Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【記者会見 J2第15節 福岡-新潟】「ここで勝つことは非常に難しい。今日の勝利はとても嬉しく思う」/アルベルト



2020明治安田生命J2リーグ 第15節
日時:2020年8月29日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,701人
結果:アビスパ福岡 0-1 アルビレックス新潟
得点:[福岡]エミル サロモンソン(17分)

◎アルベルト監督(新潟);
Q:試合を振り返って
「予想していた通り、難しく、そして緊張感にあふれた試合になりました。守備のところでブロックを下げてしまっては苦しむということが予想されたので、なるべく守備のブロックを上げて守備をすること、それが重要でした。あとは高いポゼッション率を保ち、試合をボールとともにコントロールする、そこがポイントでした。そしてディフェンスラインの背後への飛び出しのところも重要なポイントでした。そして(本間)至恩や中島の才能溢れるプレーを反対サイドのスペースで表現してほしいというのがゲームプランでした。ここで勝つことは非常に難しいと思います。それゆえに今日の勝利はとても嬉しく思います。チームはいい形で成長し続けています。今まで何度もコメントしてきた通り、チームはまだ成長し続けている段階で、まだ完成形には近づいていません。というのも、まだ15試合しか重ねていないからです。チームの完成度を高めるためには、もっと試合を重ねて一緒にプレーすることが重要だと思います」

Q:前半は相手のディフェンス50番(上島拓巳)の選手に苦しめられた印象がありましたが、後半は、どのような戦い方をするように選手たちに指示されたのでしょうか?
「前半、相手の2、3回のカウンターアタックに苦しめられたところがありました。それゆえに、後半に向けて攻撃している時のディフェンスラインのリスク管理をしっかりするようにアドバイスをしました。SBが高い位置を取りすぎてしまうと、その背後を取られてしまうので、そこのポジション取りも気を付けようという話をしました。いいポジショニングをしたうえで、ボールを奪われたとしても、そのあとに直ちにブレスをかけてボールを奪い返すことができたとしたら、いい攻撃を続けることができるので、それも後半は狙っていました」

Q:ファビオ選手が復帰したことでチャンスが広がった感触はありましたか?
「当然ながら、ファビオが加わることによって、攻撃の奥行というものがよりよく加わりました。そして、ファビオが攻撃に奥行きを提供することによってギャップができ、そこで至恩や中島のような才能あふれる選手がプレーしやすくなるという展開になったと思います。今後、鄭大世が加わり、また前線にいい風が吹いてきます。そういう意味では、攻撃のところはよりよく成長していくことが期待できると思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR