Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
7
9
10
12
13
15
17
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

 

【無料記事】【記者会見 J2第7節 福岡-岡山】「結果は3連勝。積み重ねて目標であるところに立ちたい」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第7節
日時:2020年7月25日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,720人
結果:アビスパ福岡 1-0 ファジアーノ岡山
得点:[福岡]石津大介(40分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「いい形で得点が取れて、追加点が取れたらもっと良かったんですけれども、内容そのものは前節よりも少し良くなったと思います。そんな中でも内容をもっと上げるためには、攻撃のところをもう少し、相手を揺さぶったり、大事なところできちんとつながるような、メッセージのあるようなパスだったりボールの運び方、チームとしてそういうことを、もっと磨いていかないといけないなというところは前節と同様でした。次の試合まで日にちはないんですけれども、そういうところを高めていきたい、共有していきたいと試合が終わってからも話しました。結果3連勝。久しぶりのようですが、クラブとしてはこういうことを積み重ねて、目標であるところに立ちたいというふうに思っています」

Q:今日もしっかりと守り切ってという形になりました。相手によっても違いますし、状況にもよると思いますが、プランとしてはしっかり守り切りたかったのか、2点、3点取って突き放したかったのか、どちらだったのでしょうか?
「後者の方ですね。2点目が取りたかった、当然、2点目を取ったら3点目も狙いますけれども、2点目を後半の30分、もしくは35分くらいで取ることができたら、試合はもう少し楽だったのではないか、もう少しいいゲームにみなさんに感じていただけた、そのように感じます」

Q:決勝点を挙げた石津選手について、ここまで出番が遠ざかっていた理由と、今日、先発起用された理由、併せて、福満選手をトップ下で起用した狙いを教えてください。
「石津に関してはコンデイションが100%ではなかったので登録していなかったということです。ただだいぶ良くなってきたので、100に近いんじゃないか、あるいは100なのか、そこに期待を込めて、ゴールを取るのではないかという予感も含めて起用しました。以前も話しましたけれども、監督はそういうことを当てなければいけない、交代も、スタメンも含めて。そういう意味では、少し選手たちと自分の考えがリンクしてきたなと感じています。そういう活躍をしてくれました。

また福満のFW起用ですが、彼はもともとFWをやっていました。FWはできます。最後は負傷して交代しましたけれど、よく走れていました。FWは分かりやすいポジションですね、走らないといけない。SHだとFWよりもいろんな仕事があります。FWはどちらかといえばもっと分かりやすいと思うので、そういう意味では、走る量も、走るスピードも、もともとやっていたFWで良さを出していたなと思います」

Q:確認ですが、石津選手を左に持っていきたかったというよりも、福満選手をより活かすためにFWのところに置いたという狙いでしょうか?
「その通りです。私の起用は基本的には選手の良さをチームに還元してもらう、チームのために出してもらう、それを狙いとしています。出れないから長所を出せないということではなくて、試合に出す選手に関しては、基本的には長所を提供してもらう、それが狙いとしてあります」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR