Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
27
29
30
31
10

 

【無料記事】【記者会見 J2第14節 栃木-福岡】「もったいない試合。やるべきことをやらないといけないと感じた」/田坂和昭



2020明治安田生命J2リーグ 第14節
日時:2020年8月23日(日)18:03キックオフ
会場:栃木県グリーンスタジアム/1,875人
結果:栃木SC 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]エミル サロモンソン(17分)

◎田坂和昭監督(栃木);
Q:試合を振り返って
「率直な感想として、もったいない試合をしたなというところと、改めて、もう一回やるべきことをやらないといけないなというところを感じました。シュートのところで言えば、公式記録では2本しか打たれていないし、我々はシュートを打っているんですけれども、結局枠内に打ったシュートは1本もなかったというところだったりとか、特に今日の試合に限っては、前半の立ち上がりがあまり良くなかったなと感じています。それは動けないのでなくて、相手に対する狙いというのは、今までは徹底してできていたんですけれども、何か今日に限っては徹底できなかった部分から1点目の失点をしてしまったというところで、チームとして我々はどういう戦いをするのかということを含めて、もう1回選手とトレーニングからやらないといけないのかなと感じています。全体を通して言えば、最後に押し込んだ時間があったんですけれども、決めきれないというのが課題ですし、いい意味でリセットして、また5連戦が始まるので準備したいと思います」

Q:立ち上がりの隙の部分ですけれども、背後のボールに対しての対応だと思いますが、その辺りを、もう少し詳しく教えていただけますか?
「守備のところは、相手が多分長いボールを入れてくるというのは分かっていたんですよ。じゃなくて、逆に攻撃のところで徹底できなかったという部分から背後を突かれたんですよ。長いボールを単純に入れられた時には、そこまで大きな問題はなかったんですけれども、結局、FKになった場面も、我々が狙いとしているところをしなくて、相手に一発で背後に蹴られて、クリアパスのような感じて、そこからFKになっているので、そういうところの甘さがこの試合で出たと。一瞬の隙を突かれたということもありますので、先ほども言ったように、後ろの問題というよりも、攻撃のところで、もっと我々は徹底しないといけないという話をしないといけないのかなというふうに思っています」

Q:攻撃の徹底というのは、どのあたりになりますか?
「我々は今まで何をやってきたのかというところを、もう1回考えないといけません。2トップ、中央にボールを入れて、セカンドを拾って、そこからサイドに行くのか、中央に行くのかというところは今までやってきたんですけれども、なぜか分からないですけれども中途半端なプレーというのが、始まってすごく今日は感じられたので、その辺で、まだまだ甘さがあるなと感じています」

Q:クロスを入れるボールですけれども、相手の真ん中が強い中で、前半はかなり弾かれていました。後半はグラウンダーで入れる場面もありましたけれども、その辺りは狙いとしてはどうだったのでしょうか?
「それは試合前から言っています。相手のCBは強いので、必ずニアに入って低いボールを狙おうというのは言っています。それは最後のクオリティのところとか、プレッシャーをかけられて狙えなかったというのはあるんですけれども、今日のミーティングでは、例えば、前回、ヴェルディと福岡がやった時の失点シーンとかも見せていますし、どうやってクロスから点を取るのかというのは話をしています。選手がどうこうというわけではないですけれども狙いはあります」

Q:前半からリズムが悪かったとおっしゃっていますが、単調なリズムを打開するために、どのようなことを意識して後半に入られたのでしょうか?
「我々はどちらかというと、中央を狙って、セカンドを拾って、それを広げていくのか、中から攻撃していくのかというところを今までやってきました。特に今日の福岡に対しては中央を狙えるというのがあったので、その辺は前半は欠けていたなと。中を使って外から攻めるのであれば分かるんですけれども、いきなり外に逃げてしまうと、先ほども言ったようにクロスに対して相手は強いので、そういうところでなかなかリズムが取れなかったというところがあります。後半はどちらかというと、中央と外の使い分けができたからこそ、我々のリズムができたのではないかと思っています」

Q:ボランチを2枚代えてから、テンポ、リズムが変わったように感じましたが、その狙いと効果についてはどのように感じられましたか?
「これはゲームプランで考えていました。もちろん彼らが頭から出るというのはあったんですけれども、連戦でしたし、0-0の状態の時に彼らを入れて攻撃のところでパワーアップしたかったということがあったので、先に今日は岩尾雄大と禹相皓を入れてというプランをチームとして考えていました。そういう意味では、2人はリズムを作ってくれたと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR