたが、そこも狙い通りだったのでしょうか?
「前選手だけではなく、そういうことは福岡のボランチは常にできる、やろうとしなければいけないプレーです。また、入ってからではなくて、入る前に、触る前に挟みに行くという動作というか、ポジショニングというところまでできたら、もっと良くなると思います」

Q:前選手が完全復帰してから、チームは登り調子になってきた印象があります。この4連勝は前選手の貢献度が大きいのでしょうか?それとも、前選手が復帰したことで回りに相乗効果が生まれてているのでしょうか?
「どちらが先か分かりませんが、両方あると思います。彼自陣が能力を発揮してくれているのがひとつ、周りはライバル心むき出しで、同じポジションの選手は頑張りますし、周りもいい状態で関われていますし、そういう意味で、両方あると思います」

Q:フアンマ選手を中2日で先発起用した理由と、藤井選手を右SBで起用した糸を教えてください。
「フアンマに関しては疲労もあると思いますが、本人とコミュニケーションをとりながらの器用でした。今日のこのゲームにかける彼の想いというのは相当なものがあると思います。私も昔選手をやっていた時に移籍したことがありますが、そこではパワーというか、持っている以上のものが出るので、それを出せる可能性がありますし、やはり、今日、それを出しましたね。それは期待していました。良かったと思います。また藤井に関して、日ごろからいいトレーニングをしているので、彼の本来のポジションではないかもしれませんが、以前はボランチでも出ましたけれど、彼の守備面の良さを出してくれましたし、前半は特に攻撃面で、いい配給をしてくれたり、右サイドを攻撃面でけん引していたと思います。非常に良かったと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR