Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

【無料記事】【選手コメント J2第8節 福岡-愛媛】「点を決めるという気持ちでピッチに立った」/三國ケネディエブス/鈴木惇



2020明治安田生命J2リーグ 第8節
日時:2020年7月29日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/1,740人
結果:アビスパ福岡 1-1 愛媛FC
得点:[愛媛]川村拓夢(77分)、[福岡]三國ケネディエブス(82分)

◎三國ケネディエブス選手(福岡);
Q:約1年ぶりの試合出場になりました。いろんな想いがあったと思いますが、今日、ピッチに出ていくときの気持ちと、Jリーグ初ゴールのシーンについて聞かせてください。
「試合に出る前に監督から『FWができるか』と聞かれて、もちろん『できます』と答えて、その時は負けていましたが、セットプレーで絶対に自分にチャンスがあると思っていたので、そこで点を決めるという気持ちでピッチに立ちました。プロになって初ゴールを決められましたが、公式戦で点を取ったのは高校生の時以来だったので、非常に嬉しく思っています」

Q:ここまで悔しい想いとか、やりきれない想いとかあったと思いますが、またプロのピッチに立って、結果も出して、今日の試合をどのように振り返っていますか?
「チームが負けていたので、FWで出ると言われた時に、自分に何ができるかと考えた時に、セットプレーとかで得点に絡むことなので、まずはチームが負けなくてよかったなと思っています」

Q:監督からFWができるかと聞かれたタイミングは、いつぐらいですか?
「ピッチに出る前です。呼ばれて、そこですぐに『FWできるか』と聞かれて。急でした」

Q:長谷部監督に代わって、自分自身の中で意識が変わったところなどはありますか?
「監督が代わって自分が変わったというのはあまりなくて、去年の最初の方は試合に絡んでいて、徐々に絡めなくなっていったので悔しい想いがあって、今年は去年の悔しい想いを前面に出していこうかなと思って、練習からしっかりと取り組んでいます」

Q:去年は、どういう理由で試合に絡めなくなったと思っていますか?
「ファビオ監督が、多分、個人的に僕のことを気に入ってくれて使ってくれていたので、監督が代わってから出られなくなって、自分の実力的な問題だと思っていました。ですから去年の経験を活かして練習に取り組んでいますし、練習試合でも結構調子は上げてきているので、いつCBでチャンスが来てもいいように準備しています」
[中倉一志=取材・構成・写真]


◎鈴木惇選手(福岡);
Q:今日の立ち上がりは非常にいいプレスがかかっていて、かなりいい形でボールが取れていたと思います。けれども、それがビッグチャンスにつながらないというか、シュートチャンスに持ち込めないというか、そんな印象を持ちました。どういったところが上手くいかなかったのでしょうか?
「愛媛さんもボール回しが上手くて、なかなか自分たちが思うようにプレスがはまらない場面もあり、ボールを奪うところでパワーを使いすぎて、そのままショートカウンターという流れが作れず、守備からの早い攻撃というのはできなかったかもしれないですけれども、チャンスは作れていましたし、そこでどこかで一つ入っていれば、また違った展開になっていたと思います。守備のところで少し課題が出たところもありますけれど、結果を考えると、チャンスを決められなかったというところが痛かったかなと思います」

Q:開幕以来、形は作れても決められないという試合が続いています。技術的な問題なのかもしれませんが、その辺りはどのように捉えていますか?
「率直に練習するしかないという気持ちもありますし、なかなか出場機会のなかつたケネディがああやってゴールを決めて、捉え方によっては、どんな選手にもチャンスがあるというか、複数得点をしている選手はいないんですけれども、そこで誰かがどんどん乗っていくことも大事だし、全員がゴールチャンスを窺うというところは続けていきたい部分でもあるので、課題のチャンスを決め切るというところは追及しないといけませんが、誰にでもゴールチャンスがあるといういい流れもあるので、そこは続けていきたいですね」

Q:重廣選手とのボランチのコンビがずっと続いていますが、連携が高まっている部分はもちろん、鈴木選手自身のプレーもずいぶん変わってきたという印象もあります。そういった意味で、自分のなかで変わってきたという手応えはありますか?
「自分としてはポジションは安泰ではないし、毎試合、毎試合、いいプレーをしないと次はないという気持ちでやっています。3連勝できて、その中で試合に出続けられたことは良かったですけれども、今日、連勝が止まってしまったので、次の試合では、もう1回結果を出すためにチームに貢献しないといけません。エミル(サロモンソン)はセットプレーからアシストを決めていますけれども、自分のところからはゴールが生まれていないので、自分もゴールとアシストという結果にこだわりながら、チームの結果にもこだわりながら、試合に出たらしっかりとチャンスを掴みたいと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR