Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
31
01

 

【無料記事】【選手コメント J2第14節 栃木-福岡】「今日は内容より結果が大事な試合だった」/サロモンソン/松本泰志



2020明治安田生命J2リーグ 第14節
日時:2020年8月23日(日)18:03キックオフ
会場:栃木県グリーンスタジアム/1,875人
結果:栃木SC 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]エミル サロモンソン(17分)

◎エミル サロモンソン選手(福岡);
Q:連敗を止める貴重な、そして素晴らしいゴールでした。まずはゴールシーンを振り返ってください。
「シーズン始まる前にフリーキックの練習は良くしていましたし、今日はフィーリングも良かったので、今日こそ決める時だと思っていました。スピードもあって、GKが触れないところに蹴れたので良かったと思います。とても幸せです」

Q:今日はとにかく勝利を挙げることが必要な試合でした。そういう意味では、課題を残しながらも勝てたということは、これからチームが前へ向かって進んでいくためには大きかったのではないでしょうか?
「その通りですね。今日は内容というよりも結果が大事な試合でした。個人的には勝点3が取れれば、どんな形であれいいと思っていたので、とても重要な試合になりました」

Q:今日はゴールという形でチームに貢献しましたが、ここまでも攻守に渡っての貢献が光ります。ご自身のプレーに関しては、どのように感じていますか?
「新しいチームに来て、アビスパで求められている役割を理解して、上手くプレーできていると思います。開幕してからここまで3アシストできましたし、今日はゴールという形で貢献することができたので、上手くやれていると思います」

Q:苦しい状況が続いていましたが、その中でチームに対して具体的に働きかけたようなことはありましたでしょうか?
「J2はもともとタイトなスケジュールなリーグで、特に今年は約6か月ですべての試合を消化しなければならず、フィジカル的にきつい部分はありますが、その中で敗戦を引きずることなく、頭を切り替えて次に向かっていくという姿勢を見せられたことが良かったと思います」

Q:2試合続けて終盤に失点していましたが、今日は最後まで守り切れました。その要因は何だと考えていますか?
「1点を取った後に守備を安定させるという意味では、2点目を取ることも必要です。ただし、今日の試合に限って言えば、相手のロングボールに対して、ケネディ(三國)、上島、篠原の3人を中心にヘディングの競り合いで勝てていましたから、ベンチからも安心して見ていられました。今後に向けて、チャンスを作って2点目、3点目を取っていくということが課題にはなりますが、今日の試合では、ロングボールの競り合いで負けなかったことが守り切れた要因だったと思います」

Q:試合の終盤に股関節を気にするようなしぐさがありましたが、しばらくプレーを続けていました。どんな気持ちがあったのでしょうか?併せて、痛みの具合はどうなのかも教えて下さい。
「気持ちの部分で言えば、少し痛みを感じた時に、みんなを残して自分だけがピッチを去るということはしたくはありませんでしたし、最後まで一緒に戦いたいという気持ちがあり、プレーを続けていました。けれど、フィジカルコーチやドクターと話をして、痛みが悪化してこれから先に影響しないようにということで交代をしました。コンディション的にはまったく問題はありません」

◎松本泰志選手(福岡);
Q:合流3日目で先発フル出場でした。アビスパの選手としてプレーした今日の試合を振り返ってください。
「合流して3日目ということで戦術理解とかは全然できていなかったんですけれども、3連敗している中で勝てたことは、すごく良かったと思います。けれども、チームとしても、自分としても、内容があまり良くなかったと思っているので、そこはこれから試合をやりながら改善していければと思っています」

Q:今日、中に入ってプレーすることで感じた課題は、どのようなところですか?
「試合が行ったり来たりになってしまっていたので、そこで自分がゲームを落ち着かせることや、1回攻撃の起点になるというところは考えながらやっていたんですけれども、なかなかできなくて、そこは自分自身の改善すべきところかなと思います」

Q:最初はポジション取りなどで味方と合わないところもありましたが、時間の経過とともに馴染んでいった印象もあります。今後に向けての手応えはいかがですか?
「ここで1週間空くので、みんなと話して、やるべきことをやっていければと思っています」

Q:やるべきことをやっていきたいということですが、まず福岡に戻って話したいことはどんな部分でしょうか?
「ビルドアップの時の僕のポジショニングとかは少し合わないところがあったので、そこを直していくことと、守備の時のスライドとか、消してほしいスペースとかを、カミ君(上島)とかと話して修正できればと思っています」

Q:後半はシュート0とチームとしてかなり守勢に回る中で、中盤のカバーリングのところも意識されていたように感じました。守備面で個人的に気を付けていたところはありますか?
「(田邉)草民君が前に出た時に、自分がしっかりとカバーリングに入ることは、合流した時から監督にはすごく言われていたので、そこは意識しました」

Q:内容が良くない中でも無失点に抑えられたというのは収穫かなと思いますが、そこについては、どのように感じていますか?
「自分が入って0で抑えられたというのは、すごく自信にもなりますし、今後につながることではないかなと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR