Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【選手コメント J2第11節 福岡-東京V】「前半に関しては、ほぼ、やりたいことはできた」/小池純輝/佐藤優平



2020明治安田生命J2リーグ 第11節
日時:2020年8月12日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,655人
結果:アビスパ福岡 1-3 東京ヴェルディ
得点:[東京V]佐藤優平(11分)、小池純輝(44分)、佐藤優平(57分)、[福岡]遠野大弥(74分)

◎小池純輝(東京V);
Q:試合を振り返って
「前節、不完全燃焼というか、いい形で勝利を得られなかったというのがあったので、今回はその気持ちをぶつけようということで、みんなでやってきました。前半に関しては、ほぼ、ほぼ、やりたいことはできたんじゃないかなと思いますし、苦しい時間もありましたけれども、結果的に勝って終われたのは良かったと思います」

Q:前節と比べて良かったところは、どういったところでしょうか?
「相手のどの選手がボールを奪いにきているのかとか、そこに誰が走るのとか、そこは結構整理されたというか、上手く相手を見てプレーできたのでないかなと思います。前節は最後のアディショナルタイムしか出ていないんですけれども、今日、やっていて、そのように思いました」

Q:得点場面を振り返っていただけますか?
「得点場面はFKでしたが、今年プロ15年目ですけれども、多分、初めてFKからシュートを決めたのではないかと思いますが、日頃からいいボールを蹴ってくれているで、そこに上手くタイミングが合った感じでした。ヘディング自体がほぼないので、多分3点くらいしか取っていないんですけれども、今日出て良かったです」

Q:目はどのくらいのタイミングで怪我されたのですか?
「最初の方ですね。ヘディングの接触の時に少し傷んだ場面があったんですけれども、そこで。段々腫れてきました。これをぶつけた分、いい感じでヒットできたのかもしれません(笑)」

Q:佐藤選手のゴールをフリックしてアシストした場面は、ニアに走る時から、囮になるつもりで走っていたのでしょうか?
「あそこの間に走る意識はありましたし、トレーニングの中で3対2とか局面のトレーニングはしていたので、佐藤選手が走っているのを感じながら、あそこへ走り込みました。ボールによっては自分で中に行こうかなと思ったんですけれども、来ているのが分かったのでフリックしました」

◎佐藤優平選手(東京V);
Q:試合を振り返って
「前回は(藤本)寛也のために、今回はちょっとコンディション不良で来れない、今まで貢献してくれた(高橋)祥平のために、チームとしてやろうという話をして臨みました。特に祥平は連戦の中でずっと出続けていた選手なので、前回はああやってPKを与えてしまいましたけれども、何も背負うことなく次に帰ってきてくれれば、チームとしてもすごくパワーアップして、また試合ができるかなと思っていましたが、勝って迎えたかったというのが一番なので、それができたことは良かったです」

Q:相手に対策されていたと思いますが、そこを上手くかいくぐって攻撃ができました。どういったところが良かったでしょうか?
「今回は祥平がいなかったので、3人で回すというよりも2人で回していて、変則的に3になっていたりしたので、自分たちの右サイドのところは、どうしても相手は掴みきれないなというのは、監督も試合前に言っていて、その通りになったので、それがチームとしての前への推進力が上がったかなと思います。自分はパサーとして、エーコ(小池純輝)くんと、奈良輪君が前にいるわけで、コースが2つあるので、それが大きかったかなと思います」

Q:1点目の得点シーンを振り返ってください。
「ジョエル(藤田譲瑠チマ)が取って、その運び方が監督が言っていたように非常によくて、エーコ(小池純輝)くんは常に走ることを意識するように言われていて、ああやって走ってくれるとディフェンスラインが崩れてくれるので、自分がフリーな形を作ってくれたなと思います」

Q:2点目はいかがでしょうか?
「逆サイドから入り方というのを常に監督が要求していて、番号を振って、そこへ入ることが大事だとよく言われている中で、あの時は自分もフリーで走っていたので、そこへ入っていきやすかったですし、フク(福村貴幸)が落ち着いてグラウンダーのボールでくれたので、非常に打ちやすいシュートでした」

Q:後半、16歳の阿野真拓選手が入ってきましたけれど、何か声をかけたのでしょうか?
「いえ、声はかけていないです。暑くていっぱいいっぱいでした」

Q:佐藤選手は普段から若い選手に対しリーダーシップを発揮していると思いますが、そういった意味で、今日は意識されたことはありますか?
「特にないですけれども、マヒ(阿野真拓)は普段からベンチに入っていたりしていたので、常に途中交代の一駒だと自分たちは思っているので、特にデビューというのは意識していなかったですね。16歳というのはすごい若さだと思うし、経験のある選手たちとの競争に勝って取ったメンバーの座なので、確かに、もう少ししっかりと話してもよかったですね。試合に集中していました(笑)」

Q:福岡が1点を取って、前からぐいぐい来るようになりましたが、その時は、どんなことを意識されていたのでしょうか?
「あれで難しくなったなというのは正直あったので、もう少しギアを上げなければいけないかな、サポートのスピードというのは、もう少し速くしないといけないかなと思っていました。そうすると、もう少しテンポよく回るんじゃないかなと思います。ポゼショナルになると、少しポジションにいがちになって、テンポが出る時と出ない時があるので、流れが悪かったら少し距離感を縮めてやらないといけないかなと思っています」

Q:試合前に監督がシュートの意識を高めたいとおっしゃっていましたが、だいぶ高まってきた実感はありますか?
「この試合だけではなく、『シュートとラストバスはセット』とずっと言われています。みんなラストパスに気を使いすぎで大事な大胆さというのがなくなっていて、そういうところを言われていたのですが、まずはシュートを意識して、そのあとにラストパスというふうに変わってきたかなと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR