Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

2
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05

 

【無料記事】【選手コメント J2第12節 松本-福岡】「課題がいっぱい見つかった試合だった」/東家聡樹/フアンマ



2020明治安田生命J2リーグ 第12節
日時:2020年8月15日(土)18:03キックオフ
会場:サンプロ アルウィン/3,536人
結果:松本山雅FC 1-0 アビスパ福岡
得点:[松本]塚川孝輝(90+4分)

◎東家聡樹選手(福岡);
Q:今日は初先発でした。率直な今の気持ちと、今日のご自身のプレーぶりについて振り返ってください。
「やったことのないポジションでスタートから出るということに対して戸惑いも少しあったんですけれども、やるからには全力で自分の良さを出してやろうと決めていました。そういう部分では、クロスは上げられなかったんですけれども、何回か裏に抜けたり、そういったところは見せられたと思います。けれども、回数が少なかったですし、守備に追われることもあり、その守備の部分でも球際が行けていない部分とか、ポジショニングが分かっていない部分とか、そういうところが多かったので、課題がいっぱい見つかった試合でした」

Q:これからも右サイドでプレーする機会もあると思います。本来の真ん中ではなくサイドでプレーすることについてはいかがですか?
「試合に出ることに意味があるので、右でも、真ん中でも、左でも、なぜ自分がそこで出ているのかということを考えてプレーしていきたいですし、どこでやってもゴールは目指していきたいと思っています。そういう意味では、そういうプレーが今日は少なかったので、もっとゴールに向かうプレーを出してもよかったかなと思います」

Q:今日はチームとして攻撃が上手くいっていないように見えました。ピッチのなかではどのような問題を感じていましたか?
「みんな止めてパス、止めてパスで、ダイレクトプレーが少ないと感じていました。ああやって相手が5バックできたのであれば、ワンタッチではがしていくというのが大事になってくるのですが、そういうところで合っていない部分が多かったです。また、フアンマに当てて、そこからのポストプレーのパスがずれていたりとかもあったので、そこも合わせていかないといけないですし、自分がプレーした右サイドではエミル(サロモンソン)と上手く連携できていない部分もあったので、そこはもう少し話しながらやらなければいけなかったですね。これから右サイドで使われるということになったら、そういうことも話していかないといけないと感じています」

Q:右サイドでプレーすることに関して、監督からはどのようなタスクを求められて、どのような指示を受けたのでしょうか?
「裏に抜けて、そこでドリブルを仕掛けてクロスを上げてくれと言われていましたが、エミルにボールが入る回数が少なくて、そこで抜ける回数というのが少なくなってしまいました。自分も中にポジションを取っていたんですけれども、なかなかボールも回ってこなかったので、指示されたことを表現する回数は少なかったと思います」

Q:そういう意味では、前半の最後に外に張ってエミルが中に入ってくるというシーンがありました。今後、ああいった連携が必要になってくるということでしょうか?
「はい、そうですね。裏に抜けることができなかったのでポジションを変えて、そこで上手く連携を取っていこうということを、通訳を通して引水タイムに話していました。それは良かったと思います」

Q:先日、大宮戦が中止になった影響で、アウェイゲームは1か月ぶりになりました。ホームとアウェイの違いの影響のようなものを感じたところはありましたか?
「自分自身はアウェイの試合で出るのは初めてでしたし、周りというよりは自分だったので、そういうことはあまり感じませんでした。ただ、アウェイは雰囲気が違うなというのは感じました。ピッチも全然違っていたので、アップの時にしっかり確認しながらやるということを意識していました。そういう意味では、アウェイは全然違うんだなと感じました」

◎フアンマ デルガド選手(福岡);
Q:4試合ぶりの出場になりました。ご自身のパフォーマンスについて振り返ってください。
「怪我で離脱していたのですが、それを感じることなく最後までプレーできたと思いますし、今日の試合のためにトレーニングを重ねてきたので、パフォーマンスの部分では問題はありませんでした」

Q:前線での守備もこなしていましたし、後半にはパスカットからの決定的なチャンスも作りました。あそこの場面で決めきれなかったことが悔やまれます。
「前線からの守備はチームとしてやらないといけないことですし、全体としてはやれた部分は多かったのではないかと思っています。後半は自分たちが狙っている形からボールを奪うことができて、自分のところに大きなチャンスがあり、ゴールの空いているところを狙ったんですけれども、残念ながら決めることができませんでした。あそこは決めなければいけませんでした。守備のところは継続して、チームとして、個人としてもやり続けないといけないと思います」

Q:チームとしては7試合ぶりの無得点ということになりました。今日の試合を含めて、攻撃面での課題は、どういったところにあると考えていますか?
「チャンスは多く作れているので、そこは芸属していかないと得点も増えないと思います。もちろん修正しなければいけないところはあります。決めるところをしっかりと決めていかないとゴールは取れないですし、そこはトレーニングの中で修正するしかないので、個人としても、チームとしても、そこは全体としての課題だと思っています」

Q:少し前のことになりますけれども、北九州との開幕戦では非常にチームの躍動感を感じましたが、ここのところ、チャンスは作れているんですけれども、ミスが多かったり、チームの連動性という意味では開幕戦とは、随分、違うように感じます。
「自分自身のパフォーマンスとしては北九州戦の時の状態を維持しているつもりなので、落ちているとは感じていませんが、他の選手のところで足りない部分があるとするのならば、それはチーム全体としての課題ですし、一人ひとりの課題でもありますね。個人としてはやれていると感じていますが、もっともっ攻撃の量、質を上げていかないといけないですし、そこは普段のトレーニングで修正して、厚みのある攻撃ができるようにしたいです」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR