Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

 

【無料記事】【記者会見 J2第4節 京都-福岡】「攻守にわたって集中力高く最後までできたので良かった」/實好礼忠



2020明治安田生命J2リーグ 第4節
日時:2020年7月11日(土)18:33キックオフ
会場:サンガスタジアム by KYOCERA/3,063人
結果:京都サンガF.C. 2-0 アビスパ福岡
得点:[京都]野田隆之介(34分)、ピーター ウタカ(40分)

◎實好礼忠監督(京都);
Q:試合を振り返って
「久しぶりに観客が入って、制限がある中で声援というか手拍子がすごく力になって、すごくいい雰囲気を作ってくれて、その中で攻守にわたって集中力高く、最後までできたので良かったと思います」

Q:先制点の場面は敵陣深めのスローインに、バイス選手が上手く虚を突いて上がっていった形でした。あれは狙いどころとしてチームとして共有されていたのでしょうか?
「いえ、特にバイスが上がるという形を意図的にとっているわけではなくて、選手の判断に任せてやっています。でもクロスの狙いとしては、しっかりとファーのところを狙うという意図は持って入ったので、そこを上手く(野田)隆之介が反応してくれてよかったと思います」

Q:先制するまでの時間帯は、ある程度、福岡がやりたいことをやっている印象でした。あの時間帯で気づいたこと、指示を送られていたことがあれば聞かせてください。
「ロングボールからの庄司の脇というのは、なかなか難しいものがあったんですけれど、今日は若原が当たっていたので、今日は入らないなと思いながら見ていました。対応としては、後半、中盤を4枚にしたんですけれども、選手とも話をして、3にしたり、4にしたり、ちょっと変化を付けながら、クロス対応まで上手く対応できたと思います」

Q:後半に入って最初の交代で点を取っている2人を代えました。交代の意図を教えて下さい。
「これから連戦というところ、あとは戦術的に中盤のバランスを取るというところがあって、それと交代で入った選手の調子もいいというところがあって、勢いを持って入ってくれました」

Q:今日は2トップにウタカ選手と野田選手を起用してのスタートでしたが、どのように意図があったのでしょうか?
「今日、強調していたのは、いつも2トップを見てくれと。ボールをしっかりワイドに動かせますから、プラスアルファで真ん中への圧力も、もっともっとかけたいというところでした。2トップにどんどん当ててくれという指示の下、積極的にやってくれました。裏の動き出しも良かったので、クロスなんかも気持ちでみんな。あとは2トップの責任という話もして、前に勢いをつけるような感じで入りました」

Q:サポーターが約3,000人入っての試合になりました。選手たちもゲーム前から違うものがありましたでしょうか?
「当然、サポーターと熱というか、それに負けないような感じで熱く入れたと思います」

Q:本多選手が長期の離脱から帰ってきました。彼について一言いただけますでしょうか?
「苦しいリハビリがあったと思うんですけれども、トレーニングでもレベルの高いものがあったので、いつ出てもいいという現状でした。今日、最後にしっかりと0に抑えるところで力になってくれて非常によかったです」

Q:若原選手を中断明けから起用していますが、中断期間中に何が彼の評価を高めたところなんでしょうか?
「非常に落ち着いてプレーができだしたところ、まだまだ視野は狭いですけれども、自分の武器も分かってというところですかね。いまGKは4人いて、すごく競争しながらやっているのが、みんなですけれども、成長につながってているところだと思います」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR