Jリーグ・アビスパ福岡の情報をデイリーでお届けします

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

 

【無料記事】【記者会見 J2第4節 京都-福岡】「試合の入りは悪くはなかったが失点を重ねて劣勢になった」/長谷部茂利



2020明治安田生命J2リーグ 第4節
日時:2020年7月11日(土)18:33キックオフ
会場:サンガスタジアム by KYOCERA/3,063人
結果:京都サンガF.C. 2-0 アビスパ福岡
得点:[京都]野田隆之介(34分)、ピーター ウタカ(40分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「試合の入りはそんなに悪くはなかったんですけれども、失点を重ねて劣勢になってしまったと感じます。京都さんは非常に激しいプレッシャーも含めて、いいチームでした。強かったと思います」

Q:今日は観客を入れての試合で、向こうの拍手だけが聞こえる状態でした。やりづらさのようなものはありましたでしょうか?
「特にやりづらさはなかったです。久しぶりにファン、サポーターのみなさんが入る試合ということで、非常に喜ばしく、いい光景だった、そのように感じています」

Q:すごくいい形で攻めていたと思いますが、失点の場面はヨルディ バイス選手の攻め上がりからのものでした。あそこは警戒されていたのでしょうか?
「当然しています。彼はそういうプレーが得意な選手ですね。今日はクロスを入れた方でしたけれども、クロスに対してゴールを狙ってくるプレーも時々やっていますし、CBなのに点数が取れる非常にいい選手ですね。警戒はしていましたけれどやられてしまいました」

Q:決して悲観するような内容ではなかったと思いますが、結果として勝てなかったということで、中3日で迎える次の試合が大事になってくると思います。選手たちにはどのような働きかけをして次に臨もうとお考えでしょうか?
「結果を出すにはゴールを取らなければいけない、これは間違いのないことですね。そこに対してのアプローチと、2試合続けて2失点しているというところで言うと、セットプレーも含めて、もっと高めていかなければいけない、意識を高く持って失点しない。0失点なら勝点は必ず取れます。そこに対してアプローチする。両方大事だと思います。攻守にわたって選手と高めていきたいと思っています」
[中倉一志=取材・構成・写真]


関連記事
Comments

Body

最新記事
  全記事リストはこちらから>>>
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポーツ情報誌 INSIDE

「INSIDE」第22号(9/27号)絶賛発売中
ご購入方法はこちらでご覧下さい。
INSIDE FUKUOKA
福岡発スポーツ情報番組。 視聴ページへ
発行人
中倉一志
〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2-5-3-510
TEL/092-692-5723 FAX/092-61-8720
E-mail inside@office-eleven.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR