Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【記者会見 J2第7節 福岡-岡山】「良さを出せた部分もある。もう一歩質を上げていくことが大事」/有馬賢二



2020明治安田生命J2リーグ 第7節
日時:2020年7月25日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,720人
結果:アビスパ福岡 1-0 ファジアーノ岡山
得点:[福岡]石津大介(40分)

◎有馬賢二監督(岡山);
Q:試合を振り返って
「全員がボールを奪いに行く中で、ロングボールに対して最初は押し込まれる場面が何回かありましたが、しっかりと身体をぶつけてセカンドボールを回収する中で、焦れずに前半は進めたかったんですけれども、自分たちのミスから隙を作ってしまって失点をして、少し苦しい展開になったかなと。ただそうはいっても、前半の最後の方から後半にかけて、自分たちでしっかりとボールを動かしながら、狙いを持って背後と間を狙って、最後、崩しかかるところまではいったんですけれど、やはり最後のクロスの質だったりとか、パス1本の質だったりとか、フィニィッシュの最後のところ。そういうことがあることによってゴールが生まれると思いますし、そういうことを積み重ねていくことによって、いろんな大きな可能性が十分にあるというゲームだったと思います。

あれだけパワフルな福岡さんの攻撃を、そうはいってもしっかりと消しながらやっていましたし、ちょっとアクシデントがあって、今日はディフェンスラインが急きょ2人代わったにも拘わらず、代わった選手も含めて良さは出してくれた部分はあるし、やれるという部分も見せてくれました。まだまだコンビネーションとか足りない部分はあるんですけれども、こうやって選手の層を厚くしていくことが、今後のこの連戦に向けて大事なところかなと、先ほど選手にも話しました。次はホームに帰ってふたつ、みなさんが応援してくださる中で、サポーターの前で戦うことができるので、さらに力をもらって、選手と一緒に勝利に向けて頑張っていきたいと思います」

Q:徳本選手と田中選手が今日はベンチ外でしたけれど、どういった理由があったのでしょうか?
「体調不良と軽度の怪我ですね。やりこんできた2人なんですけれども、残念ながらピッチに立たせることができませんでした。急きょだったので非常に残念ですけれども、そういう状況でメンバー2人が変更になりました」

Q:攻撃面で、ロングボールの攻撃は狙い通りにできていた部分はあったと思いますが、地上戦というか、そういった部分の連携がなかなか見られない試合だったように思います。その辺はいかがでしょうか?
「福岡さんのプレッシャーもあったんですけれど、前半は距離感だったりとか、タイミングだったりとか、縦パスを通す角度だったりとか、その辺の部分が少し単調だったなと。ただ逆に後半のところはしっかりとボールを動かしながら、相手の背後、背後に、間、間に入れることはできたと思うんですよ。特に左サイドの部分というのは深いところまで入っていけたんですけれども、あそこまでえぐれた時の最後のクロスの質だったりとか、合わせるところだったりとか、そういうものがもう一つあれば、十分に一つ返せるチャンスはあったのかなと。その辺の精度というのは少し足りなかったですね。もちろんいい攻撃というのは、いい守備と後ろからの安定したビルドアップというものが必要なので、そういう意味では、もう少しサイドから運ぶ、中と外を使い分けるところというのは精度を上げていきたいなと。そこに対して連動していくというのは、後半、少なからず自分たちの良さを出せた部分でもあるので、もう一歩質を上げていくことが大事かなと思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR