Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J2第14節 栃木-福岡】「守備も攻撃も、こちら主導で入ることが大事」/高杉亮太/明本考浩



2020明治安田生命J2リーグ 第14節
日時:2020年8月23日(日)18:03キックオフ
会場:栃木県グリーンスタジアム/1,875人
結果:栃木SC 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]エミル サロモンソン(17分)

◎高杉亮太選手(栃木);
Q:立ち上がりがあまりよくなくて、攻撃の部分で徹底されていなかったという話が監督からありました。その辺りで高杉選手はどのように感じていましたか?
「僕もそうですけれども、全体的にディフェンスラインも、攻撃の選手も含めて、ちょっと反応が悪かったというのはあったのかなと思います。いつもなら裏に抜ける選手がいたりするんですけれども、今日に関しては、そこのところがあまりないように感じました。守備のところでも、ちょっと反応の悪さから、ああいうようなラフなボールに対して上手く反応できなかったというのがあると思います」

Q:行ったり、来たりするようなゲームになりましたけれども、前半のうちに修正しようという点はあったのでしょうか?
「いや、ああいうに中でもセカンドボールを拾うことが多くあったので、そこまで変える必要はないのかなと思ってやっていました。ルーズボールに対して、(大島)康樹だったり、アキ(明本考浩)が遅れてでも行けば、相手の処理がそこまで上手くできてなくて、セカンドボールを拾えたというところがあったので、そんなに攻撃事態は悪くなかったと思います。守備でも相手はラフなボールに対して、拾って、そこからという攻撃だったので、そんなにやられた感じはないですし、上手くやれていたと思います」

Q:失点はあまりよくない時間帯の隙を突かれたものでしたが、次に向けてというところでは、そうした隙を見せないというところになりますか?
「やはり、守備も、攻撃でもそうですけれども、こちらから仕掛けたいというのが栃木SCにはあって、どの選手も、入りの部分では受け身にならずに、こちらから仕掛けていこうと言って毎試合入っていますが、それが今日は上手く出せなかったので、守備にしても、攻撃にしても、こちら主導で入ることが大事になると思います」

Q:チームとしては久しぶりの敗戦となりましたが、試合後のロッカールームの雰囲気はどうでしたか?落ち込んではいませんか?
「もう1回、全員でやるというのが栃木のスタイルというか、誰1人下を向いてはいませんでした。また1週間空いて次の連戦がスタートするので、まずはそこに向かって、より一つになってということですね。試合に絡んでいない選手も何人かいますが、連戦の中で多くの選手が試合に出たり、ベンチ入りをして試合に絡んできていますし、いま絡んでない選手も、これから絡むことになると思うので、誰が出てもスタイルを変えないように、誰が出てもハードワークできるように、まずチームが一つになることが大事です。チームメイトとの信頼はもちろん、そういうものがより大事になってくると思っています。それはみんなも感じていることですし、あそこが悪かった、ここが悪かったと反省することも大事ですけれども、まずはチームが一つになることを考えながらやっていければと思います」

◎明本考浩選手(栃木);
Q:0-1という結果でした。まずはこの試合の感想を聞かせてください。
「正直、FK1本だけだったので悔しいですし、試合の中で、自分がFWをやってる中で、もっとチャンスを作って、決定機を作る必要があるのかなと思っています」

Q:監督から立ち上がりのところで攻撃の狙いがぼけたという話がありました。プレーしている感触としては、いかがでしたか?
「そういう感触はなく、いい入りができたのかなと思います。けれども、ああいうふうに失点してしまい、栃木は失点してしまうとこういう流れになってしまうのかなというのがあるので、前半のうちから失点しないようにというところは、もっとチームで共通意識を持って戦っていきたいと思います」

Q:試合を通じて上手くいかないと感じた部分はどんなところで、上手くいかなかった要因はどんなところにあると考えていますか?
「2トップが自分と(大島)康樹という高さがない中で、もう少し足下にボールが入ればなというのが課題でした。それを今後どのようにやっていくのかというところでは、自分たちがもっと要求しなければいけないし、フリーなポジションにいなければボールは来ないので、もっと自分たちのポジショニングを意識しながら、周りとのコミュニケーションを取って、もっと前の4人で攻撃を仕掛けられるようにしたいと思っています」

Q:最後の質のところはいかがですか?枠内シュートもなかったような試合でしたが、反省点とか、今後やるべき点とか、どのように捉えていますか?
「最後の質というのは今シーズンが始まってからの課題です。僕自身もそうですけれども、もっともっとシュートの質や、ラストパス、クロスの質だったり、そこにもっとこだわってやっていかないと、こういう試合で勝利に持っていけないなと感じます。この5連戦の中でも勝てる可能性のあった試合というのはたくさんあったと思いますが、その中で勝点1に終わるのか、3を取るのかというところでの差は大きいですし、しっかりと3を取っていきたいなと思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR